女性高齢者(66歳以上) で見え方がおかしい、物が二重に見える、視野が狭くなったの原因となる病気 | MEDLEY(メドレー)

女性高齢者(66歳以上) で見え方がおかしい、物が二重に見える、視野が狭くなったの原因となる病気

問診
[見え方がおかしい、物が二重に見える、視野が狭くなった]について詳しく教えてください。次に当てはまるものはありますか?

女性高齢者(66歳以上) で見え方がおかしい、物が二重に見える、視野が狭くなったの原因となる病気

  • 白内障

    眼の焦点をあわせるためのレンズ(水晶体)が濁る病気。視野が白くかすんだり、光をまぶしく感じる
    眼科
  • 遠視

    眼のレンズの屈折力に異常のある状態。屈折力の異常が軽度であったり、目のレンズの調節力があると特に症状は目立たない
    眼科
  • 近視

    遠くを見る時に、ぼやけてしまう状態
    眼科
  • 角膜炎

    何らかの原因で角膜に起こった炎症の総称
    眼科
  • 加齢黄斑変性

    網膜の中心部分(黄斑)が年齢とともに変化する。物が歪んで見えたり失明したりする
    眼科
  • 網膜剥離

    眼球の内側に張り付いている網膜が剥がれてしまった状態。ものの見え方に異常(視野が欠ける、ものが歪んで見えるなど)がでたり、ひどい場合は失明してしまうこともある
    眼科
  • 花粉症

    植物の花粉に対するアレルギー反応。症状として、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどの症状が起こる。
    アレルギー・膠原病科
    耳鼻咽喉科
  • 硝子体出血

    眼の中(硝子体)に出血が起きた状態。糖尿病網膜症などが原因で起こることが多い
    眼科
  • 角膜びらん

    眼の表面にある角膜が炎症によってダメージを受けて、一部損傷している状態。怪我やコンタクトレンズ、感染などが原因で起こる。
    眼科
  • 流行性角結膜炎(はやり目)

    「アデノウイルス」と呼ばれるウイルスに感染したことで、まぶたの内側にある結膜が炎症を起こす病気
    リンパ球・リンパ節
    感染症内科
    眼科
    小児科
    一般内科
  • 緑内障

    眼球内部の圧力が上がることで、眼の視神経に障害が生じ、視野に障害が出る病気
    眼科

「症状チェッカー」は医師による診断の代替ではありません。症状だけでなく普段の様子や検査の結果などを踏まえて総合的に判断される必要があるため、「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことを留意してご使用下さい。

注:前版で用いていた理論を基本とし、多くの医師の臨床現場における肌感を元に対象疾患などを改良いたしました。