男性乳児(1歳未満) で意識がない・意識が消えかけるの原因となる病気

問診
[意識がない・意識が消えかける]について詳しく教えてください。今でも意識の変化が続いていますか?

男性乳児(1歳未満) で意識がない・意識が消えかけるの原因となる病気

  • 起立性低血圧症

    座っていたり寝ている状態から立ち上がった時に、血圧が急に下がりめまいや失神を起こす状態。糖尿病や脱水などが原因となる
    全身・その他
    血液・血管
    一般内科
    リハビリテーション科
    循環器内科
  • 慢性硬膜下血腫

    硬膜下(硬膜と脳の間のスペース)で、時間をかけてじわじわと出血して、血が溜まる病気
    頭・顔・口
    脳・脊髄(中枢神経)
    脳神経外科
    救急科
  • てんかん

    脳の細胞が一時的に異常な活動をすることで、さまざまな発作を起こす病気
    全身・その他
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
    脳神経外科
  • 熱性けいれん

    主に生後6ヶ月から6歳頃までの乳幼児が、発熱時(38℃以上)におこす「ひきつけ」のこと
    全身・その他
    救急科
    小児科
  • 急性腎障害(急性腎不全)

    何らかの理由で腎臓の機能が急激に低下した状態。体の水分のバランスや、血液中の成分のバランスが保てなくなってしまう状態
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    腎臓内科
  • 高齢者てんかん

    高齢者にみられる、てんかん発作の総称
    手足
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
  • 急性硬膜下血腫

    ケガなどが原因で、硬膜と脳の間のスペースで出血する病気。出血量が多くなり脳を圧迫すると、手足の動かしづらさや意識が悪いといった症状があらわれる
    頭・顔・口
    脳・脊髄(中枢神経)
    脳神経外科
    救急科
  • 低血糖

    血液中の糖分(ブドウ糖)が少なくなりすぎて、意識を失ったり、手足が動かしにくくなったりする状態
    全身・その他
    一般内科
    代謝・内分泌内科
  • 解離性障害、転換性障害

    自分が自分であるという感覚が失われた状態。従来ヒステリーと呼ばれたものや、ストレスや心的外傷とも関係する
    こころ
    精神科・心療内科
  • 点頭てんかん

    赤ちゃんに起こりやすく、結節性硬化症などの病気が原因で起こることが多いてんかん
    全身・その他
    神経内科
    小児科
  • 洞不全症候群

    心臓を動かすための電気信号がゆっくりになったり止まったりすることで、正しく心臓が脈打てなくなってしまう状態
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    循環器内科
  • 高血圧緊急症

    血圧が発作的に非常に高くなり、さまざまな症状や重篤な障害が起こりうる病態
    全身・その他
    一般内科
    循環器内科
    救急科
  • 水頭症

    脳の内部の空間である脳室に過剰な脳脊髄液が溜まって、脳室が拡がった状態
    頭・顔・口
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
    脳神経外科
  • 腎不全(総論)

    腎臓の障害によって、血液から老廃物を取り除く機能が悪化した状態を指す言葉。急性腎障害と慢性腎臓病に大きく分かれる
    全身・その他
    背中・腰・腎臓・膵臓・その他
    腎臓内科
    泌尿器科
  • 糖尿病ケトアシドーシス

    インスリン不足により、高血糖をはじめとした検査値の異常と、意識障害のでるような状態
    全身・その他
    代謝・内分泌内科
    救急科
  • 高血糖高浸透圧症候群

    糖尿病患者がインスリン不足により、高度の高血糖と脱水状態となり、ぐったりする危険な状態
    全身・その他
    代謝・内分泌内科
    救急科
  • 椎骨脳底動脈循環不全

    首の後ろ側を通って脳に血流を送る椎骨動脈が細くなり、脳に十分な血液が運ばれなくなることで様々な症状が生じる病気
    脳・脊髄(中枢神経)
    血液・血管
    神経内科
    脳神経外科
  • 前立腺肥大症

    前立腺肥大症は前立腺の良性腫瘍です。前立腺肥大により排尿障害などの症状をみとめることを前立腺肥大症といいます
    陰部・肛門
    泌尿器科
  • 男性型脱毛症(AGA)

    思春期以降に始まり、徐々に進行する脱毛。女性に起こることもある。
    頭・顔・口
    皮膚
    一般内科
    皮膚科

「症状チェッカー」は医師による診断行為の代替ではありません。病気を診断する上では症状だけでなく普段の様子や診察結果が重要です。「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことに留意してご使用下さい。