処方薬
シンフロリックス水性懸濁筋注

シンフロリックス水性懸濁筋注の基本情報

シンフロリックス水性懸濁筋注の概要

商品名 シンフロリックス水性懸濁筋注
一般名 沈降10価肺炎球菌結合型ワクチン(無莢膜型インフルエンザ菌プロテインD、破傷風トキソイド、ジフテリアトキソイド結合体)
薬価・規格 - 円 (0.5mL1筒)
薬の形状
注射薬 > キット類 > キット類
注射薬 > キット類 > キット類のアイコン
製造会社 ジャパンワクチン
YJコード 631140GG1023
添付文書PDFファイル

シンフロリックス水性懸濁筋注の主な効果と作用

  • 肺炎などの感染症を予防するワクチンです。
  • 肺炎などの原因となる肺炎球菌に対する免疫を獲得し、肺炎などの感染症を予防する働きがあります。

シンフロリックス水性懸濁筋注の用途

  • 肺炎球菌侵襲性感染症の予防
  • 肺炎球菌肺炎の予防

シンフロリックス水性懸濁筋注の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

疼痛、発赤、腫脹、傾眠状態、発熱、易刺激性、食欲喪失、硬結、出血、アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎

起こる可能性のある重大な副作用

ショック、アナフィラキシー、アレルギー反応、痙攣、熱性痙攣、血小板減少性紫斑病、紫斑、鼻出血、口腔粘膜出血

上記以外の副作用

湿疹、そう痒感、血腫、嘔吐、異常号泣、発疹、過敏症、血管浮腫、小結節、下痢、悪心、筋緊張低下-反応性低下発作、頭痛、蕁麻疹、ワクチンを接種した肢の広汎性腫脹、ワクチンを接種した関節の広汎性腫脹、無呼吸

シンフロリックス水性懸濁筋注の用法・用量

  • 1.初回免疫:小児に、1回0.5mLずつを3回、いずれも27日間以上の間隔で筋肉内に注射する
  • 2.追加免疫:小児に、1回0.5mLを1回、筋肉内に注射する
    • 但し、3回目接種から4カ月間以上の間隔をおく
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

シンフロリックス水性懸濁筋注の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • アナフィラキシー
    • 発熱
    • 予防接種を行うことが不適当な状態
    • 重篤な急性疾患
    • 重篤な基礎疾患
    • 悪性腫瘍
    • アレルギー
    • 肝臓疾患
    • 凝固障害
    • 痙攣
    • 免疫不全
    • 血液疾患
    • 血小板減少症
    • 心臓血管系疾患
    • 腎臓疾患
    • ネフローゼ症候群
    • 発育障害
    • 全身性発疹
    • 免疫抑制状態
    • 鎌状赤血球症
    • HIV感染症
    • 免疫抑制療法
    • 生ワクチンの接種を受けた
    • 不活化ワクチンの接種を受けた
    • 抗凝固療法施行中
    • 先天性免疫不全症
    • 予防接種で接種後2日以内に発熱
    • 12カ月齢以上5歳未満の幼児<接種漏れ者>
    • 7カ月齢以上12カ月齢未満の乳児<接種漏れ者>
    • 脾臓機能不全

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。
    • 12カ月齢以上5歳未満の幼児<接種漏れ者>(1歳〜4歳)
    • 7カ月齢以上12カ月齢未満の乳児<接種漏れ者>(215日〜364日)
  • 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。
    • 12カ月齢以上5歳未満の幼児<接種漏れ者>(1歳〜4歳)
    • 7カ月齢以上12カ月齢未満の乳児<接種漏れ者>(215日〜364日)
  • 以下にあてはまる方は、
    • 在胎27週以上の早期産児
    • 7カ月齢以上12カ月齢未満の乳児<接種漏れ者>(215日〜364日)

シンフロリックス水性懸濁筋注と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る