処方薬
ミオMIBG-I123注射液
先発

ミオMIBG-I123注射液の基本情報

ミオMIBG-I123注射液の概要

商品名 ミオMIBG-I123注射液
一般名 3-ヨードベンジルグアニジン(123I)注射液
薬価・規格 4043.0円 (10MBq)
薬の形状
注射薬 > 液剤 > 注射液
注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
製造会社 PDRファーマ
YJコード 4300437A1029
レセプト電算コード 644300005
添付文書PDFファイル

ミオMIBG-I123注射液の主な効果と作用

  • 体のいろいろな部位の検査に用いるお薬です。

ミオMIBG-I123注射液の用途

ミオMIBG-I123注射液の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

失神、うっ血性心不全、低心拍出量症候群、血圧低下、徐脈、嘔気、全身倦怠感、悪心

起こる可能性のある重大な副作用

ショック、アナフィラキシー

ミオMIBG-I123注射液の用法・用量

  • 〈心シンチグラフィによる心臓疾患の診断〉通常、成人には、本品111MBqを静脈より投与し、約15分後以降にガンマカメラを用いて心シンチグラムを得る
  • 必要に応じて、3~6時間後の心シンチグラムを得る
  • 必要に応じて、運動負荷時投与の心シンチグラムを得る
    • なお、投与量は、年齢、体重により適宜増減する
  • 〈パーキンソン病及びレビー小体型認知症の診断における心シンチグラフィ〉通常、成人には、本品111MBqを静脈より投与し、15~30分後及び3~4時間後にガンマカメラを用いて心シンチグラムを得る
    • なお、投与量は、年齢、体重により適宜増減する
  • 〈腫瘍シンチグラフィ〉・ 神経芽腫通常、小児には、400MBqを最大用量として200~400MBq/1.7㎡(体表面積)を静脈より投与し、6時間後及び24時間後にガンマカメラを用いて腫瘍シンチグラムを得る
  • 必要に応じて、48時間後の腫瘍シンチグラムを得る
    • また、通常、成人への投与量は、200~400MBqとし、年齢、体重により適宜増減する
  • ・ 褐色細胞腫通常、本品111MBqを静脈より投与し、24時間後にガンマカメラを用いて腫瘍シンチグラムを得る
  • 必要に応じて、6時間後及び48時間後の腫瘍シンチグラムを得る
    • なお、投与量は、年齢、体重等により適宜増減するが、222MBqを上限とする
  • (用法及び用量に関連する注意)〈パーキンソン病及びレビー小体型認知症の診断における心シンチグラフィ〉後期(3~4時間後)の撮像省略については、早期(15~30分)の撮像結果、患者の状態及びリスク・ベネフィットを考慮して慎重に判断すること
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ミオMIBG-I123注射液の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

ミオMIBG-I123注射液の注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
レセルピン 本品の心臓への集積が抑制、本品の腫瘍への集積が抑制
三環系抗うつ剤 本品の心臓への集積が抑制、本品の腫瘍への集積が抑制
塩酸ラベタロール 本品の心臓への集積が抑制、本品の腫瘍への集積が抑制

ミオMIBG-I123注射液と主成分が同じ薬

  • 注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
    薬価 4043.0円 (10MBq)
    薬の形状 注射薬 > 液剤 > 注射液
    製造会社 PDRファーマ
    先発
主成分が同じ薬をすべて見る