ラパリムス錠1mg - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ラパリムス錠1mg
先発

ラパリムス錠1mgの基本情報

ラパリムス錠1mgの概要

商品名 ラパリムス錠1mg
一般名 シロリムス錠
薬価・規格 1308.8円 (1mg1錠)
薬の形状
内用薬 > 錠剤 > 錠
内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
製造会社 ノーベルファーマ
YJコード 4291035F1023
レセプト電算コード 622363701
識別コード Rapalimus1mg
添付文書PDFファイル

ラパリムス錠1mgの主な効果と作用

  • 腫瘍を治療するお薬です。
  • 腫瘍細胞の増殖に関与するタンパク質の働きをおさえる働きがあります。
  • あなたの病気や症状に合わせて処方されたお薬です。

ラパリムス錠1mgの用途

ラパリムス錠1mgの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

鼻咽頭炎、頭痛、不規則月経、気管支炎、口唇炎、腹痛、白血球数減少、発熱、胃腸炎、高血圧、背部痛

起こる可能性のある重大な副作用

口内炎、発疹、下痢、ざ瘡、ざ瘡様皮膚炎、血中コレステロール増加、高コレステロール血症、高トリグリセリド血症、脂質異常、脂質異常症、高脂血症、悪心、皮膚障害、末梢性浮腫、重篤な感染症、重篤な感染症悪化、消化管障害、嘔吐、蛋白尿、間質性肺疾患、肺臓炎、薬剤性肺障害、器質性肺炎、肺炎、閉塞性細気管支炎、肺線維症、肺炎悪化、尿路感染、尿路感染悪化、帯状疱疹、帯状疱疹悪化、心嚢液貯留、胸水、腹水、治癒不良、剥脱性発疹、皮膚そう痒症、敗血症、敗血症悪化、腎盂腎炎、腎盂腎炎悪化、結核、マイコバクテリア感染、結核悪化、マイコバクテリア感染悪化、EBウイルス感染、エプスタイン・バールウイルス感染、EBウイルス感染悪化、エプスタイン・バールウイルス感染悪化、CMV感染、サイトメガロウイルス感染、CMV感染悪化、サイトメガロウイルス感染悪化、単純ヘルペス、単純ヘルペス悪化、アナフィラキシー、血管浮腫、過敏性血管炎、過敏症反応、進行性多巣性白質脳症、PML、意識障害、麻痺症状、片麻痺、四肢麻痺、言語障害、BKウイルス腎症、体液貯留、頻脈、創傷治癒不良、リンパ嚢腫、創し開、筋膜離開、瘢痕ヘルニア、吻合部離開、腎障害、ネフローゼ症候群、巣状分節性糸球体硬化症、血中クレアチニン増加

上記以外の副作用

便秘、口腔咽頭痛、疼痛、咳嗽、疲労、浮動性眩暈、食欲減退、上気道炎症、胃炎、下腹部痛、上腹部痛、胸痛、倦怠感、AST増加、体重減少、咽頭炎、皮膚炎、腸炎、歯周炎、口腔ヘルペス、歯肉炎、皮膚感染、副鼻腔炎、膀胱炎、外陰部膣カンジダ症、外耳炎、細菌尿、麦粒腫、扁桃炎、インフルエンザ、感染性腸炎、憩室炎、歯槽骨炎、歯肉膿瘍、爪囲炎、唾液腺炎、膣感染、白癬感染、蜂巣炎、毛包炎、白血球減少症、リンパ球減少症、貧血、低カリウム血症、高尿酸血症、不眠症、気分変化、味覚異常、感覚障害、感覚鈍麻、記憶障害、傾眠、末梢性感覚ニューロパチー、結膜炎、眼乾燥、眼瞼浮腫、眼痛、霰粒腫、中耳炎症、耳出血、出血、耳痛、耳不快感、動悸、不整脈、鼻出血、気胸、発声障害、肺出血、気管支痙攣、急性呼吸不全、低酸素症、鼻粘膜障害、鼻閉、歯痛、消化不良、腹部不快感、口内乾燥、鼓腸、歯周病、小腸閉塞、顎下腺腫大、口の錯感覚、歯肉痛、腹部膨満、肝機能異常、胆嚢炎、皮膚色素沈着障害、湿疹、爪破損、紅斑、蕁麻疹、爪線状隆起、毛細血管拡張症、貨幣状湿疹、手掌・足底発赤知覚不全症候群、爪甲脱落症、そう痒性皮疹、多汗症、脱毛症、手皮膚炎、点状出血、皮下血腫、皮下出血、皮膚腫瘤、皮膚糜爛、関節痛、筋痙縮、鼡径部痛、顎痛、関節腫脹、筋骨格硬直、筋力低下、四肢痛、尿生殖器出血、月経障害、無月経、月経困難症、膣分泌物、卵巣嚢胞、月経過多、性器出血、外陰膣乾燥、不正子宮出血、閉経期症状、粘膜炎症、圧痛、異常感、胸部不快感、限局性浮腫、口渇、挫傷、ALT増加、好中球数減少、尿蛋白、Al-P増加、血中ビリルビン増加、血小板数増加、体重増加、白血球百分率数異常、ヘモグロビン減少、高血糖、無精子症

ラパリムス錠1mgの用法・用量

  • シロリムスとして2mgを1日1回経口投与する
    • なお、患者の状態により適宜増減するが、1日1回4mgを超えない
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ラパリムス錠1mgの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 過敏症
    • 肝機能障害
    • 感染症
    • 結核
    • 肝炎ウイルス感染
    • 肺に間質性陰影
    • 手術時
    • 肺移植
    • B型肝炎ウイルスキャリア
    • 肝炎ウイルスキャリア
    • HBs抗原陰性
    • 中等度から重度肝機能障害
    • CYP3A4に影響を及ぼす薬剤と併用
    • P-糖蛋白に影響を及ぼす薬剤と併用
    • 創傷時

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。
    • 高齢者(65歳〜)

ラパリムス錠1mgの注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
CYP3A4酵素の活性に影響を及ぼす薬剤 本剤の血中濃度に影響、本剤の薬物動態に影響
P糖蛋白に影響する医薬品 本剤の血中濃度に影響、本剤の薬物動態に影響
薬物代謝酵素<CYP3A4>を阻害する薬剤 本剤の薬物動態に影響
P-糖蛋白質を阻害する薬剤 本剤の薬物動態に影響
肝薬物代謝酵素<CYP3A4>を誘導する薬剤 本剤の薬物動態に影響
P-糖蛋白質を誘導する薬剤 本剤の薬物動態に影響
生ワクチン 免疫抑制下で生ワクチンを接種すると発症
麻疹ワクチン 免疫抑制下で生ワクチンを接種すると発症
風疹ワクチン 免疫抑制下で生ワクチンを接種すると発症
経口生ポリオワクチン 免疫抑制下で生ワクチンを接種すると発症
BCGワクチン 免疫抑制下で生ワクチンを接種すると発症
シクロスポリン 本剤の血中濃度が上昇
カルシウム拮抗剤 本剤の血中濃度が上昇
ジルチアゼム 本剤の血中濃度が上昇
ニカルジピン 本剤の血中濃度が上昇
ベラパミル 本剤の血中濃度が上昇
抗真菌剤 本剤の血中濃度が上昇
フルコナゾール 本剤の血中濃度が上昇
イトラコナゾール 本剤の血中濃度が上昇
ケトコナゾール 本剤の血中濃度が上昇
ボリコナゾール 本剤の血中濃度が上昇
マクロライド系抗生物質 本剤の血中濃度が上昇
エリスロマイシン 本剤の血中濃度が上昇
クラリスロマイシン 本剤の血中濃度が上昇
メトクロプラミド 本剤の血中濃度が上昇
ブロモクリプチン 本剤の血中濃度が上昇
シメチジン 本剤の血中濃度が上昇
ダナゾール 本剤の血中濃度が上昇
HIVプロテアーゼ阻害剤 本剤の血中濃度が上昇
リトナビル 本剤の血中濃度が上昇
インジナビル 本剤の血中濃度が上昇
テラプレビル 本剤の血中濃度が上昇
オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル 本剤のAUCが38倍・Cmaxが6.4倍に上昇
ミカファンギンナトリウム 本剤のAUCが21%上昇
ACE阻害剤 血管浮腫<顔面・口唇・舌・咽頭の腫脹等>を発症するリスクが高まる
リファンピシン類 本剤の血中濃度が低下
リファブチン 本剤の血中濃度が低下
抗てんかん剤 本剤の血中濃度が低下
カルバマゼピン 本剤の血中濃度が低下
フェノバルビタール 本剤の血中濃度が低下
フェニトイン 本剤の血中濃度が低下

飲食物との組み合わせ注意

  • グレープフルーツジュース
  • セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)を含むもの
  • 脂肪が多い食事
  • 薬の代謝に影響する食品

ラパリムス錠1mgと主成分が同じ薬

  • 内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
    薬価 1308.8円 (1mg1錠)
    薬の形状 内用薬 > 錠剤 > 錠
    製造会社 ノーベルファーマ
    先発
主成分が同じ薬をすべて見る