回答済みの条件

新生児(生後約1ヶ月未満) で 嘔吐 の原因となる病気一覧

追加の質問
あなたの性別は?


新生児(生後約1ヶ月未満) で 嘔吐 の原因となる病気一覧

  • 急性胃腸炎

    下痢・吐き気・腹痛などを起こす病気。食中毒やほかの患者からうつることが原因。抗生物質が効くのは一部の場合だけでほとんどは自然に治る
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
    感染症内科
    小児科
  • ノロウイルス感染症

    ノロウイルスが原因となって引き起こされる胃腸炎の一種。例年冬季に流行する
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
    感染症内科
  • ロタウイルス下痢症

    ロタウイルスによって引き起こされる胃腸炎で、冬に乳幼児の間で流行する
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
    感染症内科
    小児科
  • 黄色ブドウ球菌食中毒

    黄色ブドウ球菌という細菌が出す毒素によって発症する食中毒
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
    感染症内科
  • 急性虫垂炎

    一般的に盲腸と言われている病気。右の下腹部にある虫垂に細菌が感染した状態
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
  • 急性硬膜下血腫

    ケガなどが原因で、硬膜と脳の間のスペースで出血する病気。出血量が多くなり脳を圧迫すると、手足の動かしづらさや意識が悪いといった症状があらわれる
    頭・顔・口
    脳・脊髄(中枢神経)
    脳神経外科
    救急科
  • マロリーワイス症候群

    繰り返す激しい嘔吐のために食道に圧が加わり、食道と胃の中間付近の粘膜が破れて出血する病気
    胸(肺・心臓・その他)
    消化器内科
  • 急性腹膜炎(二次性腹膜炎)

    お腹の中の臓器を囲う腹膜や腹腔内のさまざまな臓器に炎症が及ぶ状態
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器外科(肝胆膵)
  • 新生児嘔吐

    生後1か月頃までにみられる、様々な先天性の病気によって嘔吐をきたす状態の総称
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    小児科
  • 肥厚性幽門狭窄症

    生後約2-3週の頃から胃の出口(幽門)の筋層が肥厚することにより、胃の出口が狭くなる病気
    胸(肺・心臓・その他)
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器外科(肝胆膵)
    小児科
    小児外科
  • 外傷性くも膜下出血

    頭のケガが原因で、脳を包んでいる「くも膜」の内側に出血が広がった状態
    頭・顔・口
    脳・脊髄(中枢神経)
    脳神経外科
    救急科
  • 腸重積

    腸管の肛門側に口側の腸管が入り込んで内腔を閉塞させ、もとに戻らなくなった状態
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
    小児科
    小児外科
  • 脳しんとう

    頭部へ大きな衝撃が加わることによって、意識消失や嘔吐、しびれなどの症状が一時的に起こる状態
    脳・脊髄(中枢神経)
    脳神経外科
    救急科
  • 新生児乳児消化管アレルギー

    新生児期、乳児期にミルク、母乳を開始した後、繰り返す嘔吐や血便を引き起こす病気
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    アレルギー・膠原病科
    小児科
  • 急性腎障害(急性腎不全)

    何らかの理由で腎臓の機能が急激に低下した状態。体の水分のバランスや、血液中の成分のバランスが保てなくなってしまう状態
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    腎臓内科
  • 胃拡張

    胃に内容物が停滞して胃の容積が拡大すること。大きくなった胃によって、嘔吐や腹痛などさまざまな症状が出現する
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
  • 外鼠径ヘルニア

    俗に「脱腸」と呼ばれる病気の一種で、内鼠径輪という筋肉と筋肉の間のすきまに、腸がはまり込んでしまうもの
    陰部・肛門
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器外科(肝胆膵)
    小児外科
  • 膀胱炎

    尿をためる膀胱の炎症。若い女性では毎年数%の人に起こる。原因は大腸菌が80%程度。軽症なら自然治癒する。市販薬に細菌を除く効果はない
    全身・その他
    陰部・肛門
    一般内科
    感染症内科
    泌尿器科
  • 貧血(総論)

    血液中で酸素を運ぶヘモグロビンが不足すること。酸欠によりふらつき、疲れやすさ、動悸を起こす。原因は出血、鉄やビタミンの不足、白血病、自己免疫疾患など
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    脳・脊髄(中枢神経)
    一般内科
    血液内科
  • 急性硬膜外血腫

    脳を覆う硬膜表面の血管から出血して、硬膜と頭蓋骨の間に血の溜まりが生じた状態。交通事故などによる強い衝撃で起こりやすい
    頭・顔・口
    脳・脊髄(中枢神経)
    リハビリテーション科
    脳神経外科
    救急科
  • 顔面けいれん

    顔の片側が突然ピクピクとけいれんする病気。主に顔の筋肉を動かす顔面神経に血管が触れることで起こる
    頭・顔・口
    脳神経外科
    耳鼻咽喉科
  • ヒルシュスプルング病

    先天的に腸の動きが生まれつき弱く、重い便秘や腸閉塞を起こす病気。
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器外科(肝胆膵)
    小児科
    小児外科
  • じんましん(蕁麻疹)

    皮膚が赤く腫れ、短時間で消える症状。原因はアレルギー、物理的刺激、発汗など。市販薬にもある抗ヒスタミン薬の飲み薬が有効。原因不明で長引く場合もある
    皮膚
    アレルギー・膠原病科
    皮膚科
  • 単純ヘルペス脳炎

    単純ヘルペスウイルスの感染によって引き起こされる脳炎
    全身・その他
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
    感染症内科
  • 汗疹(あせも)

    汗が皮膚に閉じこめられたことが原因で起こる、湿疹を伴った場合はかゆみが出現する
    皮膚
    皮膚科
  • 肝血管腫

    肝臓にできる良性の腫瘍。血管の組織の異常によりできる、血液が豊富に流れる腫瘍。基本的に治療は行わないでよい
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器外科(肝胆膵)
  • 急性咽頭炎

    のどに炎症が起きた状態。いわゆる「のどかぜ」の多くは、急性咽頭炎に含まれる
    全身・その他
    首・のど
    一般内科
    感染症内科
    耳鼻咽喉科
  • 単純黒子(ほくろ)

    いわゆる「ほくろ」のこと
    皮膚
    皮膚科
  • アレルギー性鼻炎

    鼻の粘膜でアレルギー反応が生じて、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどが起きる状態
    頭・顔・口
    首・のど
    皮膚
    一般内科
    アレルギー・膠原病科
    耳鼻咽喉科
  • 食道アカラシア

    食道から胃の入り口にかけての筋肉が不適切に締まってしまうことにより、食物や唾液の渋滞が起きて狭い部位より口側の食道が拡がってしまう病気
    胸(肺・心臓・その他)
    消化器内科
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器外科(肝胆膵)
    内視鏡科

「症状チェッカー」は医師による診断行為の代替ではありません。病気を診断する上では症状だけでなく普段の様子や診察結果が重要です。「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことに留意してご使用下さい。

嘔吐に対応した病院・クリニックを探す

何度も繰り返し吐いてしまう場合には、胃腸または三半規管の異常が多いです。三半規管からの吐き気はめまいと一緒に出てくるのが特徴です。胃腸からの吐き気は体内でウイルスが悪さをする胃腸炎が多く、特効薬がないため吐き気止めなどで様子を見ることになります。下痢がなく嘔吐だけが出続ける場合や、波がなく常にお腹が痛いままといった場合には、腸閉塞や虫垂炎などの可能性があります。

MEDLEYニュース新着記事