ロタリックス内用液 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ロタリックス内用液

ロタリックス内用液の基本情報

ロタリックス内用液の概要

商品名 ロタリックス内用液
一般名 経口弱毒生ヒトロタウイルスワクチン
薬価・規格 - 円 (1.5mL1本)
薬の形状
内用薬 > 液剤 > 液
内用薬 > 液剤 > 液のアイコン
製造会社 GSK
YJコード 631300AS1020
識別コード RotarixgskGlaxoSmithKline
添付文書PDFファイル

ロタリックス内用液の主な効果と作用

  • ロタウイルスに対する免疫を獲得し、胃腸炎を予防する働きがあります。
  • ロタウイルスによる胃腸炎を予防するワクチンです。

ロタリックス内用液の用途

  • ロタウイルスによる胃腸炎の予防

ロタリックス内用液の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

易刺激性、発熱、下痢、食欲不振、嘔吐、血便排泄、咳嗽、鼻漏、鼓腸、腹痛、腸重積症

上記以外の副作用

胃腸炎、皮膚炎

ロタリックス内用液の用法・用量

  • 乳児に通常、4週間以上の間隔をおいて2回経口接種し、接種量は毎回1.5mLとする
  • (用法及び用量に関連する注意)7.1. 接種対象者・接種時期生後6週から初回接種を開始し、少なくとも4週間の間隔をおいて2回目の接種を完了し、遅くとも生後24週までには接種を完了させること(また、早期産児においても同様に接種することができる)
    • なお、初回接種は生後14週6日までに行うことが推奨されている
  • 7.2. 接種方法接種直後にワクチンの大半を吐き出した場合は、改めて本剤1.5mLを接種させることができる
  • 7.3. 同時接種医師が必要と認めた場合には、他のワクチンと同時に接種することができる〔14.1.1参照〕
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ロタリックス内用液の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 過敏症
    • 発熱
    • 予防接種を行うことが不適当な状態
    • 重篤な急性疾患
    • 腸重積症
    • メッケル憩室
    • 重症複合型免疫不全
    • 腸重積症発症を高める可能性のある未治療先天性消化管障害
    • SCID
    • 胃腸障害を有する乳児
    • 感染原因を問わない感染性胃腸炎を有する乳児
    • 重度胃腸疾患を有する乳児
    • 慢性胃腸疾患を有する乳児
    • 免疫機能に異常がある疾患
    • 先天性免疫不全症
    • 免疫抑制をきたす治療中
    • アレルギー
    • 嘔吐
    • 肝機能障害
    • 肝臓疾患
    • 血液疾患
    • 下痢
    • 腎機能障害
    • 心臓血管系疾患
    • 腎臓疾患
    • 発育障害
    • 全身性発疹
    • 予防接種で接種後2日以内に発熱
    • 重度急性発熱性疾患
    • けいれん

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

ロタリックス内用液と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る