男性子ども(4歳以上10歳未満) で[下痢,耳の色の変化]の原因となる病気

問診
[下痢]について詳しく教えてください。1週間以内に生の肉や魚を食べましたか?

男性子ども(4歳以上10歳未満) で[下痢,耳の色の変化]の原因となる病気

  • 急性胃腸炎

    下痢・吐き気・腹痛などを起こす病気。食中毒やほかの患者からうつることが原因。抗生物質が効くのは一部の場合だけでほとんどは自然に治る
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
    感染症内科
    小児科
  • ノロウイルス感染症

    ノロウイルスが原因となって引き起こされる胃腸炎の一種。例年冬季に流行する
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
    感染症内科
  • ロタウイルス下痢症

    ロタウイルスによって引き起こされる胃腸炎で、冬に乳幼児の間で流行する
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
    感染症内科
    小児科
  • 耳介血腫

    耳の皮膚の下に血腫(血の塊)ができている状態。繰り返すと将来的に耳の変形が起こることもある。
    耳鼻咽喉科
  • 黄色ブドウ球菌食中毒

    黄色ブドウ球菌という細菌が出す毒素によって発症する食中毒
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
    感染症内科
  • 心身症

    腫瘍や感染などの明らかな原因がなく、心理社会的な要素が原因でありながらも、頭痛や便秘などの身体的な症状を呈する疾患
    こころ
    精神科・心療内科
  • じんましん(蕁麻疹)

    皮膚が赤く腫れ、短時間で消える症状。原因はアレルギー、物理的刺激、発汗など。市販薬にもある抗ヒスタミン薬の飲み薬が有効。原因不明で長引く場合もある
    皮膚
    アレルギー・膠原病科
    皮膚科
  • 汗疹(あせも)

    汗を原因とする皮疹のことで、湿疹を伴った場合はかゆみが出現する
    皮膚
    皮膚科
  • 湿疹(皮膚炎)

    「かゆみや赤み」、「がさつき」、「ぶつぶつ」などを示す皮膚の異常
    皮膚
    皮膚科
  • 毛のう炎(毛包炎)

    毛穴の根元に細菌が感染した状態。カミソリ負けやアトピー性皮膚炎など、皮膚のバリア機能がダメージを受けたときに起こりやすい
    皮膚
    皮膚科
  • 接触皮膚炎(かぶれ)

    刺激物やアレルゲンによって引き起こされる皮膚の炎症の総称。いわゆる「かぶれ」のこと
    皮膚
    皮膚科
  • 癤、癰

    毛包(毛根の周囲)が細菌に感染して、皮膚の中で膿が溜まって炎症を起こしている状態
    皮膚
    感染症内科
    皮膚科
  • 乳糖不耐症

    乳糖を分解する酵素(ラクターゼ)が不足することで、乳糖を十分に消化や吸収することができず、下痢などの症状が出る病気
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    代謝・内分泌内科
    小児科
  • カンピロバクター腸炎

    カンピロバクター属の細菌による腸の感染症で、細菌性腸炎の中では最も高頻度である
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
    感染症内科
  • 食物アレルギー

    特定の食べ物によって引き起こされるアレルギー反応。腸の、免疫を抑える機能の異常や発達不足が原因と言われている
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    皮膚
    一般内科
    アレルギー・膠原病科
    小児科
  • 急性腎障害(急性腎不全)

    何らかの理由で腎臓の機能が急激に低下した状態。体の水分のバランスや、血液中の成分のバランスが保てなくなってしまう状態
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    腎臓内科
  • 稗粒腫

    皮膚の表面に、小さな白い老廃物の粒ができる病気
    眼科
  • 伝染性膿痂疹(とびひ)

    細菌が皮膚に感染することでできる、水ぶくれやかさぶたが飛び火(とびひ)のように広がる病気
    皮膚
    感染症内科
    皮膚科
  • 麦粒腫(ものもらい)

    一般的に「ものもらい」と言われている病気。感染などの理由によって、まつ毛が生えている部分が腫れる
    感染症内科
    眼科

「症状チェッカー」は医師による診断行為の代替ではありません。病気を診断する上では症状だけでなく普段の様子や診察結果が重要です。「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことに留意してご使用下さい。