ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ20mL「DK」 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ20mL「DK」
後発

ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ20mL「DK」の基本情報

ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ20mL「DK」の概要

商品名 ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ20mL「DK」
一般名 ガドペンテト酸メグルミンキット
薬価・規格 4119.0円 (37.14%20mL1筒)
薬の形状
注射薬 > キット類 > キット類
注射薬 > キット類 > キット類のアイコン
製造会社 大興製薬
ブランド ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ10mL「DK」 他
YJコード 7290405A9033
レセプト電算コード 620008191
添付文書PDFファイル

ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ20mL「DK」の主な効果と作用

  • MRI検査に用いるお薬です。

ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ20mL「DK」の用途

  • 磁気共鳴コンピューター断層撮影の躯幹部・四肢造影
  • 磁気共鳴コンピューター断層撮影の脳・脊髄造影

ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ20mL「DK」の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

浮腫、過敏症、蕁麻疹、発疹、そう痒感、顔面紅潮、潮紅、紅斑、動悸、血圧上昇、頻脈

起こる可能性のある重大な副作用

ショック、アナフィラキシー、血圧低下、呼吸困難、意識消失、咽頭浮腫、喉頭浮腫、顔面浮腫、呼吸停止、心停止、痙攣発作、腎性全身性線維症、Nephrogenic Systemic Fibrosis、NSF、皮膚そう痒、皮膚腫脹、皮膚硬化、関節硬直、筋力低下

上記以外の副作用

顔面蒼白、チアノーゼ、くしゃみ、喘息発作、嗄声、咳嗽、鼻閉、鼻汁、咽頭不快感、喉頭不快感、眩暈、頭痛、しびれ、振戦、発汗、嘔気、嘔吐、口渇、腹痛、下痢、口内異常感、唾液増加、AST上昇、ALT上昇、Al-P上昇、γ-GTP上昇、LDH上昇、ビリルビン上昇、結膜充血、流涙、眼痛、聴覚障害、嗅覚錯誤、味覚異常、注射部位反応、疼痛、発赤、熱感、発熱、倦怠感、疲労、脱力、悪寒、冷感、胸内苦悶感、四肢痛、関節痛、末梢性浮腫、尿失禁

ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ20mL「DK」の用法・用量

  • 本剤0.2mL/kgを静脈内注射する
  • 腎臓を対象とする場合は、0.1mL/kgを静脈内注射する
  • 腹部から下肢までを連続して血管撮影する場合は、0.4mL/kgを静脈内注射する
  • 脳・脊髄造影:対象;脳・脊髄、投与量;0.2mL/kg
  • 躯幹部・四肢造影:対象;腎臓、投与量;0.1mL/kg
  • 対象;腹部から下肢までの連続した血管撮影、投与量;0.4mL/kg
  • 対象;前記以外、投与量;0.2mL/kg
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ20mL「DK」の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 過敏症
    • 急性腎障害
    • 重篤な腎障害
    • eGFRが30mL/min/1.73㎡未満の慢性腎障害
    • 長期透析が行われている終末期腎障害
    • 一般状態の極度に悪い
    • 気管支喘息
    • 重篤な肝障害
    • アレルギー
    • アレルギー性鼻炎
    • 蕁麻疹
    • 発疹
    • 痙攣
    • 腎機能低下
    • 腎障害
    • てんかん
    • 薬物過敏症

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

ガドペンテト酸メグルミン静注液37.14%シリンジ20mL「DK」と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る