ステボロニン点滴静注バッグ9000mg/300mL - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ステボロニン点滴静注バッグ9000mg/300mL
先発

ステボロニン点滴静注バッグ9000mg/300mLの基本情報

ステボロニン点滴静注バッグ9000mg/300mLの概要

商品名 ステボロニン点滴静注バッグ9000mg/300mL
一般名 ボロファラン(10B)注射液
薬価・規格 444215.0円 (9,000mg300mL1袋)
薬の形状
注射薬 > 液剤 > 注射液
注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
製造会社 ステラファーマ
YJコード 4291453A1027
レセプト電算コード 622797601
添付文書PDFファイル

ステボロニン点滴静注バッグ9000mg/300mLの主な効果と作用

  • 腫瘍を治療するお薬です。
  • あなたの病気や症状に合わせて処方されたお薬です。
  • 放射線の照射により、腫瘍細胞を壊す働きがあります。

ステボロニン点滴静注バッグ9000mg/300mLの用途

  • 切除不能な局所進行又は局所再発の頭頸部

ステボロニン点滴静注バッグ9000mg/300mLの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

リンパ球数減少、フィブリンDダイマー増加、白血球数増加、耳痛、アミラーゼ増加、悪心、口内炎、嘔吐、腹部不快感、便秘、唾液腺痛

起こる可能性のある重大な副作用

白内障、血尿、脳膿瘍、放射線皮膚損傷、重度皮膚障害、嚥下障害、粘膜炎症、結晶尿、頸動脈出血

上記以外の副作用

倦怠感、口渇、発熱、耳下腺炎、結膜炎、唾液腺炎、蜂巣炎、外耳蜂巣炎、外耳炎、中耳炎、脱毛症、食欲減退、頚部痛、顎痛、開口障害、味覚異常、顔面不全麻痺、咽頭炎症、鼻出血、口腔咽頭痛、顔面腫脹、血中プロラクチン異常、血中プロラクチン増加、鉄欠乏性貧血、リンパ球減少症、血中フィブリノゲン増加、回転性めまい、聴力低下、眼乾燥、眼痛、眼瞼浮腫、涙器障害、下痢、嚥下痛、顎下腺腫大、顔面浮腫、顔面痛、腫脹、潰瘍、膀胱炎、口腔カンジダ症、放射線脱毛症、頭痛、嗅覚錯誤、不眠症、排尿困難、しゃっくり、鼻閉、鼻炎症、皮膚炎、薬疹、紅斑

ステボロニン点滴静注バッグ9000mg/300mLの用法・用量

  • 通常、成人にはボロファラン(10B)として、1時間あたり200mg/kgの速度で2時間点滴静注する
  • その後、病巣部位への中性子線の照射を開始し、照射中は1時間あたり100mg/kgの速度でボロファラン(10B)を点滴静注する
  • (用法及び用量に関連する注意)7.1. 他の抗悪性腫瘍剤との併用について、有効性及び安全性は確立していない
  • 7.2. 住友重機械工業株式会社製の中性子照射装置を使用し、中性子を照射すること
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ステボロニン点滴静注バッグ9000mg/300mLの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

ステボロニン点滴静注バッグ9000mg/300mLと主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る