女性子ども(1歳以上4歳未満) で[舌の動かしにくさ,腕全体の動かしにくさ]の原因となる病気

追加の質問
以下の中で、他に当てはまる症状はありますか?
顔面の動かしづらさ
飲み込みにくさ
脚全体の動かしにくさ
肩の動かしにくさ
手のひらのけいれん・ふるえ
手の甲のけいれん・ふるえ

女性子ども(1歳以上4歳未満) で[舌の動かしにくさ,腕全体の動かしにくさ]の原因となる病気

  • 脳梗塞

    脳の血管の一部が詰まり、血流が足りなくなった脳細胞が壊死すること。運動・感覚の麻痺などを起こし、後遺症による寝たきりや死亡にもつながる
    頭・顔・口
    脳・脊髄(中枢神経)
    血液・血管
    神経内科
    リハビリテーション科
  • パーキンソン症候群

    パーキンソン病以外の原因で、パーキンソン病と同じような症状を引き起こす病気の総称。パーキンソン病とは区別される
    全身・その他
    頭・顔・口
    筋肉
    脳・脊髄(中枢神経)
    こころ
    神経内科
    リハビリテーション科
  • 重症筋無力症

    免疫の異常が原因で目や口など様々な場所の筋力が低下する病気。
    胸(肺・心臓・その他)
    筋肉
    神経内科
  • 一過性脳虚血発作(TIA)

    脳の血流が一時的に悪くなり、脳梗塞のような症状が短時間現れて消える病気。数日以内に脳梗塞に進行する可能性がある
    頭・顔・口
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
    リハビリテーション科
    脳神経外科
  • パーキンソン病

    脳からの命令を伝える物質のドパミンが不足し、体が自由に動かなくなる病気。排便・排尿障害やうつ、認知症を起こすこともある。
    全身・その他
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
    リハビリテーション科
  • 慢性硬膜下血腫

    硬膜下(硬膜と脳の間のスペース)で、時間をかけてじわじわと出血して、血が溜まる病気
    頭・顔・口
    脳・脊髄(中枢神経)
    脳神経外科
    救急科
  • もやもや病

    脳に酸素や栄養を供給する太い動脈が、何年もかけてゆっくりと細くなっていき、不足した血液を補うために周りから細い血管(もやもや血管)ができる病気
    全身・その他
    頭・顔・口
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
    脳神経外科
  • ギラン・バレー症候群

    細菌やウイルスの感染をきっかけに、免疫が自分の神経を攻撃してしまい、感覚障害や筋力低下が起こる。
    末梢神経
    神経内科
    リハビリテーション科
  • 多系統萎縮症(MSA)

    脳の神経細胞が変性することで運動失調症状やパーキンソニズムが発症する、非遺伝性の病気
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
    リハビリテーション科
  • 胸郭出口症候群

    首と胸の間にある「胸郭出口」と呼ばれるところで、筋肉や骨により神経や血管が圧迫され、腕の痺れや痛みなどが起こる病気
    手足
    骨・関節
    整形外科
  • 月経前症候群(月経前緊張症、PMS)

    生理の前の数日間、精神・身体的症状が見られ、生理が始まるとともに症状が軽くなったり、消えたりする周期的な症候群
    頭・顔・口
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    こころ
    一般内科
    産婦人科
    精神科・心療内科
  • 子宮筋腫

    子宮の壁の筋肉の層にできた良性腫瘍。健診などで見つかることが多い
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    産婦人科
  • 急性硬膜下血腫

    ケガなどが原因で、硬膜と脳の間のスペースで出血する病気。出血量が多くなり脳を圧迫すると、手足の動かしづらさや意識が悪いといった症状があらわれる
    頭・顔・口
    脳・脊髄(中枢神経)
    脳神経外科
    救急科
  • パニック障害

    突然のパニック発作を起こし、生活に支障が起こる状態。不安障害の中の一つ
    こころ
    一般内科
    精神科・心療内科
  • 外傷性頚部症候群(むち打ち)

    交通事故などで、首に過度な外力が加わり、首にある骨や神経を痛めた状態。いわゆる、むちうちのこと
    首・のど
    手足
    整形外科
  • 大脳皮質基底核変性症

    大脳の萎縮や基底核の変性が起こることで、錐体外路症状や、失行、認知症など様々な症状が出る病気
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
    リハビリテーション科
  • 廃用症候群

    体の活動性が落ちた状態が続くことで、肉体的、精神的な機能の低下が起こり、その結果として現れる症状の総称
    全身・その他
    一般内科
    神経内科
    リハビリテーション科
  • ロコモティブシンドローム

    加齢や関節の病気、筋肉や骨の弱化などによって起こる要介護状態
    骨・関節
    筋肉
    整形外科
    リハビリテーション科
  • 急性胃腸炎

    下痢・吐き気・腹痛などを起こす病気。食中毒やほかの患者からうつることが原因。抗生物質が効くのは一部の場合だけでほとんどは自然に治る
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
    感染症内科
    小児科

「症状チェッカー」は医師による診断行為の代替ではありません。病気を診断する上では症状だけでなく普段の様子や診察結果が重要です。「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことに留意してご使用下さい。