フルコナゾール静注液200mg「F」 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
フルコナゾール静注液200mg「F」
後発

フルコナゾール静注液200mg「F」の基本情報

フルコナゾール静注液200mg「F」の概要

商品名 フルコナゾール静注液200mg「F」
一般名 フルコナゾール0.2%100mL注射液
薬価・規格 1798.0円 (0.2%100mL1袋)
薬の形状
注射薬 > 液剤 > 注射液
注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
製造会社 富士製薬
YJコード 6290401A5094
レセプト電算コード 621542201
添付文書PDFファイル

フルコナゾール静注液200mg「F」の主な効果と作用

  • 真菌(カビ)の発育をおさえ、殺す働きがあります。
  • 真菌(カビ)の感染が原因となる各種真菌感染症の治療や予防をするお薬です。

フルコナゾール静注液200mg「F」の用途

  • 呼吸器真菌
  • 消化管真菌症
  • 真菌血症
  • 真菌髄膜炎
  • 尿路真菌症
  • 造血幹細胞移植の深在性真菌症の予防

フルコナゾール静注液200mg「F」の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

浮腫、下痢、AST上昇、ALT上昇、Al-P上昇、LDH上昇、ビリルビン上昇、剥脱性皮膚炎、嘔気、食欲不振、嘔吐

起こる可能性のある重大な副作用

ショック、アナフィラキシー、血管浮腫、顔面浮腫、そう痒、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、薬剤性過敏症症候群、発疹、発熱、肝機能障害、リンパ節腫脹、白血球増加、好酸球増多、異型リンパ球出現、遅発性の重篤な過敏症状、ヒトヘルペスウイルス6再活性化、HHV-6再活性化、ウイルス再活性化、無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少、白血球減少、貧血、重篤な血液障害、急性腎障害、重篤な腎障害、肝障害、黄疸、肝炎、胆汁うっ滞性肝炎、肝壊死、肝不全、意識障害、錯乱、見当識障害、痙攣、神経障害、高カリウム血症、心室頻拍、QT延長、不整脈、Torsade de Pointes、心室細動、房室ブロック、徐脈、間質性肺炎、咳嗽、呼吸困難、肺音異常、捻髪音、偽膜性大腸炎、重篤な大腸炎、腹痛、頻回の下痢

上記以外の副作用

口渇、しゃっくり、腹部不快感、消化不良、鼓腸放屁、頭痛、手指のこわばり、眩暈、傾眠、振戦、BUN上昇、クレアチニン上昇、乏尿、代謝異常、低カリウム血症、高コレステロール血症、高トリグリセリド血症、高血糖、好中球減少、脱毛、倦怠感、熱感、血管痛、味覚倒錯、副腎機能不全

フルコナゾール静注液200mg「F」の用法・用量

  • 1.成人:1).カンジダ症:フルコナゾールとして50~100mgを1日1回静脈内に投与する
  • 2).クリプトコッカス症:フルコナゾールとして50~200mgを1日1回静脈内に投与する
    • なお、重症又は難治性真菌感染症の場合には、1日量として400mgまで増量できる
  • 3).造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防:フルコナゾールとして400mgを1日1回静脈内に投与する
  • 2.小児:1).カンジダ症:小児にはフルコナゾールとして3mg/kgを1日1回静脈内に投与する
  • 2).クリプトコッカス症:小児にはフルコナゾールとして3~6mg/kgを1日1回静脈内に投与する
    • なお、重症又は難治性真菌感染症の場合には、1日量として12mg/kgまで増量できる
  • 3).造血幹細胞移植患者における深在性真菌症の予防:小児には、フルコナゾールとして12mg/kgを1日1回静脈内に投与する
    • なお、患者の状態に応じて適宜減量する
    • 但し、1日量として400mgを超えない
  • 3.新生児:1).生後14日までの新生児には、フルコナゾールとして小児と同じ用量を72時間毎に投与する
  • 2).生後15日以降の新生児には、フルコナゾールとして小児と同じ用量を48時間毎に投与する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

フルコナゾール静注液200mg「F」の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 過敏症
    • ピモジド投与中
    • キニジン投与中
    • トリアゾラム投与中
    • アゼルニジピン投与中
    • ジヒドロエルゴタミン投与中
    • ブロナンセリン投与中
    • アスナプレビル投与中
    • エルゴタミン酒石酸塩・無水カフェイン・イソプロピルアンチピリン投与中
    • ダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル投与中
    • ロミタピド投与中
    • オルメサルタン メドキソミル・アゼルニジピン投与中
    • ルラシドン投与中
    • 肝障害
    • 心疾患
    • 腎障害
    • 電解質異常
    • 薬物過敏症
    • ワルファリン投与中

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

フルコナゾール静注液200mg「F」の注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
トリアゾラム 代謝遅滞による血中濃度の上昇・作用の増強及び作用時間延長
酒石酸エルゴタミン・無水カフェイン・イソプロピルアンチピリン 血中濃度が上昇し血管攣縮等の副作用
ジヒドロエルゴタミン 血中濃度が上昇し血管攣縮等の副作用
キニジン 血中濃度が上昇、QT延長、Torsade de Pointes
キニジン硫酸塩水和物 血中濃度が上昇、QT延長、Torsade de Pointes
ピモジド 血中濃度が上昇、QT延長、Torsade de Pointes
セレコキシブ 血中濃度が上昇
フルバスタチン 血中濃度が上昇
HMG-CoA還元酵素阻害剤 血中濃度が上昇
アトルバスタチン 血中濃度が上昇
シンバスタチン 血中濃度が上昇
リバーロキサバン 血中濃度が上昇
三酸化ヒ素 QT延長、心室頻拍<Torsade de Pointesを含む>
アスナプレビル 血中濃度が上昇することにより肝胆道系の副作用が発現しまた重症化
ダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル 血中濃度が上昇することにより肝胆道系の副作用が発現しまた重症化
アゼルニジピン イトラコナゾールとの併用によりアゼルニジピンのAUCが上昇
アゼルニジピン・オルメサルタン メドキソミル イトラコナゾールとの併用によりアゼルニジピンのAUCが上昇
ロミタピド 血中濃度が著しく上昇
ブロナンセリン 血中濃度が上昇し作用が増強
ルラシドン 血中濃度が上昇し作用が増強
ワルファリン プロトロンビン時間の延長、著しいINR上昇、出血傾向<挫傷・鼻出血・消化管出血・血尿・下血等>
フェニトイン 血中濃度上昇
イブプロフェン 血中濃度上昇
フルルビプロフェン 血中濃度上昇
ロサルタン 血中濃度上昇、活性代謝物であるカルボン酸体の血中濃度減少
ミダゾラム 血中濃度上昇
エプレレノン 血中濃度上昇
メサドン 血中濃度上昇
Ca拮抗剤<アゼルニジピンは併用禁忌> 血中濃度上昇
ニフェジピン 血中濃度上昇
ビンカアルカロイド系抗悪性腫瘍剤 血中濃度上昇
ビンクリスチン 血中濃度上昇
ビンブラスチン 血中濃度上昇
エリスロマイシン 血中濃度上昇
タクロリムス水和物 血中濃度上昇、腎障害
シクロスポリン 血中濃度上昇、腎障害
ニルマトレルビル・リトナビル 血中濃度上昇、AUC上昇
トルバプタン 血中濃度上昇、作用が増強
フェンタニール 血中濃度上昇
テオフィリン 血中濃度上昇
経口避妊薬 血中濃度上昇
スルホニルウレア系薬剤 血中濃度上昇、低血糖
クロルプロパミド 血中濃度上昇、低血糖
グリベンクラミド 血中濃度上昇、低血糖
ジドブジン製剤 血中濃度上昇
カルバマゼピン 血中濃度が上昇し悪心・嘔吐・眩暈・複視
リファブチン AUC上昇、作用が増強
リトナビル AUC上昇
オキシコドン AUC上昇
ナテグリニド AUC上昇、血中濃度半減期の延長
ジアゼパム AUC上昇、血中濃度半減期の延長
アブロシチニブ 作用が増強
アミトリプチリン 作用が増強
ノルトリプチリン 作用が増強
イブルチニブ 副作用が増強
ラロトレクチニブ 副作用が増強
レンボレキサント 血中濃度上昇の報告があり傾眠等の副作用が増強
トレチノイン 中枢神経系の副作用
トファシチニブ AUCが79%・Cmaxが27%増加
シクロホスファミド水和物 ビリルビンの上昇、クレアチニンの上昇
リファンピシン類 本剤の血中濃度の低下及び血中濃度半減期の減少

フルコナゾール静注液200mg「F」と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る

フルコナゾール静注液200mg「F」に関係する解説

トリアゾール系抗真菌薬(内服薬・注射剤)

  • フルコナゾール静注液200mg「F」は、トリアゾール系抗真菌薬(内服薬・注射剤)に分類される。
  • トリアゾール系抗真菌薬(内服薬・注射剤)とは、真菌(カビ)の細胞膜の合成を阻害し、白癬症やカンジダ症などの真菌感染症を治療する薬。

トリアゾール系抗真菌薬(内服薬・注射剤)の代表的な商品名

  • イトリゾール
  • ジフルカン
  • プロジフ
  • ブイフェンド
  • ネイリン
  • ノクサフィル
トリアゾール系抗真菌薬(内服薬・注射剤)についての詳しい解説を見る