まぶたのはれ・むくみ
まぶたのはれ・むくみ

まぶたのはれ・むくみの基礎知識

概要

まぶたの腫れの多くはものもらいです。抗菌薬の飲み薬や目薬で問題なく治ります。目が充血している場合、腫れた部分に痛みや熱がある場合は、他の病気の可能性がありますので、眼科の受診が必要な状態です。

原因とメカニズム

まぶたが細菌に感染すると、赤く腫れ、熱を持ち、痛みが出ます。

考えられる病気

赤く腫れて、熱を持ち、触ると痛い

ほとんどは、ものもらい麦粒腫)です。稀に眼窩蜂窩織炎のこともありますが、失明や命が危ない可能性もあり、すぐに眼科受診が必要な状態です。

目やに、充血が見られる

流行性角結膜炎アレルギー性結膜炎でまぶたが腫れることがあります。

寝不足や寝起き、泣いた後

そういった時にまぶたが腫れるのは正常な反応なので、心配する必要はありません。

唇の腫れやじんま疹が見られる

アレルギーの可能性があります。まぶたや唇が腫れやすく、また首や胸、手足にじんま疹があらわれやすいです。

怖い病気

眼窩蜂窩織炎

赤く腫れて、熱を持つ点などは、ものもらいと一緒ですが、眼窩蜂窩織炎の場合は非常に強く痛みます。抗生剤治療が必要で、悪化すると失明や命の危険があります。

受診の目安

痛みが強い場合は特に、早めに眼科を受診してください。

診療科

眼科

眼科が適しています。

検査

見た目の様子が大切で、特別な検査はされないことが多いです。

治療

ものもらいの場合は、抗生剤の点眼や軟膏、飲み薬で治療します。稀に切開して、を出すことが必要になることもあります。

セルフケア

・汚れた手で目の周りを触らない
・コンタクトレンズは毎日外し、清潔に管理する
・アイメイクはしっかりと落とす



関連するリンク
MEDLEYニュース新着記事