処方薬
ピロニック錠100mg
先発

ピロニック錠100mgの基本情報

ピロニック錠100mgの概要

商品名 ピロニック錠100mg
一般名 尿素(13C)錠
薬価・規格 2301.6円 (100mg1錠)
薬の形状
内用薬 > 錠剤 > 錠
内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
製造会社 大日本住友製薬
YJコード 7290005F1029
レセプト電算コード 610462013
識別コード P661
添付文書PDFファイル

ピロニック錠100mgの主な効果と作用

  • ヘリコバクター・ピロリ菌の感染を診断するお薬です。

ピロニック錠100mgの用途

  • ヘリコバクター・ピロリの感染の診断

ピロニック錠100mgの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

白血球増多、AST上昇、ALT上昇、Al-P上昇、γ-GTP上昇、尿蛋白、尿潜血、血尿、総コレステロール上昇

ピロニック錠100mgの用法・用量

  • 尿素(13C)として100mgを空腹時に1回経口投与する
  • [標準的な13C-尿素呼気試験法]1.本剤服用前に呼気を採取する
  • 2.本剤(1錠)を、水約50mLとともに空腹時に服用する
    • 但し、錠剤をつぶしたり、口腔内で噛み砕いたり、水に溶解したりせず、そのまま速やかに服用する
  • 3.服用後直ちに口腔内を水で2~3回うがいをして吐き出し、口腔内に残存する尿素(13C)を排除する
  • 4.水でうがいの後は左側臥位の姿勢を5分間保ち、その後は座位の姿勢を保つ
  • 5.本剤服用後所定の時間に呼気を採取する
  • 6.服用前と服用後の呼気中13CO2(13CO2/12CO2比)を測定し、その変化量(Δ13CO2‰)を算出し、判定する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ピロニック錠100mgの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

ピロニック錠100mgと主成分が同じ薬

  • 内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
    薬価 2737.7円 (100mg1錠)
    薬の形状 内用薬 > 錠剤 > 錠
    製造会社 大塚製薬
    先発
  • 内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
    薬価 2301.6円 (100mg1錠)
    薬の形状 内用薬 > 錠剤 > 錠
    製造会社 大日本住友製薬
    先発
主成分が同じ薬をすべて見る