アヘンチンキ - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
アヘンチンキ

アヘンチンキの基本情報

アヘンチンキの概要

商品名 アヘンチンキ
一般名 アヘンチンキ
薬価・規格 198.1円 (10%1mL)
薬の形状
内用薬 > 液剤 > 液
内用薬 > 液剤 > 液のアイコン
製造会社 武田薬品
YJコード 8113001S1037
レセプト電算コード 618110002
添付文書PDFファイル

アヘンチンキの主な効果と作用

  • 咳を起こさせる脳の中枢の興奮をおさえ、咳をしずめる働きがあります。
  • 激しい下痢症状を改善するお薬です。
  • 激しい咳をおさえるお薬です。
  • 中枢神経に働いて、痛みをやわらげる働きがあります。
  • 激しい痛みをおさえるお薬です。
  • 腸の運動をおさえ、腸における水分・電解質の分泌をおさえ、吸収を促す働きがあります。

アヘンチンキの用途

  • 激しい下痢症状の改善
  • 激しい咳嗽発作の鎮咳
  • 激しい疼痛時の鎮痙
  • 激しい疼痛時の鎮静
  • 激しい疼痛時の鎮痛
  • 手術後の腸管蠕動運動の抑制

アヘンチンキの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

不整脈、血圧変動、顔面潮紅、眠気、眩暈、不穏、興奮、視調節障害、便秘、口渇、過敏症

起こる可能性のある重大な副作用

薬物依存、あくび、くしゃみ、流涙、発汗、悪心、嘔吐、下痢、腹痛、散瞳、頭痛、不眠、不安、譫妄、振戦、全身筋肉痛、全身関節痛、呼吸促迫、退薬症候、呼吸抑制、息切れ、呼吸緩慢、不規則呼吸、呼吸異常、錯乱、無気肺、気管支痙攣、喉頭浮腫、麻痺性イレウス、中毒性巨大結腸

上記以外の副作用

発疹、そう痒感、排尿障害、頭蓋内圧亢進

アヘンチンキの用法・用量

  • 1回0.5mL、1日1.5mLを経口投与する
    • なお、年齢、症状により適宜増減する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

アヘンチンキの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 過敏症
    • 気管支喘息発作中
    • 急性アルコール中毒
    • 痙攣状態
    • 重篤な肝障害
    • 重篤な呼吸抑制
    • ストリキニーネ中毒
    • てんかん重積症
    • 破傷風
    • 出血性大腸炎
    • 慢性肺疾患に続発する心不全
    • 重篤な細菌性下痢
    • シアナミド投与中
    • ジスルフィラム投与中
    • カルモフール投与中
    • プロカルバジン塩酸塩投与中
    • ナルメフェン塩酸塩水和物投与中
    • ナルメフェン塩酸塩水和物投与中止後1週間以内
    • 細菌性下痢
    • アジソン病
    • 肝機能障害
    • 器質的幽門狭窄
    • 痙攣
    • 甲状腺機能低下症
    • 呼吸機能障害
    • 尿道狭窄
    • ショック状態
    • 心機能障害
    • 腎機能障害
    • 前立腺肥大による排尿障害
    • 代謝性アシドーシス
    • 胆石
    • 胆嚢障害
    • 粘液水腫
    • 脳器質的障害
    • 尿路手術術後
    • 副腎皮質機能低下症
    • 最近消化管手術を行った
    • 重篤な炎症性腸疾患
    • 麻痺性イレウス
    • 薬物依存
    • ジドブジン投与中
    • アジドチミジン投与中

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

アヘンチンキの注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
ジスルフィラム アルコール反応、顔面潮紅、血圧降下、悪心、頻脈、眩暈、呼吸困難、視力低下
シアナミド アルコール反応、顔面潮紅、血圧降下、悪心、頻脈、眩暈、呼吸困難、視力低下
カルモフール アルコール反応、顔面潮紅、血圧降下、悪心、頻脈、眩暈、呼吸困難、視力低下
プロカルバジン塩酸塩 アルコール反応、顔面潮紅、血圧降下、悪心、頻脈、眩暈、呼吸困難、視力低下
ナルメフェン塩酸塩水和物 本剤の離脱症状、本剤の効果が減弱
中枢抑制剤 呼吸抑制、低血圧、顕著な鎮静、昏睡
フェノチアジン系薬剤 呼吸抑制、低血圧、顕著な鎮静、昏睡
バルビツール酸誘導体 呼吸抑制、低血圧、顕著な鎮静、昏睡
吸入麻酔剤 呼吸抑制、低血圧、顕著な鎮静、昏睡
モノアミン酸化酵素阻害剤 呼吸抑制、低血圧、顕著な鎮静、昏睡
三環系抗うつ剤 呼吸抑制、低血圧、顕著な鎮静、昏睡
β-遮断剤 呼吸抑制、低血圧、顕著な鎮静、昏睡
エタノール摂取 呼吸抑制、低血圧、顕著な鎮静、昏睡
クマリン系抗凝血剤 作用が増強
抗コリン作用を有する薬剤 麻痺性イレウスに至る重篤な便秘、尿貯留
ジドブジン製剤 クリアランスが低下
ブプレノルフィン 本剤の作用に拮抗
N-メチルテトラゾールチオメチル基を有するセフェム系抗生物質 アルコール反応<顔面潮紅・悪心・頻脈・多汗・頭痛等>
塩酸セフメノキシム アルコール反応<顔面潮紅・悪心・頻脈・多汗・頭痛等>
セフォペラゾンナトリウム アルコール反応<顔面潮紅・悪心・頻脈・多汗・頭痛等>
セフブペラゾンナトリウム アルコール反応<顔面潮紅・悪心・頻脈・多汗・頭痛等>
セフミノクスナトリウム アルコール反応<顔面潮紅・悪心・頻脈・多汗・頭痛等>
セフメタゾールナトリウム アルコール反応<顔面潮紅・悪心・頻脈・多汗・頭痛等>
ラタモキセフナトリウム アルコール反応<顔面潮紅・悪心・頻脈・多汗・頭痛等>
メトロニダゾール アルコール反応<顔面潮紅・悪心・頻脈・多汗・頭痛等>

飲食物との組み合わせ注意

  • アルコールを含むもの<ジン、ウオッカ、ラム、ウイスキー、ブランデー など>

アヘンチンキと主成分が同じ薬

  • 内用薬 > 液剤 > 液のアイコン
    処方薬

    アヘンチンキ

    薬価 198.1円 (10%1mL)
    薬の形状 内用薬 > 液剤 > 液
    製造会社 武田薬品
主成分が同じ薬をすべて見る

アヘンチンキに関係する解説

オピオイド鎮痛薬(医療用麻薬製剤)

  • アヘンチンキは、オピオイド鎮痛薬(医療用麻薬製剤)に分類される。
  • オピオイド鎮痛薬(医療用麻薬製剤)とは、鎮痛作用などに関与するオピオイド受容体に作用することでより強い鎮痛作用をあらわす薬。

オピオイド鎮痛薬(医療用麻薬製剤)の代表的な商品名

  • デュロテップMTパッチ、ワンデュロパッチ
  • フェントステープ
  • イーフェンバッカル錠、アブストラル舌下錠
  • オキシコンチン
  • オキノーム散
  • オキファスト注
  • MSコンチン錠
  • オプソ内服液
  • ナルサス錠
  • ナルラピド錠
オピオイド鎮痛薬(医療用麻薬製剤)についての詳しい解説を見る