2015.08.28 | ニュース

ALSと食事に関係はあるのか?BMI、脂質の違い

オランダ、患者674人の調査から
from JAMA neurology
ALSと食事に関係はあるのか?BMI、脂質の違いの写真
(C) pathdoc - Fotolia.com

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の原因ははっきりわかっておらず、予防法は知られていません。食事やBMIとの関連があるかどうかを調べるため、ALS患者の発病前と、ALSではない人を比較する研究が行われました。

◆患者674人、対照2,093人を比較

研究班は、オランダのALS患者674人と、ALSではない人(対照)の2,093人から食事内容199項目の聞き取り調査を行い、ALSが発病する前の食事、BMI(体重÷身長の2乗)に違いがあるかどうかを調べました。

 

◆カロリーは多いがBMIは小さい

調査データの統計解析から次の結果が得られました。

前症候期の総エネルギー摂取量は、対照に比べてALS患者で有意に高く(平均2,258、標準偏差730 vs 平均2,119、標準偏差619 kcal/日、P<0.01)、前症候期のBMI(体重/身長の2乗、kg/m2)はALS患者で有意に低かった(平均25.7、標準偏差4.0 vs 平均26.0、標準偏差3.7、P=0.02)。オッズ比として報告された値については、発病前の総脂肪摂取量(1.14、95%信頼区間1.07-1.23、P<0.001)、飽和脂肪酸摂取量(1.43、1.25-1.64、P<0.001)、トランス脂肪酸摂取量(1.03、1.01-1.05、P<0.001)、コレステロール摂取量(1.08、1.05-1.12、P<0.001)が多いことはALSのリスク減少と関連していた。

ALSの発病前は、対照と比べて摂取カロリーが多く、BMIが小さいことが見られました。また、食事から摂取する脂質、なかでも飽和脂肪酸、トランス脂肪酸、コレステロールが多かった人は、その後ALSが発病することが少なくなっていました。

 

これらの特徴に、ALSとの因果関係があるかどうかはわかりませんが、共通の原因などによって説明できれば、ALSが発病するしくみを解明する助けになるかもしれません。

執筆者

大脇 幸志郎

参考文献

Effect of Presymptomatic Body Mass Index and Consumption of Fat and Alcohol on Amyotrophic Lateral Sclerosis.

JAMA Neurol. 2015 Aug 17 [Epub ahead of print]

[PMID: 26280944]

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。