回答済みの条件

選択した条件

症状がある


男性 60代 で睡眠の変化(不眠症など)の原因となる病気一覧

追加の質問   具体的にどのような悩みがありますか?

選択した条件

症状がある


男性 60代 で睡眠の変化(不眠症など)の原因となる病気一覧


  • 睡眠障害

    睡眠に何らかの問題がある状態。寝付くことができない、途中で目が覚める、熟眠感がない、など様々なパターンがある
    全身・その他
    こころ
    精神科・心療内科
  • 睡眠相後退症候群

    深夜にならないと寝付く事が出来ず、朝に起きる事が難しくなる病気
    こころ
    精神科・心療内科
  • うつ病

    抑うつ気分、意欲低下、希死念慮などが持続する状態。ストレスだけでなく喜ばしいことがきっかけになることもある。治療は薬や認知行動療法など。併せて再発防止も行う
    こころ
    精神科・心療内科
  • 睡眠時無呼吸症候群

    睡眠中にひどい「いびき」をかき、一時的に呼吸が止まってしまう病気。
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    一般内科
    呼吸器内科
    循環器内科
    神経内科
    脳神経外科
  • 統合失調症

    幻覚・妄想・まとまりのない言葉や行動などを特徴とする病気。若い人に多く、全人口の1%近くが経験する。薬で治療して社会復帰できる場合も多い
    こころ
    精神科・心療内科
  • 自律神経失調症

    自律神経のバランスが崩れた際に起こる症状の総称。めまいや耳鳴り、頭痛など様々な症状が出現する
    全身・その他
    脳・脊髄(中枢神経)
    一般内科
    神経内科
    精神科・心療内科
  • 急性アルコール中毒

    アルコールを一度に多く摂取しすぎることで、嘔吐や意識障害などの症状が出現する状態。死に至ることもある
    全身・その他
    救急科
  • 急性ストレス反応

    強い身体的、精神的ストレスに反応して起こる一過性の精神障害。通常数時間から数日で収まる
    こころ
    精神科・心療内科
  • 双極性障害(躁うつ病)

    躁うつ病とは、うつ病に加えて、躁病の症状もある状態。
    こころ
    精神科・心療内科
  • 適応障害

    重大な生活の変化などストレスがかかる生活上の出来事に反応して、抑うつ気分、不安、心配などの多様な精神症状が出現するもの
    こころ
    精神科・心療内科
  • せん妄

    意識障害の一種で、程度の差はあるが一時的な混乱状態におちいってしまった状態。高齢者に起こりやすい
    こころ
    精神科・心療内科
  • むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)

    じっとしているときの足の異常な感覚が極めてわずらわしく感じられ、脚を動かさずにはいられなくなる病気
    手足
    一般内科
    神経内科
    精神科・心療内科
  • アルコール依存症

    アルコール(お酒)を飲まないではいられない状態
    こころ
    精神科・心療内科
  • 顎関節症

    口を開くときに音が鳴ったり、顎に痛みがあって口が開きにくくなる状態
    頭・顔・口
    口腔外科
  • レム睡眠行動障害

    レム睡眠という睡眠の状態にある間に夢の中のような行動をとってしまうこと
    脳・脊髄(中枢神経)
    こころ
    神経内科
    精神科・心療内科
  • 心的外傷後ストレス障害(PTSD)

    とても怖い思いをした記憶が心の傷となり、 そのことが何度も思い出されて、恐怖を感じ続ける病気
    こころ
    精神科・心療内科
  • パニック障害

    突然のパニック発作を起こし、生活に支障が起こる状態。不安障害の中の一つ
    こころ
    一般内科
    精神科・心療内科
  • てんかん

    脳の細胞が一時的に異常な活動をすることで、さまざまな発作を起こす病気
    全身・その他
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
    脳神経外科
  • アルツハイマー病

    認知症を引き起こす原因として最も多い病気。記憶や思考能力がゆっくりと障害されていく
    全身・その他
    頭・顔・口
    脳・脊髄(中枢神経)
    一般内科
    神経内科
    脳神経外科
  • バセドウ病(甲状腺機能亢進症)

    若い女性に多く、甲状腺から過剰に甲状腺ホルモンが分泌される病気。症状は汗、動悸、手の震え、体重減少、下痢が多く、眼球突出は3割ほどの人に起こる
    首・のど
    胸(肺・心臓・その他)
    代謝・内分泌内科

「症状チェッカー」は医師による診断行為の代替ではありません。病気を診断する上では症状だけでなく普段の様子や診察結果が重要です。「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことに留意してご使用下さい。

睡眠の変化(不眠症など)に対応した病院・クリニックを探す

不眠は「寝付けない」「途中で目覚める」「熟睡感がなく、日中眠い」などのパターンに分類して対策することが大切です。いびきや無呼吸は大事な観察ポイントです。睡眠時無呼吸症候群や心不全、気管支喘息、うつ病などが原因で不眠になることがあります。病気が原因でない場合、睡眠薬を始める前に、夜スマホやパソコンの画面をなるべく見ない、夕方以降は仮眠をとらない、適度な運動をするなどの生活習慣を見なおしましょう。



MEDLEYニュース新着記事