回答済みの条件

男性 子ども(1歳以上4歳未満) で [まぶたのはれ・むくみ、目の充血] の原因となる病気一覧

追加の質問
以下の中で、他に当てはまる症状はありますか?
目の痛み
目の色の変化
視力の低下
目のかゆみ
まぶたのかゆみ
目やに


男性 子ども(1歳以上4歳未満) で [まぶたのはれ・むくみ、目の充血] の原因となる病気一覧

  • アレルギー性結膜炎(春季カタル)

    目の結膜でアレルギー反応が生じて、炎症の起こる病気
    一般内科
    アレルギー・膠原病科
    耳鼻咽喉科
  • 細菌性結膜炎

    眼が細菌に感染することで、結膜に炎症が起きる病気のこと。抗生物質の目薬を用いて治療する
    感染症内科
    眼科
  • 流行性角結膜炎(はやり目)

    「アデノウイルス」と呼ばれるウイルスに感染したことで、まぶたの内側にある結膜が炎症を起こす病気
    リンパ球・リンパ節
    感染症内科
    眼科
  • 麦粒腫(ものもらい)

    一般的に「ものもらい」と言われている病気。感染などの理由によって、まつ毛が生えている部分が腫れる
    感染症内科
    眼科
  • 急性出血性結膜炎(アポロ病)

    目がウイルスに感染し、まぶたの内側にある結膜から出血が起こる病気のこと
    救急科
  • 眼瞼炎

    まぶたに炎症が起きた状態の総称。感染が原因の場合と、アレルギーや外傷が原因の場合がある
    眼科
  • 結膜下出血

    まぶたの内側と、白目の部分にある「結膜」の毛細血管が切れて、白目が赤くなった状態。自然に治癒することがほとんどである
    眼科
  • 咽頭結膜熱(プール熱)

    アデノウイルスの感染が原因で起こる感染症。発熱や喉の痛み、結膜炎などが起こる
    全身・その他
    首・のど
    一般内科
    感染症内科
    眼科
    耳鼻咽喉科
    小児科
  • さかさまつ毛(眼瞼内反、睫毛内反、睫毛乱生)

    本来まぶたの縁から外側を向いて生えているまつ毛が、内側(角膜の方向)を向いて生えている状態のこと
    形成外科
    眼科
  • じんましん(蕁麻疹)

    皮膚が赤く腫れ、短時間で消える症状。原因はアレルギー、物理的刺激、発汗など。市販薬にもある抗ヒスタミン薬の飲み薬が有効。原因不明で長引く場合もある
    皮膚
    アレルギー・膠原病科
    皮膚科
  • 毛のう炎(毛包炎)

    毛穴の根元に細菌が感染した状態。カミソリ負けやアトピー性皮膚炎など、皮膚のバリア機能がダメージを受けたときに起こりやすい
    皮膚
    皮膚科
  • 接触皮膚炎(かぶれ)

    刺激物やアレルゲンによって引き起こされる皮膚の炎症の総称。いわゆる「かぶれ」のこと
    皮膚
    皮膚科
  • 眼窩蜂窩織炎(眼窩蜂巣炎)

    眼窩と呼ばれる眼のくぼみにある脂肪組織が細菌に感染して炎症を起こした状態
    感染症内科
    皮膚科
    眼科
  • VDT症候群(眼精疲労)

    コンピューターディスプレイなどで長時間作業することにより、眼精疲労やドライアイ、抑うつなどが起こった状態
    手足
    骨・関節
    眼科
    一般内科
    精神科・心療内科
  • 川崎病

    小児に起こる全身の血管炎により、発熱・発疹・冠動脈病変など様々な症状を引き起こす
    全身・その他
    首・のど
    皮膚
    リンパ球・リンパ節
    小児科
  • 角膜びらん

    眼の表面にある角膜が炎症によってダメージを受けて、一部損傷している状態。怪我やコンタクトレンズ、感染などが原因で起こる。
    眼科
  • 角膜異物

    角膜にゴミなどの異物が付いたり刺さった状態
    眼科
  • 感染性角膜炎(角膜感染症)

    角膜(眼の一番外側の膜)に細菌やウイルスなどが感染することで、眼が炎症を起こしている状態
    感染症内科
    眼科
  • 食物アレルギー

    特定の食べ物によって引き起こされるアレルギー反応。腸の、免疫を抑える機能の異常や発達不足が原因と言われている
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    皮膚
    一般内科
    アレルギー・膠原病科
    小児科
  • 癤、癰

    毛包(毛根の周囲)が細菌に感染して、皮膚の中で膿が溜まって炎症を起こしている状態
    皮膚
    感染症内科
    皮膚科
  • 薬物アレルギー

    薬剤を使用したことが原因でアレルギーが起こった状態。薬疹やアナフィラキシーショックなどが含まれる
    全身・その他
    アレルギー・膠原病科
  • 前立腺肥大症

    前立腺肥大症は前立腺の良性腫瘍です。前立腺肥大により排尿障害などの症状をみとめることを前立腺肥大症といいます
    陰部・肛門
    泌尿器科
  • バセドウ病(甲状腺機能亢進症)

    若い女性に多く、甲状腺から過剰に甲状腺ホルモンが分泌される病気。症状は汗、動悸、手の震え、体重減少、下痢が多く、眼球突出は3割ほどの人に起こる
    首・のど
    胸(肺・心臓・その他)
    代謝・内分泌内科
  • 男性型脱毛症(AGA)

    思春期以降に始まり、徐々に進行する脱毛。女性に起こることもある。
    頭・顔・口
    皮膚
    一般内科
    皮膚科
  • 慢性心不全

    心臓の働きそのものが弱っている状態。ゆっくりと進行して腎臓やその他全身に影響が及ぶことがある
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    一般内科
    循環器内科
  • かぜ(急性上気道炎)

    鼻やのど(上気道)が炎症を起こしている状態の総称。原因はほとんどがウイルス感染で、抗菌薬は効果がない
    全身・その他
    首・のど
    一般内科
    呼吸器内科
    感染症内科
    小児科
  • 急性胃腸炎

    下痢・吐き気・腹痛などを起こす病気。食中毒やほかの患者からうつることが原因。抗生物質が効くのは一部の場合だけでほとんどは自然に治る
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
    感染症内科
    小児科
  • 腰痛症

    さまざまな原因により、腰が痛くなる病気の総称
    背中・腰・腎臓・膵臓・その他
    整形外科
  • 膀胱炎

    尿をためる膀胱の炎症。若い女性では毎年数%の人に起こる。原因は大腸菌が80%程度。軽症なら自然治癒する。市販薬に細菌を除く効果はない
    全身・その他
    陰部・肛門
    一般内科
    感染症内科
    泌尿器科
  • ノロウイルス感染症

    ノロウイルスが原因となって引き起こされる胃腸炎の一種。例年冬季に流行する
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
    感染症内科

「症状チェッカー」は医師による診断行為の代替ではありません。病気を診断する上では症状だけでなく普段の様子や診察結果が重要です。「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことに留意してご使用下さい。

まぶたのはれ・むくみに対応した病院・クリニックを探す

まぶたの腫れの多くはものもらいです。抗菌薬の飲み薬や目薬で問題なく治ります。目が充血している場合、腫れた部分に痛みや熱がある場合は、他の病気の可能性がありますので、眼科の受診が必要な状態です。

MEDLEYニュース新着記事