2015.11.18 | ニュース

ぎっくり腰は薬を複数飲んだ方が改善するか?

ランダム化比較試験により検証
from JAMA
ぎっくり腰は薬を複数飲んだ方が改善するか? の写真
(C) thodonal - Fotolia.com

急性腰痛(ぎっくり腰など)への治療薬として、鎮痛薬のナプロキセンやアセトアミノフェンといったものが単体やその組み合わせで処方されることがあります。今回の研究では、組み合わせによる効果がナプロキセン単体の効果を上回るか検証しました。

◆ナプロキセンに他の薬を組み合わせた方が効果あり?

今回の研究では、急性腰痛症の患者323人を以下の3群にランダムに分けました。

  • ナプロキセンとプラセボを処方する群
  • ナプロキセンとシクロペンザプリンを処方する群
  • ナプロキセンとオキシコドンとアセトアミノフェンを処方する群

ナプロキセンは1日2回、その他の薬は8時間ごとに飲むこととしました。

 

◆ナプロキセン単体でもその他の薬と組み合わせても効果は変わらず

以下の結果が得られました。

Roland-Morris Disability Questionnaireの改善における群間の差の平均は、シクロペンザプリンvsプラセボで0.3(98.3%信頼区間-2.6から3.2、p=.77)、オキシコドン/アセトアミノフェンvsプラセボで1.3(98.3%信頼区間-1.5から4.1、p=.28)、オキシコドン/アセトアミノフェンvsシクロペンザプリンで0.9(98.3%信頼区間-2.1から3.9、p=.45)であった。

ナプロキセン単体でも、その他の薬と組み合わせても、腰痛に対する効果に差があるとは言えないという結果でした。

 

ナプロキセンで急性腰痛症を治療している人は、ここに挙がった薬を一緒に使っても、必ずしも効果が強くなるとは期待できないのかもしれません。

執筆者

Shuhei Fujimoto

参考文献

Naproxen With Cyclobenzaprine, Oxycodone/Acetaminophen, or Placebo for Treating Acute Low Back Pain: A Randomized Clinical Trial.

JAMA. 2015 Oct 20

[PMID: 26501533]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

関連記事 おすすめ 人気記事 薬について知る 病気について知る 病院を探す PR インタビュー記事

MEDLEYニュース新着記事