40代 で発熱の原因となる病気

追加の質問
あなたの性別は?

40代 で発熱の原因となる病気

  • 急性胃腸炎

    下痢・吐き気・腹痛などを起こす病気。食中毒やほかの患者からうつることが原因。抗生物質が効くのは一部の場合だけでほとんどは自然に治る
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
    感染症内科
    小児科
  • 急性胆のう炎

    胆のう内で細菌が感染を起こしたり周囲の炎症が胆のうに達したりすることなどによって、痛みや吐き気などの症状が起きる病気
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    一般内科
    消化器内科
  • 腎盂腎炎

    腎臓の内側の「腎盂」(尿が溜まる部分)が細菌に感染した状態。
    全身・その他
    背中・腰・腎臓・膵臓・その他
    一般内科
    感染症内科
    腎臓内科
    泌尿器科
  • 扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍

    のどに菌が感染することによる炎症。感染によって膿のかたまりが作られると、扁桃周囲膿瘍と呼ばれる状態になる
    首・のど
    感染症内科
    耳鼻咽喉科
  • 細菌性肺炎(総論)

    細菌感染が原因で起こる肺炎。様々な原因菌や分類があり、治療は抗菌薬(抗生物質)が用いられる。
    胸(肺・心臓・その他)
    一般内科
    呼吸器内科
    感染症内科
  • 痛風

    血液中の尿酸が結晶化し、急激な関節の痛みと炎症を起こすこと。症状は足の親指の付け根、足首、膝に出やすい
    骨・関節
    一般内科
    代謝・内分泌内科
    整形外科
  • 急性胆管炎

    胆管の中で細菌などが繁殖し、痛みや発熱、吐き気などの症状を引き起こす病気
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
    感染症内科
    消化器外科(食道・胃・大腸)
    消化器外科(肝胆膵)
    救急科
  • 誤嚥性肺炎

    食べ物を飲み込む際や、気づかないうちなどに、唾液や胃液、食物とともに細菌が気管に入り込むことで生じる肺の炎症
    胸(肺・心臓・その他)
    一般内科
    呼吸器内科
  • ノロウイルス感染症

    ノロウイルスが原因となって引き起こされる胃腸炎の一種。例年冬季に流行する
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
    感染症内科
  • 急性咽頭炎

    のどに炎症が起きた状態。いわゆる「のどかぜ」の多くは、急性咽頭炎に含まれる
    全身・その他
    首・のど
    一般内科
    感染症内科
    耳鼻咽喉科
  • 胸膜炎

    肺を覆う膜(胸膜)に炎症が起きた状態の総称。原因は感染症、がん、膠原病など様々である
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    感染症内科
    呼吸器内科
  • 化膿性関節炎

    関節が細菌に感染し、炎症を起こした状態
    全身・その他
    骨・関節
    感染症内科
    整形外科
  • ウイルス性髄膜炎

    ウイルス感染が脳と脊髄を包む髄膜という膜に広がり炎症を起こす病気
    全身・その他
    首・のど
    脳・脊髄(中枢神経)
    神経内科
    感染症内科
  • 尿膜管遺残症

    尿膜管(胎児のころに膀胱と母体をつないでいる管)が、生後も閉じずに残っている状態。菌が感染する原因となる
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    泌尿器科
  • B型肝炎

    B型肝炎ウイルス(HBV)の感染によって起こる肝臓の炎症
    全身・その他
    お腹(胃腸・肝臓・子宮・その他)
    消化器内科
    感染症内科
  • ひょうそ(ひょう疽)

    爪の周りに細菌が感染し炎症を起こした状態。傷や巻爪が原因となることが多い
    皮膚
    皮膚科
  • 急性乳腺炎

    乳腺が何らかの理由で炎症を起こした状態。感染や乳汁がうっ滞することで起こる
    全身・その他
    胸(肺・心臓・その他)
    感染症内科
    産婦人科
  • 関節リウマチ

    免疫の異常により関節の腫れや痛みが起こる病気
    全身・その他
    骨・関節
    アレルギー・膠原病科
  • 急性副鼻腔炎

    細菌感染などが主な原因で生じる副鼻腔の急に起こる炎症
    感染症内科
    耳鼻咽喉科
  • 腰痛症

    さまざまな原因により、腰が痛くなる病気の総称
    背中・腰・腎臓・膵臓・その他
    整形外科

「症状チェッカー」は医師による診断行為の代替ではありません。病気を診断する上では症状だけでなく普段の様子や診察結果が重要です。「症状チェッカー」で表示された結果と真の診断との関連性は高くないことに留意してご使用下さい。