回答済みの条件

選択した条件

症状がある


20代 で便秘の原因となる病気一覧

追加の質問   あなたの性別は?

選択した条件

症状がある


20代 で便秘の原因となる病気一覧


  • 自律神経失調症

    自律神経のバランスが崩れた際に起こる症状の総称。めまいや耳鳴り、頭痛など様々な症状が出現する
    全身・その他
    脳・脊髄(中枢神経)
    一般内科
    神経内科
    精神科・心療内科
  • 糖尿病

    血液中のブドウ糖(血糖)濃度を、正常範囲内にとどめておくことが出来なくなる病気。眼、神経、腎臓など多くの臓器にダメージを与える
    全身・その他
    一般内科
    代謝・内分泌内科
  • 心身症

    腫瘍や感染などの明らかな原因がなく、心理社会的な要素が原因でありながらも、頭痛や便秘などの身体的な症状を呈する疾患
    こころ
    精神科・心療内科
  • 慢性甲状腺炎(橋本病)

    自分の免疫の異常によって甲状腺が炎症を起こし、甲状腺の細胞が破壊される病気
    全身・その他
    首・のど
    一般内科
    代謝・内分泌内科
  • 過敏性腸症候群

    検査では異常が見られないが、お腹に不快感・便秘・下痢などが続く状態
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
    精神科・心療内科
  • 子宮筋腫

    子宮の壁の筋肉の層にできた良性腫瘍。健診などで見つかることが多い
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    産婦人科
  • 急性腎障害(急性腎不全)

    何らかの理由で腎臓の機能が急激に低下した状態。体の水分のバランスや、血液中の成分のバランスが保てなくなってしまう状態
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    腎臓内科
  • 糖尿病性ニューロパチー(糖尿病性神経障害)

    糖尿病が原因で起こる神経障害のこと
    末梢神経
    ペインクリニック
    一般内科
    緩和ケア科
    神経内科
    代謝・内分泌内科
  • 椎間板ヘルニア

    椎間板が、何らかの理由で飛び出してしまった状態。飛び出た椎間板が神経を圧迫すると腰の痛みや脚のしびれ等を起こす
    全身・その他
    骨・関節
    リハビリテーション科
    救急科
    整形外科
  • 適応障害

    重大な生活の変化などストレスがかかる生活上の出来事に反応して、抑うつ気分、不安、心配などの多様な精神症状が出現するもの
    こころ
    精神科・心療内科
  • 身体化障害

    多発性で繰り返し起こり、しばしば変化する身体症状があるが、医学的検査で異常が発見されず身体的な疾患が見られないもの
    こころ
    精神科・心療内科
  • 社会不安障害(社交不安障害)

    比較的少人数の集団内で他の人々から注視されることに対する恐怖があり社交場面を回避するもの。
    こころ
    精神科・心療内科
  • 脊髄損傷

    骨の中を通る太い神経である脊髄が障害されて、感覚機能や運動機能に障害がおこる
    全身・その他
    脳・脊髄(中枢神経)
    リハビリテーション科
    神経内科
  • 脊髄腫瘍

    脊柱(背骨)には脳からの命令を腕や脚などに伝える脊髄という神経が通っており、そこに生じる腫瘍のこと
    全身・その他
    背中・腰・腎臓・膵臓・その他
    脳・脊髄(中枢神経)
    整形外科
  • 急性腹膜炎(二次性腹膜炎)

    お腹の中の臓器を囲う腹膜や腹腔内のさまざまな臓器に炎症が及ぶ状態
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器外科(肝胆膵)
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器内科
  • 副甲状腺機能亢進症

    何らかの原因により副甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで、高カルシウム血症や低リン血症、腎障害などをきたす病気
    全身・その他
    首・のど
    一般内科
    代謝・内分泌内科

「症状チェッカー」は医師による診断行為の代替ではありません。病気を診断する上では症状だけでなく普段の様子や診察結果が重要です。「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことに留意してご使用下さい。

便秘に対応した病院・クリニックを探す

やせ型の女性やご高齢の方の便秘は、腸の動きが弱くなっていることが原因になりやすいです。運動量を増やすことや、水分を多くとることが便秘をやわらげるのに適しています。また糖尿病で便秘になりがちなことはあまり知られていません。下剤には便を柔らかくするものと、腸の動きを活発にするものがあるので、体調によって使い分けるのが理想的です。



MEDLEYニュース新着記事