2015.11.27 | ニュース

乳房シリコン手術は、がんのリスクと関係する?

過去の32の研究を分析
from Annals of internal medicine
乳房シリコン手術は、がんのリスクと関係する? の写真
(C) stokkete - Fotolia.com

乳房にシリコンジェルを埋め込む手術は、アメリカの美容業界でも行われてきましたが、安全面への配慮からしばらくの間、注目されずにいました。今回の研究では、乳房シリコン手術とがんなどの病気の発症との関連性を検証しました。

◆乳房シリコン手術とがんの関連性を検証

乳房シリコン手術は、がんや外傷などにより失った乳房を再建したり、豊胸手術としても用いられることがあります。

今回の研究では、過去の32件の研究をまとめて、乳房シリコン手術とがんの発症との関連性を検証しました。

 

◆乳房シリコン手術は、乳がん、子宮体がんを減らし、肺がん、リウマチを増やす?

以下の結果が得られました。

原発性乳がん子宮体がんのリスク減少、肺がん関節リウマチシェーグレン症候群レイノー症候群のリスク増加と関連する可能性が認められた。

乳房シリコン手術を行った人では、乳がん子宮体がんを発症する危険性が低下していた一方で、肺がん関節リウマチなどを発症するリスクは増えるかもしれないという結果でした。

 

乳房シリコン手術と乳がん子宮体がんなどが関連しているメカニズムは不明です。その背景には何かしらの要因が関わっている可能性があるので、この結果だけで乳房シリコン手術に病気を防いだり病気を起こしたりする影響があるとは言えませんが、このような関連性があるかもしれないということは、今後検証の課題になるかもしれません。

執筆者

Shuhei Fujimoto

参考文献

Long-Term Health Outcomes in Women with Silicone Gel Breast Implants: A Systematic Review.

Ann Intern Med. 2015 Nov 10

[PMID: 26550776]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。


MEDLEYニュース新着記事