男性10代 で視力の低下の原因となる病気

追加の質問
以下の中で、他に当てはまる症状はありますか?
爪の変形
目の痛み
目の充血
目の色の変化
正常でない見え方
頭部の痛み

男性10代 で視力の低下の原因となる病気

  • 近視

    遠くを見る時に、ぼやけてしまう状態
    眼科
  • 細菌性結膜炎

    眼が細菌に感染することで、結膜に炎症が起きる病気のこと。抗生物質の目薬を用いて治療する
    感染症内科
    眼科
  • 角膜びらん

    眼の表面にある角膜が炎症によってダメージを受けて、一部損傷している状態。怪我やコンタクトレンズ、感染などが原因で起こる。
    眼科
  • VDT症候群(眼精疲労)

    コンピューターディスプレイなどで長時間作業することにより、眼精疲労やドライアイ、抑うつなどが起こった状態
    手足
    骨・関節
    眼科
    一般内科
    精神科・心療内科
  • 遠視

    眼のレンズの屈折力に異常のある状態。屈折力の異常が軽度であったり、目のレンズの調節力があると特に症状は目立たない
    眼科
  • 緊張型頭痛

    頭や後頭部から首にかけての筋肉が緊張していることによる頭痛
    頭・顔・口
    首・のど
    神経内科
    脳神経外科
    ペインクリニック
  • 顔面けいれん

    顔の片側が突然ピクピクとけいれんする病気。主に顔の筋肉を動かす顔面神経に血管が触れることで起こる
    頭・顔・口
    脳神経外科
    耳鼻咽喉科
  • 汗疹(あせも)

    汗を原因とする皮疹のことで、湿疹を伴った場合はかゆみが出現する
    皮膚
    皮膚科
  • 機能性ディスペプシア

    胃もたれや胃のキリキリした痛みのような症状があるのにもかかわらず、内視鏡検査などの詳細な検査を行っても異常が見られない病気
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
  • 肝血管腫

    肝臓にできる良性の腫瘍。血管の組織の異常によりできる、血液が豊富に流れる腫瘍。基本的に治療は行わないでよい
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器外科(肝胆膵)
  • 急性咽頭炎

    のどに炎症が起きた状態。いわゆる「のどかぜ」の多くは、急性咽頭炎に含まれる
    全身・その他
    首・のど
    一般内科
    感染症内科
    耳鼻咽喉科
  • 口内炎

    ほほの内側や歯ぐきなど、口の中やその周辺の粘膜に起こるできものの総称。
    頭・顔・口
    一般内科
  • アレルギー性鼻炎

    鼻の粘膜でアレルギー反応が生じて、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどが起きる状態
    頭・顔・口
    首・のど
    皮膚
    一般内科
    アレルギー・膠原病科
    耳鼻咽喉科
  • 湿疹(皮膚炎)

    「かゆみや赤み」、「がさつき」、「ぶつぶつ」などを示す皮膚の異常
    皮膚
    皮膚科
  • 足関節捻挫

    足首をひねった際に、靭帯が伸びたり切れたりした状態
    手足
    骨・関節
    整形外科
  • 期外収縮

    本来の心拍リズムよりも、先走って起こる心臓の異常な収縮。不整脈の一種
    胸(肺・心臓・その他)
    一般内科
    循環器内科
  • 裂肛(切れ痔)

    排便時に肛門の出口付近の皮膚が切れることや裂けた状態。一般には切れ痔と呼ばれている
    陰部・肛門
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器内科
  • 胼胝腫

    皮膚の角質の増殖が起こり、皮膚の表面が厚く固くなった状態。いわゆる「たこ」のこと
    皮膚
    皮膚科

「症状チェッカー」は医師による診断行為の代替ではありません。病気を診断する上では症状だけでなく普段の様子や診察結果が重要です。「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことに留意してご使用下さい。