2015.11.12 | ニュース

妊娠中にビタミンCを飲むと何か良いことがあるか?

メタアナリシスにより検証
from The Cochrane database of systematic reviews
妊娠中にビタミンCを飲むと何か良いことがあるか?の写真
(C) Foton - Fotolia.com

妊娠中は貧血防止のために鉄分を補充するなど、栄養管理も重要と言われています。今回の研究では、過去の研究をまとめて、妊娠中のビタミンCにどのような効果があるか検証しました。

◆妊娠中にビタミンCを飲むと?

今回の研究では、過去の21の研究をまとめ、妊娠中にビタミンCのサプリメント(サプリ)を飲んだ効果を検証しました。ビタミンCは、マルチビタミンや鉄のサプリに含まれるものは除きました。

 

◆ビタミンCを飲んでも効果は限定的

偏りが少ないと思われる11の文献を検証した結果、ビタミンC単独または他のサプリと一緒に飲んだ場合、以下の点には統計的に効果が見られないことがわかりました。

常位胎盤早期剥離は減少する効果が見られました。副作用の可能性があることとして、腹痛が1件の文献で報告されていました。

 

妊娠中にビタミンCを飲んでも、常位胎盤早期剥離以外の点にメリットは確かめられませんでした。ビタミンCは極度に不足すると壊血病が起こるなど、人体にとって必要な栄養素ですが、多く摂るほど有益というものではありません。妊娠中の栄養管理では、こうした結果も参考にしつつ、ほかの栄養素とのバランスをよく考えるのが大事といえるのかもしれません。

執筆者

Shuhei Fujimoto

参考文献

Vitamin C supplementation in pregnancy.

Cochrane Database Syst Rev. 2015 Sep 29

[PMID: 26415762]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。