処方薬
アラグリオ内用剤1.5g
先発

アラグリオ内用剤1.5gの基本情報

アラグリオ内用剤1.5gの概要

商品名 アラグリオ内用剤1.5g
一般名 アミノレブリン酸塩酸塩
薬価・規格 90377.8円 (1.5g1瓶)
薬の形状
内用薬 > 散剤 > 末
内用薬 > 散剤 > 末のアイコン
製造会社 SBIファーマ
YJコード 7290007X1023
レセプト電算コード 622267101
添付文書PDFファイル

アラグリオ内用剤1.5gの主な効果と作用

  • 手術する部位を鮮明化する働きがあります。
  • 手術の補助に用いるお薬です。

アラグリオ内用剤1.5gの用途

アラグリオ内用剤1.5gの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

悪心、嘔吐、発熱、LDH増加、リンパ球数減少、血小板数減少、血尿、悪寒、貧血、脳浮腫、感覚鈍麻

起こる可能性のある重大な副作用

γ-GTP増加、肝機能障害、AST増加、ALT増加、Al-P増加

上記以外の副作用

片麻痺、失語症、痙攣、半盲、低血圧、血栓塞栓症、深部静脈血栓症、呼吸不全、下痢、光線過敏性反応、光線性皮膚症、紅斑、白血球数増加、血中ビリルビン増加、血中アミラーゼ増加

アラグリオ内用剤1.5gの用法・用量

  • アミノレブリン酸塩酸塩として20mg/kgを、手術時の麻酔導入前3時間(範囲:2~4時間)に、水に溶解して経口投与する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

アラグリオ内用剤1.5gの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 過敏症
    • ポルフィリン症
    • セイヨウオトギリソウ<セント・ジョーンズ・ワート>含有食品摂取中
    • 光線過敏症を起こすことが知られている薬剤投与中
    • 肝機能障害
    • 腎機能障害
    • 心血管系疾患

患者の属性に応じた注意喚起

アラグリオ内用剤1.5gの注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
光線過敏症を起こすことがある薬剤 光線過敏症
テトラサイクリン系抗生物質 光線過敏症
スルホンアミド系薬剤 光線過敏症
ニューキノロン系抗菌剤 光線過敏症
ヒペリシン 光線過敏症
セイヨウオトギリソウ抽出物 光線過敏症
バルビツール酸系全身麻酔剤 ポルフィリン合成が促進され肝障害
チオペンタール ポルフィリン合成が促進され肝障害

飲食物との組み合わせ注意

  • セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)を含むもの
  • 光線過敏症を起こすことがある食品<いちじく、セロリ、にんじん、からし、クロレラ食品 など>

アラグリオ内用剤1.5gと主成分が同じ薬

  • 内用薬 > 散剤 > 末のアイコン
    薬価 92051.5円 (1.5g1瓶)
    薬の形状 内用薬 > 散剤 > 末
    製造会社 ノーベルファーマ
    先発
  • 内用薬 > 散剤 > 末のアイコン
    薬価 90377.8円 (1.5g1瓶)
    薬の形状 内用薬 > 散剤 > 末
    製造会社 SBIファーマ
    先発
主成分が同じ薬をすべて見る