男性子ども(1歳以上4歳未満) で[まぶたのはれ・むくみ,脱毛]の原因となる病気

追加の質問
以下の中で、他に当てはまる症状はありますか?
目の痛み
目の色の変化
目の充血
下痢
顔面のはれ・むくみ
尿の回数の変化

男性子ども(1歳以上4歳未満) で[まぶたのはれ・むくみ,脱毛]の原因となる病気

  • 男性型脱毛症(AGA)

    思春期以降に始まり、徐々に進行する脱毛。女性に起こることもある。
    頭・顔・口
    皮膚
    一般内科
    皮膚科
  • 麦粒腫(ものもらい)

    一般的に「ものもらい」と言われている病気。感染などの理由によって、まつ毛が生えている部分が腫れる
    感染症内科
    眼科
  • 眼瞼炎

    まぶたに炎症が起きた状態の総称。感染が原因の場合と、アレルギーや外傷が原因の場合がある
    眼科
  • 細菌性結膜炎

    眼が細菌に感染することで、結膜に炎症が起きる病気のこと。抗生物質の目薬を用いて治療する
    感染症内科
    眼科
  • 瘢痕性脱毛症

    頭皮に何らかの病気の跡が残ったために、正常な毛根がなくなって髪が生えてこなくなる脱毛症のひとつ
    皮膚
    皮膚科
  • じんましん(蕁麻疹)

    皮膚が赤く腫れ、短時間で消える症状。原因はアレルギー、物理的刺激、発汗など。市販薬にもある抗ヒスタミン薬の飲み薬が有効。原因不明で長引く場合もある
    皮膚
    アレルギー・膠原病科
    皮膚科
  • 毛のう炎(毛包炎)

    毛穴の根元に細菌が感染した状態。カミソリ負けやアトピー性皮膚炎など、皮膚のバリア機能がダメージを受けたときに起こりやすい
    皮膚
    皮膚科
  • 接触皮膚炎(かぶれ)

    刺激物やアレルゲンによって引き起こされる皮膚の炎症の総称。いわゆる「かぶれ」のこと
    皮膚
    皮膚科
  • 貧血(総論)

    血液中で酸素を運ぶヘモグロビンが不足すること。酸欠によりふらつき、疲れやすさ、動悸を起こす。原因は出血、鉄やビタミンの不足、白血病、自己免疫疾患など
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    脳・脊髄(中枢神経)
    一般内科
    血液内科
  • 癤、癰

    毛包(毛根の周囲)が細菌に感染して、皮膚の中で膿が溜まって炎症を起こしている状態
    皮膚
    感染症内科
    皮膚科
  • 前立腺肥大症

    前立腺肥大症は前立腺の良性腫瘍です。前立腺肥大により排尿障害などの症状をみとめることを前立腺肥大症といいます
    陰部・肛門
    泌尿器科
  • 症候性脱毛症

    何らかの他の病気が背景にあり、その二次的な影響で脱毛が生じ、体の様々な部位の毛が薄くなった状態
    頭・顔・口
    皮膚
    皮膚科
    精神科・心療内科
  • 食物アレルギー

    特定の食べ物によって引き起こされるアレルギー反応。腸の、免疫を抑える機能の異常や発達不足が原因と言われている
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    皮膚
    一般内科
    アレルギー・膠原病科
    小児科
  • 慢性心不全

    心臓の働きそのものが弱っている状態。ゆっくりと進行して腎臓やその他全身に影響が及ぶことがある
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    一般内科
    循環器内科
  • 慢性甲状腺炎(橋本病)

    自分の免疫の異常によって甲状腺が炎症を起こし、甲状腺の細胞が破壊される病気
    全身・その他
    首・のど
    一般内科
    代謝・内分泌内科
  • 頭部白癬(しらくも)

    白癬菌という真菌(かび)の一種が、頭皮の毛穴や毛髪に感染する病気
    頭・顔・口
    皮膚
    皮膚科
  • 急性胃腸炎

    下痢・吐き気・腹痛などを起こす病気。食中毒やほかの患者からうつることが原因。抗生物質が効くのは一部の場合だけでほとんどは自然に治る
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
    感染症内科
    小児科
  • 腰痛症

    さまざまな原因により、腰が痛くなる病気の総称
    背中・腰・腎臓・膵臓・その他
    整形外科
  • 膀胱炎

    尿をためる膀胱の炎症。若い女性では毎年数%の人に起こる。原因は大腸菌が80%程度。軽症なら自然治癒する。市販薬に細菌を除く効果はない
    全身・その他
    陰部・肛門
    一般内科
    感染症内科
    泌尿器科

「症状チェッカー」は医師による診断行為の代替ではありません。病気を診断する上では症状だけでなく普段の様子や診察結果が重要です。「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことに留意してご使用下さい。