2015.10.06 | ニュース

花粉症と死亡率は関係がある?

日本の研究チームが8,796人を分析

from Clinical and experimental allergy : journal of the British Society for Allergy and Clinical Immunology

花粉症と死亡率は関係がある? の写真

アレルギーと死亡率との関連は過去に報告されています。今回の研究では、花粉症を患っている中年と高齢者の日本人を対象に、花粉症と死亡率の関係を検証しました。

◆花粉症と死亡率の関係を検証

1993年から続いている群馬県で行われた40歳から69歳を対象とした調査で、2000年時点での花粉症データと、2008年時点での死亡率の関連性を検証しました。

 

◆花粉症があると、死亡率は低くなる

以下の結果が得られました。

潜在的交絡因子で調整した後、花粉症有意データを分析して導かれた結果が、偶然ではなく「意味が有る」必然的な値であると推測できることにすべての原因の死亡率(ハザード比0.57、95%信頼区間0.38-0.87)と腫瘍細胞が増殖してできるこぶのようなもの。あまり悪さをしない良性腫瘍と、体に強い害を与えることの多い悪性腫瘍に分類されるによる死亡率(ハザード比0.48、95%信頼区間0.26-0.92)の低下と関連していた。

花粉症を患っている人は、すべての原因による死亡率が低いという結果でした。

筆者らは、「アレルギー免疫反応によって、体が過剰な防御反応を起こして悪影響が生じてしまう状態障害(花粉症)を持っている高齢者では、免疫病原体に対する体の防御システム。何かのきっかけで、免疫が過剰反応している状態がアレルギーで、免疫が自分自身の体を攻撃してしまうのが自己免疫疾患機能がより活発であり、ある種の原因による死亡を防ぐのかもしれない」と述べています。

 

花粉症と死亡率の関係について、メカニズムは不明です。何かしらの生活習慣が関わっている可能性や、花粉症以外のアレルギーを持っていて、そのアレルゲンアレルギー反応を起こす原因になる物質のこと。代表的なものは、ダニ、ハウスダスト、花粉、そば、卵、金属などが死亡率と関係している可能性もあります。どのようなことが理由で、花粉症があると死亡率が低いのか、今後の検証に期待します。

執筆者

Shuhei Fujimoto


参考文献

Pollinosis and all-cause mortality among middle-aged and elderly Japanese: a population-based cohort study.

Clin Exp Allergy. 2015 Sep 14

[PMID: 26366720]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。 [執筆者一覧]