男性新生児(生後約1ヶ月未満) で[目の充血,目の色の変化]の原因となる病気

追加の質問
以下の中で、他に当てはまる症状はありますか?
目の痛み
まぶたのはれ・むくみ
視力の低下
発熱
寒気
目やに

男性新生児(生後約1ヶ月未満) で[目の充血,目の色の変化]の原因となる病気

  • 細菌性結膜炎

    眼が細菌に感染することで、結膜に炎症が起きる病気のこと。抗生物質の目薬を用いて治療する
    感染症内科
    眼科
  • 結膜下出血

    まぶたの内側と、白目の部分にある「結膜」の毛細血管が切れて、白目が赤くなった状態。自然に治癒することがほとんどである
    眼科
  • 咽頭結膜熱(プール熱)

    アデノウイルスの感染が原因で起こる感染症。発熱や喉の痛み、結膜炎などが起こる
    全身・その他
    首・のど
    一般内科
    感染症内科
    眼科
    耳鼻咽喉科
    小児科
  • 川崎病

    小児に起こる全身の血管炎により、発熱・発疹・冠動脈病変など様々な症状を引き起こす
    全身・その他
    首・のど
    皮膚
    リンパ球・リンパ節
    小児科
  • 感染性角膜炎(角膜感染症)

    角膜(眼の一番外側の膜)に細菌やウイルスなどが感染することで、眼が炎症を起こしている状態
    感染症内科
    眼科
  • 急性胆管炎

    胆管の中で細菌などが繁殖し、痛みや発熱、吐き気などの症状を引き起こす病気
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
    感染症内科
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器外科(肝胆膵)
    救急科
  • 角膜びらん

    眼の表面にある角膜が炎症によってダメージを受けて、一部損傷している状態。怪我やコンタクトレンズ、感染などが原因で起こる。
    眼科
  • 角膜異物

    角膜にゴミなどの異物が付いたり刺さった状態
    眼科
  • 食物アレルギー

    特定の食べ物によって引き起こされるアレルギー反応。腸の、免疫を抑える機能の異常や発達不足が原因と言われている
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    皮膚
    一般内科
    アレルギー・膠原病科
    小児科
  • 薬物アレルギー

    薬剤を使用したことが原因でアレルギーが起こった状態。薬疹やアナフィラキシーショックなどが含まれる
    全身・その他
    アレルギー・膠原病科
  • 新生児高ビリルビン血症(新生児黄疸)

    生まれて数日後にビリルビンが上昇し黄疸が起こった状態。ある程度は自然の経過であり病気ではないが、重症の場合は治療が必要
    皮膚
    血液・血管
    小児科
  • 急性胃腸炎

    下痢・吐き気・腹痛などを起こす病気。食中毒やほかの患者からうつることが原因。抗生物質が効くのは一部の場合だけでほとんどは自然に治る
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
    感染症内科
    小児科
  • 膀胱炎

    尿をためる膀胱の炎症。若い女性では毎年数%の人に起こる。原因は大腸菌が80%程度。軽症なら自然治癒する。市販薬に細菌を除く効果はない
    全身・その他
    陰部・肛門
    一般内科
    感染症内科
    泌尿器科
  • ノロウイルス感染症

    ノロウイルスが原因となって引き起こされる胃腸炎の一種。例年冬季に流行する
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
    感染症内科
  • 貧血(総論)

    血液中で酸素を運ぶヘモグロビンが不足すること。酸欠によりふらつき、疲れやすさ、動悸を起こす。原因は出血、鉄やビタミンの不足、白血病、自己免疫疾患など
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    脳・脊髄(中枢神経)
    一般内科
    血液内科
  • 顔面けいれん

    顔の片側が突然ピクピクとけいれんする病気。主に顔の筋肉を動かす顔面神経に血管が触れることで起こる
    頭・顔・口
    脳神経外科
    耳鼻咽喉科
  • じんましん(蕁麻疹)

    皮膚が赤く腫れ、短時間で消える症状。原因はアレルギー、物理的刺激、発汗など。市販薬にもある抗ヒスタミン薬の飲み薬が有効。原因不明で長引く場合もある
    皮膚
    アレルギー・膠原病科
    皮膚科

「症状チェッカー」は医師による診断行為の代替ではありません。病気を診断する上では症状だけでなく普段の様子や診察結果が重要です。「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことに留意してご使用下さい。