2015.12.10 | ニュース

食事前に飲むと血糖値があがりにくい飲み物は?

12人を対象に検証
from European journal of nutrition
食事前に飲むと血糖値があがりにくい飲み物は?の写真
(C) innervisionpro - Fotolia.com

血糖値を下げる食べ物、野菜や果物、魚介類が知られています。今回の研究では、ある飲み物に注目し、食事前または食事中にその飲み物を飲むと、血糖値がどのように変化するか検証しました。

◆5種類の方法を比較

研究グループは、12名の中国人男性を対象に、牛乳や豆乳を飲むタイミングによって、血糖値やインスリンの分泌量が変わるか検証しました。

 

牛乳や豆乳を飲むタイミングを、以下の5種類で比較しました。

  1. パンと水の摂取(コントロール)
  2. パンの摂取30分前の豆乳摂取
  3. パンの摂取30分前の低脂肪牛乳
  4. 豆乳とパンの同時摂取
  5. 低脂肪牛乳とパンの同時摂取

 

◆食事前に牛乳か豆乳を飲むと血糖値が上がりにくい

研究の結果、以下が示されました。

食事前(パンを食べる30分前)の摂取により、一緒に食べた時と比べて、食後血糖とインスリン血症は有意に低下した。

この結果は、食事の30分前に牛乳か豆乳を飲むと、一緒に飲んだときと比べて、食後の血糖値と血中のインスリン濃度が低かったことを示しています。

 

血糖値の急な上昇や高インスリン血症は、肥満の一因にもなり得ます。この研究のみでは、結果が全ての人に当てはまるとは言い切れませんが、生活に取り入れやすい健康管理法の一つとして頭の隅に入れておいても良いかもしれません。

執筆者

NK

参考文献

Impact of preloading either dairy or soy milk on postprandial glycemia, insulinemia and gastric emptying in healthy adults.

Eur J Nutr. 2015 Oct 6

[PMID: 26439722]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。