男性50代 で[頭部の痛み・頭痛,視力の低下,正常でない見え方,勃起不全]の原因となる病気

問診
[頭部の痛み]について詳しく教えてください。頭のどの部位の痛みですか?

男性50代 で[頭部の痛み・頭痛,視力の低下,正常でない見え方,勃起不全]の原因となる病気

  • 急性緑内障発作

    閉塞隅角緑内障(緑内障の1タイプ)による急性発作。頭痛が生じる
    眼科
  • 下垂体腺腫

    脳の下垂体にできる良性腫瘍。様々なホルモンを大量に作り、ホルモンによる症状が出る場合が多い
    脳・脊髄(中枢神経)
    代謝・内分泌内科
    脳神経外科
  • 頭蓋咽頭腫

    頭の奥深くにある下垂体の近くにできる脳腫瘍の一種。小児と40歳〜60歳に多い。
    全身・その他
    頭・顔・口
    脳神経外科
  • 多発性内分泌腫瘍症 (MEN)

    複数の内分泌器官に腫瘍が起こる、遺伝性の病気。1型と2型に分かれ、できる腫瘍も異なる。
    全身・その他
    頭・顔・口
    首・のど
    陰部・肛門
    皮膚
    脳・脊髄(中枢神経)
    代謝・内分泌内科
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器外科(肝胆膵)
    脳神経外科
  • ポンペ病を知っていますか?

    以下のような症状に心当たりはありませんか?
    疲れやすい
    歩きにくい
    息切れ(呼吸困難感)がする
    頭が痛い(特に早朝)
  • 片頭痛(偏頭痛)

    若い人から中年の人に多い頭痛の一種で「偏頭痛」と同じ。頭の中の血管が広がることで痛みが起こる
    頭・顔・口
    一般内科
    神経内科
    脳神経外科
    ペインクリニック
  • 角膜びらん

    眼の表面にある角膜が炎症によってダメージを受けて、一部損傷している状態。怪我やコンタクトレンズ、感染などが原因で起こる。
    眼科
  • VDT症候群(眼精疲労)

    コンピューターディスプレイなどで長時間作業することにより、眼精疲労やドライアイ、抑うつなどが起こった状態
    手足
    骨・関節
    眼科
    一般内科
    精神科・心療内科
  • 巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎)

    大動脈や比較的太い動脈に炎症が起こる病気。血管炎の一種。側頭動脈に起こることが多い。
    全身・その他
    頭・顔・口
    血液・血管
    アレルギー・膠原病科
  • 緊張型頭痛

    頭や後頭部から首にかけての筋肉が緊張していることによる頭痛
    頭・顔・口
    首・のど
    神経内科
    脳神経外科
    ペインクリニック
  • 近視

    遠くを見る時に、ぼやけてしまう状態
    眼科
  • 真菌性眼内炎

    真菌(カビ)に感染することで、眼が炎症を起こしている状態。失明などにつながる病気
    血液・血管
    感染症内科
    眼科
  • 硝子体出血

    眼の中(硝子体)に出血が起きた状態。糖尿病網膜症などが原因で起こることが多い
    眼科
  • 角膜潰瘍

    眼の表面の角膜が、炎症によって傷がついてえぐれてしまった状態。感染症や、コンタクトレンズの不適切な使用や自己免疫性疾患などによって起こる
    眼科
  • 脈絡膜腫瘍

    眼の脈絡膜(網膜というカメラのフィルムにあたる部分の裏にある血管の豊富な組織)というところにできた腫瘍
    眼科
  • 遠視

    眼のレンズの屈折力に異常のある状態。屈折力の異常が軽度であったり、目のレンズの調節力があると特に症状は目立たない
    眼科
  • 勃起障害(ED)

    性交ができる状態において、十分に勃起ができないため性交が行えない状態。精神的な原因や、血管や神経の病気が原因となる
    陰部・肛門
    泌尿器科
    精神科・心療内科
  • サリン中毒

    有毒神経ガスであるサリンを、吸い込んだり、皮膚にかかって吸収されたりした時の中毒症状
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    救急科
  • 高プロラクチン血症

    プロラクチンという排卵、妊娠、授乳に関与するホルモンが過剰な状態
    全身・その他
    代謝・内分泌内科
    産婦人科
  • 髄膜腫

    脳腫瘍の中で最も多い、良性の脳腫瘍。脳を包んでいる膜(髄膜)からできる。
    脳・脊髄(中枢神経)
    脳神経外科

「症状チェッカー」は医師による診断行為の代替ではありません。病気を診断する上では症状だけでなく普段の様子や診察結果が重要です。「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことに留意してご使用下さい。