女性50代 で[皮膚のかゆみ,皮膚の色の変化,お腹のはれ・むくみ]の原因となる病気

追加の質問
以下の中で、他に当てはまる症状はありますか?
目の色の変化
お腹の張り
意識がない・意識が消えかける
息切れ、呼吸困難
食欲不振
体重減少・やせた

女性50代 で[皮膚のかゆみ,皮膚の色の変化,お腹のはれ・むくみ]の原因となる病気

  • じんましん(蕁麻疹)

    皮膚が赤く腫れ、短時間で消える症状。原因はアレルギー、物理的刺激、発汗など。市販薬にもある抗ヒスタミン薬の飲み薬が有効。原因不明で長引く場合もある
    皮膚
    アレルギー・膠原病科
    皮膚科
  • 肝硬変

    肝臓の細胞の破壊と再生が繰り返されたことで、肝臓が線維化(肝細胞に炎症が繰り返される影響で組織が硬くなって機能を失うこと)している状態
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
  • 自己免疫性肝炎

    免疫の異常が原因で体内で作られた自己抗体(自分の体を攻撃する物質)によって、ゆっくりと肝臓の働きが障害されていく病気
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
  • 肝内胆管がん(胆管細胞がん)

    肝臓の内部を通っている胆管にできたがん。肝臓の外の胆管からできたがん(胆管がん)とは異なる
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
    腫瘍内科
    緩和ケア科
  • 汗疹(あせも)

    汗を原因とする皮疹のことで、湿疹を伴った場合はかゆみが出現する
    皮膚
    皮膚科
  • 湿疹(皮膚炎)

    「かゆみや赤み」、「がさつき」、「ぶつぶつ」などを示す皮膚の異常
    皮膚
    皮膚科
  • アナフィラキシー

    強いアレルギー反応により、窒息など命の危険が引き起こされた状態
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    アレルギー・膠原病科
    皮膚科
    救急科
  • 薬物アレルギー

    薬剤を使用したことが原因でアレルギーが起こった状態。薬疹やアナフィラキシーショックなどが含まれる
    全身・その他
    アレルギー・膠原病科
  • 稗粒腫

    皮膚の表面に、小さな白い老廃物の粒ができる病気
    皮膚
    皮膚科
  • 自己免疫性溶血性貧血

    自分の赤血球を攻撃する抗体ができることにより、赤血球が破壊されて貧血が起こる病気
    血液・血管
    血液内科
  • 毛のう炎(毛包炎)

    毛穴の根元に細菌が感染した状態。カミソリ負けやアトピー性皮膚炎など、皮膚のバリア機能がダメージを受けたときに起こりやすい
    皮膚
    皮膚科
  • 接触皮膚炎(かぶれ)

    刺激物やアレルゲンによって引き起こされる皮膚の炎症の総称。いわゆる「かぶれ」のこと
    皮膚
    皮膚科
  • 尋常性白斑

    生まれた後に皮膚の色が抜け、皮膚が部分的に白くなる病気。明らかな原因は分かっていないが、外見の問題以外の症状はない
    皮膚
    皮膚科
  • 皮膚掻痒症

    明らかな皮膚病変がないにもかかわらず、かゆみがでる病気
    皮膚
    皮膚科
  • 疥癬

    疥癬虫(ヒゼンダニ)が皮膚の表面に寄生して生じる感染症
    皮膚
    感染症内科
    皮膚科
  • 敗血症

    病原体が血液中に入り込んで全身に広がった重篤な状態
    全身・その他
    血液・血管
    感染症内科
    救急科
  • アルコール性肝障害

    大量のアルコール摂取を続けることにより、肝臓の機能が低下した状態
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
  • 腸閉塞(イレウス)

    腸の中の食べ物の流れが途中で詰まってしまう病気。腸がねじれたり、動きが鈍かったり、大腸がんなどが原因で起こる
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器外科(肝胆膵)
    救急科
  • 癤、癰

    毛包(毛根の周囲)が細菌に感染して、皮膚の中で膿が溜まって炎症を起こしている状態
    皮膚
    感染症内科
    皮膚科
  • 急性腎障害(急性腎不全)

    何らかの理由で腎臓の機能が急激に低下した状態。体の水分のバランスや、血液中の成分のバランスが保てなくなってしまう状態
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    腎臓内科

「症状チェッカー」は医師による診断行為の代替ではありません。病気を診断する上では症状だけでなく普段の様子や診察結果が重要です。「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことに留意してご使用下さい。