ピペミド酸錠250mg「YD」 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ピペミド酸錠250mg「YD」
後発

ピペミド酸錠250mg「YD」の基本情報

ピペミド酸錠250mg「YD」の概要

商品名 ピペミド酸錠250mg「YD」
一般名 ピペミド酸250mg錠
薬価・規格 6.7円 (250mg1錠)
薬の形状
内用薬 > 錠剤 > 錠
内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
製造会社 陽進堂
YJコード 6241002F1255
レセプト電算コード 621137802
識別コード 250mg
添付文書PDFファイル

ピペミド酸錠250mg「YD」の主な効果と作用

  • 病気(感染症)の原因となる菌を殺すお薬です。
  • キノロン系の抗菌剤です。細菌のDNAが増えるのをおさえて菌を殺す働きがあります。

ピペミド酸錠250mg「YD」の用途

ピペミド酸錠250mg「YD」の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

過敏症、顔面浮腫、蕁麻疹、発熱、BUN上昇、クレアチニン上昇、AST上昇、ALT上昇、Al-P上昇、胃部不快感、悪心

起こる可能性のある重大な副作用

ショック、発疹、そう痒感、悪寒、冷汗、呼吸困難、血圧低下、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、中毒性表皮壊死症、Lyell症候群、アキレス腱炎、腱断裂、腱障害、腱周辺の痛み、浮腫、発赤、精神症状、抑うつ、幻覚、急性腎障害

上記以外の副作用

嘔吐、食欲不振、胃痛、下痢、膨満感、胸やけ、便秘、口渇、口内炎、白血球減少、血小板減少、痙攣、痙攣発作、眩暈、頭痛、頭重、全身倦怠感、しびれ感

ピペミド酸錠250mg「YD」の用法・用量

  • 1.膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)の場合:ピペミド酸として、1日500~2000mgを3~4回に分割経口投与する
  • 2.感染性腸炎、中耳炎、副鼻腔炎の場合:ピペミド酸として、1日1500~2000mgを3~4回に分割経口投与する
    • なお、症状により適宜増減する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ピペミド酸錠250mg「YD」の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

ピペミド酸錠250mg「YD」の注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
テオフィリン 作用が増強
アミノフィリン製剤 作用が増強
コリンテオフィリン 作用が増強
副腎皮質ステロイド剤<注射剤・経口剤> 腱障害のリスクが増大
プレドニゾロン<注射剤・経口剤> 腱障害のリスクが増大
ヒドロコルチゾン<経口剤及び注射剤> 腱障害のリスクが増大

ピペミド酸錠250mg「YD」と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る