2015.06.18 | ニュース

てんかんの成人患者5人に1人にADHDの症状がある

2つの病気に関連性が有るのか?
from Epilepsia
てんかんの成人患者5人に1人にADHDの症状があるの写真
(C) Sangoiri - Fotolia.com

てんかんは、けいれん発作などに代表される症状を特徴とし、100人に1人が持っていると言われる、非常に多い脳の病気です。ADHDといえば、不注意、多動性、衝動性などの症状に代表される発達障害です。それぞれ全く違う症状を呈する2つの病気ですが、今回の研究では、てんかんを持つ大人の5人に1人がADHD症状を持つこと、ならびにADHD症状の有無がてんかんの症状、生活の質に相関するという結果が出ています。

◆てんかんとADHD

てんかんは、全身けいれんをおこしたり、突然意識を失ったり、その場に倒れたりといった症状をきたす病気で、幼少期から老年期まで幅広い年齢層の人に起こります。原因は、脳の神経細胞が異常な活動をしてしまうことと言われています。一方で、ADHD注意欠如・多動性障害)とは、幼少期の子供に多く、小学校の授業中に立ち歩く、一つのものに集中できない、順番が待てない、突然道路に飛び出すなどの症状をきたす病気で、詳しい原因はわかっていません。大人にもADHDの症状が出ることがあります。

このように、症状としては全く異なる2つの病気ですが、片方の病気を持つ人の中に、もう片方の病気を持つ人が多いということは以前から指摘されていました。今回の研究はそれをきちんと証明して2つの病気の関連性を示すことを目標に計画されました。

 

◆1,361人の成人てんかん患者を調査

筆者らは1,361人の成人てんかん患者に対して、ADHD症状や不安障害、うつ状態、抗けいれん薬の数や種類、生活の質などの項目のアンケートを行い、データを解析しています。

 

◆18.4%にADHD症状あり

結果としては、まず初めに、1,361人中、18.4%に当たる251人がADHD症状があると分類されました。さらに、ADHD症状がある人では、ADHD症状がない人と比べて、うつや不安障害の程度が強く、てんかん発作の頻度が高く、使用している抗けいれん薬の量も多いという結果が得られました。他にも、ADHD症状がある人では、生活の質が低く、物理的機能、社会的機能が低く、家族との不具合や社会との不具合、仕事関連の不具合が多いといった様々な傾向がみられました。

以上をまとめると、てんかん患者においてADHD症状を持つ人は多く、ADHD症状がある人の精神症状の程度は強く、生活の質が低いという結果となりました。

 

今回は、アンケートを元にした自己回答型の横断研究ですので、てんかんADHDのどちらが原因でどちらが結果かを区別できないなど、解釈には注意が必要ですが、2つの病気に関連がある可能性が示唆されました。こういった研究の良いところは、片方の病気に効く薬がもう片方の病気に効くのではないか、という幅広い仮説を産み出せることや、2つの疾患のメカニズムのさらなる解明につながる可能性があることです。今後の研究に期待しましょう。

執筆者

石田 渉

参考文献

Attention-deficit/hyperactivity disorder symptoms in adults with self-reported epilepsy: Results from a national epidemiologic survey of epilepsy.

Epilepsia. 2015 Feb

[PMID: 25594106] http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25594106

※本ページの記事は、医療・医学に関する理解・知識を深めるためのものであり、特定の治療法・医学的見解を支持・推奨するものではありません。