おうと
嘔吐

嘔吐の基礎知識

概要

吐き気は、胃腸、膵臓、腎臓、心臓、三半規管、脳など、いろんな部位が原因で起こります。胃腸が原因の吐き気は多いですが、尿路結石片頭痛でも強い吐き気が起こることがあります。

海外旅行後や生肉を食べた後の吐き気では、抗生物質が有効な場合がありますので、早めの内科の受診が適切です。

原因とメカニズム

胃腸炎で吐き気が起こることはよく知られています。胃や腸に炎症が起きて、自律神経を刺激するため、脳の嘔吐中枢に伝わり、吐き気や嘔吐が起こります。

この嘔吐中枢は、胃腸以外からも刺激を受けます。具体的には頭や咽頭、心臓、骨盤内の内臓の異常も自律神経を刺激して、嘔吐中枢に伝わるのです。例えば乗り物酔いでは、頭の上下左右の揺れ、回転、速度の変化が自律神経を刺激して、吐き気が起こります。

くも膜下出血脳腫瘍では、脳の嘔吐中枢が直接刺激され、吐き気が起きます。脳に嘔吐中枢があるため、頭の病気で吐き気が起こることが多いのです。

症状から考えられる病気

吐き気は実にさまざまな部位の病気が原因で起こります。吐き気や嘔吐の症状だけでは、原因の病気を見分けることは難しいです。吐き気、嘔吐以外の症状が、見分けるポイントになります。

お腹が痛い

急性胃炎胃潰瘍十二指腸潰瘍、虫垂炎、イレウス腸閉塞)、胃腸炎、食中毒、肝炎、膵炎、胆石症尿路結石など、お腹の病気が考えられます。

下痢している

胃腸炎、食中毒などが考えられます。

めまいがする

良性発作性頭位めまい症メニエール病突発性難聴など、耳が原因の病気が考えられます。頻度としては稀ですが、小脳などの脳卒中脳出血)、脳腫瘍が原因のこともあります。

頭が痛い

片頭痛群発頭痛脳卒中脳出血くも膜下出血)、脳腫瘍など、頭の病気の可能性があります。

眼の奥が痛い

緑内障の可能性があります。

頭痛、めまい、肩こり、しびれ、冷や汗、手足の冷え、不眠など、たくさん症状がある

自律神経失調症更年期障害の可能性があります。

薬の副作用

例えば化学療法が代表的ですが、吐き気が起こる薬は多いです。新しく薬を飲み始めた場合などは、担当の医師に相談してみてください。

若い女性

妊娠によるつわりの可能性があります。

怖い病気

くも膜下出血

ある時突然、激しい頭痛が起きます。同時に吐き気や嘔吐、意識が悪くなるといった症状もあらわれます。すぐに救急車を呼ぶ必要がある状態です。

脳出血

ある時突然、頭痛や手足のうごきにくさ、ろれつの回りにくさ、意識が悪くなるといった症状があらわれます。すぐに救急車を呼ぶ必要がある状態です。

受診の目安

頭が痛い
何回も嘔吐している
お腹の痛みが強い
吐くため、水分も摂れない

診療科

一般内科・総合診療科

頭、耳、お腹など様々な部位が吐き気、嘔吐の原因となります。一般内科で診断や、他の診療科の受診をするべきだという判断と紹介ができます。特に吐き気以外の症状がない場合や、胃腸炎・食中毒が考えられる場合は、一般内科の受診が適しています。

消化器内科

胃腸や、その他のお腹の病気を診断・治療することができます。お腹が痛い場合や、胃の辺りのむかつきがある場合は、消化器内科の受診が適しています。

耳鼻咽喉科

良性発作性頭位めまい症メニエール病突発性難聴など耳の病気の診断・治療ができます。めまいに加えて、耳鳴りや難聴の症状があらわれた場合は、耳鼻咽喉科の受診が適しています。

脳神経外科

くも膜下出血脳出血脳腫瘍の診断と治療ができます。頭痛や手足のうごきにくさ、ろれつの回りにくさ、意識が悪くなるといった症状がある場合は、脳神経外科が適しています。

検査

血液検査

全身の炎症の度合い、脱水の程度、肝臓や膵臓の異常を調べることができます。

腹部レントゲン検査・CT検査

お腹の病気の診断の役に立ちます。腹部レントゲンで分かることは少ないですが、イレウスの診断には役に立ちます。

頭部CT・MRI検査

くも膜下出血脳出血脳腫瘍の診断の役に立ちます。

治療

病気に応じた治療が行われます。

吐き気に対して、吐き気止めの薬が使われます。飲み薬が一般的ですが、嘔吐がひどく飲めないような場合は点滴が行われます。

セルフケア

吐き気、嘔吐が強い場合は、無理して食事をしなくていいです。脱水にならないように、水分摂取は心がけてください。水分も摂取できないようなときは、病院で点滴をしてもらうのが良いでしょう。



関連するリンク

MEDLEYニュース新着記事