男性子ども(4歳以上10歳未満) で[くしゃみ,咳(せき),鼻詰まり]の原因となる病気

問診
[咳(せき)]について詳しく教えてください。咳が出てからどれくらい経ちましたか?

男性子ども(4歳以上10歳未満) で[くしゃみ,咳(せき),鼻詰まり]の原因となる病気

  • アレルギー性鼻炎

    鼻の粘膜でアレルギー反応が生じて、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどが起きる状態
    頭・顔・口
    首・のど
    皮膚
    一般内科
    アレルギー・膠原病科
    耳鼻咽喉科
  • 花粉症

    植物の花粉に対するアレルギー反応。症状として、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどの症状が起こる。
    アレルギー・膠原病科
    耳鼻咽喉科
  • 百日咳

    小児に多い呼吸器系の感染症で、特有の咳発作が特徴
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    呼吸器内科
    感染症内科
    小児科
  • 急性気管支炎

    喉の炎症が気管支まで波及して、激しい咳や痰をともなうようになった状態
    胸(肺・心臓・その他)
    一般内科
    呼吸器内科
  • RSウイルス感染症

    RSウイルスの感染による呼吸器の感染症。2歳までにほぼ全ての子どもが1回は感染する
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    小児科
    呼吸器内科
  • インフルエンザ

    インフルエンザウイルスに感染することで、高熱やのどの痛み、関節・筋肉の痛みなどが引き起こされる感染症。毎年冬場に流行する
    全身・その他
    首・のど
    骨・関節
    一般内科
    感染症内科
    小児科
  • 細菌性肺炎(総論)

    細菌感染が原因で起こる肺炎。様々な原因菌や分類があり、治療は抗菌薬(抗生物質)が用いられる。
    胸(肺・心臓・その他)
    一般内科
    呼吸器内科
    感染症内科
  • 心身症

    腫瘍や感染などの明らかな原因がなく、心理社会的な要素が原因でありながらも、頭痛や便秘などの身体的な症状を呈する疾患
    こころ
    精神科・心療内科
  • クラミドフィラ肺炎

    クラミドフィラ・ニューモニエという微生物の感染による肺炎。性感染症で有名なクラミジアとは別のクラミジアによる感染症
    首・のど
    胸(肺・心臓・その他)
    一般内科
    呼吸器内科
    感染症内科
    小児科
  • 胸膜炎

    肺を覆う膜(胸膜)に炎症が起きた状態の総称。原因は感染症、がん、膠原病など様々である
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    感染症内科
    呼吸器内科
  • 慢性鼻炎

    鼻の粘膜が慢性的に赤く腫れている状態
    アレルギー・膠原病科
    耳鼻咽喉科
  • 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)

    急性副鼻腔炎が治りきらずに慢性化したもの。一般的には蓄膿症と呼ばれることも多い
    頭・顔・口
    一般内科
    耳鼻咽喉科
    小児科
  • 急性副鼻腔炎

    細菌感染などが主な原因で生じる副鼻腔の急に起こる炎症
    感染症内科
    耳鼻咽喉科
  • 片頭痛(偏頭痛)

    若い人から中年の人に多い頭痛の一種で「偏頭痛」と同じ。頭の中の血管が広がることで痛みが起こる
    頭・顔・口
    一般内科
    神経内科
    脳神経外科
    ペインクリニック
  • 麦粒腫(ものもらい)

    一般的に「ものもらい」と言われている病気。感染などの理由によって、まつ毛が生えている部分が腫れる
    感染症内科
    眼科
  • 貧血(総論)

    血液中で酸素を運ぶヘモグロビンが不足すること。酸欠によりふらつき、疲れやすさ、動悸を起こす。原因は出血、鉄やビタミンの不足、白血病、自己免疫疾患など
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    脳・脊髄(中枢神経)
    一般内科
    血液内科
  • 顔面けいれん

    顔の片側が突然ピクピクとけいれんする病気。主に顔の筋肉を動かす顔面神経に血管が触れることで起こる
    頭・顔・口
    脳神経外科
    耳鼻咽喉科
  • 起立性低血圧症

    座っていたり寝ている状態から立ち上がった時に、血圧が急に下がりめまいや失神を起こす状態。糖尿病や脱水などが原因となることもある
    全身・その他
    血液・血管
    脳・脊髄(中枢神経)
    末梢神経
    一般内科
    リハビリテーション科
    循環器内科
    神経内科

「症状チェッカー」は医師による診断行為の代替ではありません。病気を診断する上では症状だけでなく普段の様子や診察結果が重要です。「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことに留意してご使用下さい。