2015.11.06 | ニュース

睡眠時血圧が糖尿病の発症を予測する?

スペインの研究チームが2,656人を分析
from Diabetologia
睡眠時血圧が糖尿病の発症を予測する? の写真
(C) Kimberly Reinick - Fotolia.com

通常、寝る前や寝ている最中は血圧が低くなることが知られています。寝ている間も血圧が高いままであることは、病的な状態の可能性があります。今回の研究では、起きている時と寝ている時の血圧が糖尿病の発症と関連があるか検証しました。

◆睡眠時血圧と糖尿病発症の関連性を検証

今回の研究は、糖尿病発症していない2,656人を対象に血圧を測定し、その後の追跡調査で糖尿病の発症と関連性が見られるか検証しました。血圧は、48時間の血圧モニターにより覚醒時と睡眠時の最高血圧を測定しました。

 

◆睡眠時の血圧は糖尿病発症を予測する

以下の結果が得られました。

睡眠時の収縮期血圧の平均値は、糖尿病の新規発症の最も有意な予測因子であったが、覚醒時収縮期血圧は予測因子にはならなかった(1標準偏差上がるごとに、睡眠時の収縮期血圧ではハザード比1.28、95%信頼区間1.10-1.45、p<0.001、[...])。

睡眠時の最高血圧は、その後の糖尿病の発症を予測することができるという結果でした。睡眠時の最高血圧が高い人ほど、糖尿病の発症が多い傾向が見られましたが、覚醒時の最高血圧ではこの関連は見られませんでした。

 

糖尿病の発症に、睡眠時の血圧が関連しているという研究でした。今回の研究では、睡眠時の血圧が高いことと糖尿病の発症がなぜ関連するかは不明ですが、生活習慣などの背景も影響しそうです。

執筆者

Shuhei Fujimoto

参考文献

Sleep-time BP: prognostic marker of type 2 diabetes and therapeutic target for prevention.

Diabetologia. 2015 Sep 23

[PMID: 26399403]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。

MEDLEYニュース新着記事