男性子ども(4歳以上10歳未満) で[下痢,目の充血]の原因となる病気

問診
[下痢]について詳しく教えてください。1週間以内に生の肉や魚を食べましたか?

男性子ども(4歳以上10歳未満) で[下痢,目の充血]の原因となる病気

  • 急性胃腸炎

    下痢・吐き気・腹痛などを起こす病気。食中毒やほかの患者からうつることが原因。抗生物質が効くのは一部の場合だけでほとんどは自然に治る
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
    感染症内科
    小児科
  • ノロウイルス感染症

    ノロウイルスが原因となって引き起こされる胃腸炎の一種。例年冬季に流行する
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
    感染症内科
  • ロタウイルス下痢症

    ロタウイルスによって引き起こされる胃腸炎で、冬に乳幼児の間で流行する
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
    感染症内科
    小児科
  • 細菌性結膜炎

    眼が細菌に感染することで、結膜に炎症が起きる病気のこと。抗生物質の目薬を用いて治療する
    感染症内科
    眼科
  • 結膜下出血

    まぶたの内側と、白目の部分にある「結膜」の毛細血管が切れて、白目が赤くなった状態。自然に治癒することがほとんどである
    眼科
  • 咽頭結膜熱(プール熱)

    アデノウイルスの感染が原因で起こる感染症。発熱や喉の痛み、結膜炎などが起こる
    全身・その他
    首・のど
    一般内科
    感染症内科
    眼科
    耳鼻咽喉科
    小児科
  • 黄色ブドウ球菌食中毒

    黄色ブドウ球菌という細菌が出す毒素によって発症する食中毒
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
    感染症内科
  • 心身症

    腫瘍や感染などの明らかな原因がなく、心理社会的な要素が原因でありながらも、頭痛や便秘などの身体的な症状を呈する疾患
    こころ
    精神科・心療内科
  • 乳糖不耐症

    乳糖を分解する酵素(ラクターゼ)が不足することで、乳糖を十分に消化や吸収することができず、下痢などの症状が出る病気
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    代謝・内分泌内科
    小児科
  • カンピロバクター腸炎

    カンピロバクター属の細菌による腸の感染症で、細菌性腸炎の中では最も高頻度である
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
    感染症内科
  • 川崎病

    小児に起こる全身の血管炎により、発熱・発疹・冠動脈病変など様々な症状を引き起こす
    全身・その他
    首・のど
    皮膚
    リンパ球・リンパ節
    小児科
  • 角膜びらん

    眼の表面にある角膜が炎症によってダメージを受けて、一部損傷している状態。怪我やコンタクトレンズ、感染などが原因で起こる。
    眼科
  • 角膜異物

    角膜にゴミなどの異物が付いたり刺さった状態
    眼科
  • 感染性角膜炎(角膜感染症)

    角膜(眼の一番外側の膜)に細菌やウイルスなどが感染することで、眼が炎症を起こしている状態
    感染症内科
    眼科
  • VDT症候群(眼精疲労)

    コンピューターディスプレイなどで長時間作業することにより、眼精疲労やドライアイ、抑うつなどが起こった状態
    手足
    骨・関節
    眼科
    一般内科
    精神科・心療内科
  • 急性腎障害(急性腎不全)

    何らかの理由で腎臓の機能が急激に低下した状態。体の水分のバランスや、血液中の成分のバランスが保てなくなってしまう状態
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    腎臓内科
  • 麦粒腫(ものもらい)

    一般的に「ものもらい」と言われている病気。感染などの理由によって、まつ毛が生えている部分が腫れる
    感染症内科
    眼科
  • 貧血(総論)

    血液中で酸素を運ぶヘモグロビンが不足すること。酸欠によりふらつき、疲れやすさ、動悸を起こす。原因は出血、鉄やビタミンの不足、白血病、自己免疫疾患など
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    脳・脊髄(中枢神経)
    一般内科
    血液内科

「症状チェッカー」は医師による診断行為の代替ではありません。病気を診断する上では症状だけでなく普段の様子や診察結果が重要です。「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことに留意してご使用下さい。