回答済みの条件

選択した条件

症状がある


乳児(1歳未満) で頭部の痛み・頭痛の原因となる病気一覧

追加の質問   あなたの性別は?

選択した条件

症状がある


乳児(1歳未満) で頭部の痛み・頭痛の原因となる病気一覧


  • かぜ(急性上気道炎)

    鼻やのど(上気道)が炎症を起こしている状態の総称。原因はほとんどがウイルス感染で、抗菌薬は効果がない
    全身・その他
    首・のど
    一般内科
    感染症内科
    呼吸器内科
    小児科
  • ウイルス性髄膜炎

    ウイルス感染が脳と脊髄を包む髄膜という膜に広がり炎症を起こす病気
    全身・その他
    首・のど
    脳・脊髄(中枢神経)
    感染症内科
    神経内科
  • 急性硬膜下血腫

    ケガなどが原因で、硬膜と脳の間のスペースで出血する病気。出血量が多くなり脳を圧迫すると、手足の動かしづらさや意識が悪いといった症状があらわれる
    頭・顔・口
    脳・脊髄(中枢神経)
    救急科
    脳神経外科
  • 急性中耳炎

    耳の奥の中耳という場所に細菌が感染し炎症を起こす病気。特に子どもに起こることが多い
    一般内科
    耳鼻咽喉科
  • 脱水症

    体の中の水分が減少している状態。電解質(ナトリウムやカリウムなどのミネラル)の濃度の異常も伴うことが多い
    全身・その他
    一般内科
    救急科
  • 顎関節症

    口を開くときに音が鳴ったり、顎に痛みがあって口が開きにくくなる状態
    頭・顔・口
    口腔外科
  • 急性腎障害(急性腎不全)

    何らかの理由で腎臓の機能が急激に低下した状態。体の水分のバランスや、血液中の成分のバランスが保てなくなってしまう状態
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    腎臓内科
  • インフルエンザ

    インフルエンザウイルスに感染することで、高熱やのどの痛み、関節・筋肉の痛みなどが引き起こされる感染症。毎年冬場に流行する
    全身・その他
    首・のど
    骨・関節
    一般内科
    感染症内科
    小児科
  • 急性副鼻腔炎

    細菌感染などが主な原因で生じる副鼻腔の急に起こる炎症
    感染症内科
    耳鼻咽喉科
  • 単純ヘルペス脳炎

    単純ヘルペスウイルスの感染によって引き起こされる脳炎
    全身・その他
    脳・脊髄(中枢神経)
    感染症内科
    神経内科
  • 神経膠腫(グリオーマ)

    脳にある細胞から発生する脳腫瘍の一つ。脳腫瘍の中では、転移性脳腫瘍についで2番目に多く、悪性度も様々。
    全身・その他
    頭・顔・口
    手足
    脳・脊髄(中枢神経)
    脳神経外科
  • 急性硬膜外血腫

    脳を覆う硬膜表面の血管から出血して、硬膜と頭蓋骨の間に血の溜まりが生じた状態。交通事故などによる強い衝撃で起こりやすい
    頭・顔・口
    脳・脊髄(中枢神経)
    リハビリテーション科
    救急科
    脳神経外科
  • 高安動脈炎(大動脈炎症候群)

    全身の大きな動脈に炎症が起きる病気。大動脈や頭、肺、心臓などの臓器につながる動脈の壁に炎症が起き、様々な症状がおこる。
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    血液・血管
    アレルギー・膠原病科
  • 褐色細胞腫

    腎臓の上にある副腎やその周りの神経にできる腫瘍。カテコラミンと呼ばれるホルモンを過剰に作り出し、高血圧などの原因となる
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    代謝・内分泌内科
  • 細菌性髄膜炎

    細菌が原因となり、脳を包む髄膜に生じる重症感染症
    全身・その他
    頭・顔・口
    首・のど
    脳・脊髄(中枢神経)
    感染症内科
    小児科
    神経内科
  • 毛のう炎(毛包炎)

    毛穴の根元に細菌が感染した状態。カミソリ負けやアトピー性皮膚炎など、皮膚のバリア機能がダメージを受けたときに起こりやすい
    皮膚
    皮膚科
  • 貧血(総論)

    血液中で酸素を運ぶヘモグロビンが不足すること。酸欠によりふらつき、疲れやすさ、動悸を起こす。原因は出血、鉄やビタミンの不足、白血病、自己免疫疾患など
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    脳・脊髄(中枢神経)
    一般内科
    血液内科
  • 蜂窩織炎(蜂巣炎)

    皮膚の下の蜂窩織と呼ばれる部位(真皮から脂肪織と呼ばれる、皮膚の表面を除いた部分)が細菌に感染し、炎症を起こす病気
    全身・その他
    皮膚
    一般内科
    感染症内科
    整形外科
    皮膚科
  • 癤、癰

    毛包(毛根の周囲)が細菌に感染して、皮膚の中で膿が溜まって炎症を起こしている状態
    皮膚
    感染症内科
    皮膚科
  • 帯状疱疹

    水ぼうそうを起こすウイルスの感染が原因。体の片側の一部に、帯のように痛みのある赤いぶつぶつができる
    全身・その他
    皮膚
    リンパ球・リンパ節
    ペインクリニック
    一般内科
    感染症内科
    神経内科

「症状チェッカー」は医師による診断行為の代替ではありません。病気を診断する上では症状だけでなく普段の様子や診察結果が重要です。「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことに留意してご使用下さい。

頭部の痛み・頭痛に対応した病院・クリニックを探す

頭痛の原因の多くは、緊張型頭痛や片頭痛です。また風邪や発熱、副鼻腔炎でも頭痛は起きます。怖い病気の脳出血やくも膜下出血は稀で、意識がもうろうとしている、手足が動かしづらい、ろれつが回らない、喋ることができないといった症状もあるときに疑われます。すぐに救急科や脳神経外科の受診が必要な状態です。長年の頭痛持ちの方も緊張型頭痛や片頭痛の場合は、適切な診断を受けて、対策と治療を行えば改善が期待できます。



MEDLEYニュース新着記事