ピノルビン注射用10mg - 添付文書 | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ピノルビン注射用10mg
先発

ピノルビン注射用10mgの添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

次記疾患の自覚的・他覚的症状の緩解並びに改善:頭頚部癌、乳癌、胃癌、尿路上皮癌(膀胱癌、腎盂腫瘍・尿管腫瘍)、卵巣癌、子宮癌、急性白血病、悪性リンパ腫。

用法・用量

投与方法:投与は疾患別に次記の方法に準じて行う。

  1. 静脈内注射の場合:頭頚部癌は3法又は4法を、乳癌及び胃癌は1法又は3法を、卵巣癌及び子宮癌は1法を、尿路上皮癌は1法又は2法を、急性白血病は5法を、悪性リンパ腫は1法又は4法を標準的用法・用量として選択する。

    1. 1法(3~4週1回法)[乳癌、胃癌、卵巣癌、子宮癌、尿路上皮癌、悪性リンパ腫]:ピラルビシンとして、1日1回、40~60mg(25~40mg/㎡)(力価)を投与し、3~4週間休薬する。これを1クールとし、投与を繰り返す。
    2. 2法(3~4週2回法)[尿路上皮癌]:ピラルビシンとして、1日1回、30~40mg(20~25mg/㎡)(力価)を2日間連日投与し、3~4週間休薬する。これを1クールとし、投与を繰り返す。
    3. 3法(週1回法)[頭頚部癌、乳癌、胃癌]:ピラルビシンとして、1日1回、20~40mg(14~25mg/㎡)(力価)を1週間間隔で2~3回投与し、3~4週間休薬する。これを1クールとし、投与を繰り返す。
    4. 4法(連日法)[頭頚部癌、悪性リンパ腫]:ピラルビシンとして、1日1回、10~20mg(7~14mg/㎡)(力価)を3~5日間連日投与し、3~4週間休薬する。これを1クールとし、投与を繰り返す。
    5. 5法(連日法)[急性白血病]:ピラルビシンとして、1日1回、10~30mg(7~20mg/㎡)(力価)を5日間連日投与する。骨髄機能が回復するまで休薬し、投与を繰り返す。
  2. 動脈内注射による頭頚部癌、膀胱癌の場合:ピラルビシンとして、1日1回、10~20mg(7~14mg/㎡)(力価)を連日又は隔日に5~10回投与する。

  3. 膀胱内注入による膀胱癌の場合:カテーテルを用いて導尿した後、ピラルビシンとして、1日1回、15~30mg(力価)を500~1000μg(力価)/mLの溶液として週3回、各1~2時間膀胱内把持する。これを1クールとし、2~3クール繰り返す。

    なお、年齢、症状により適宜増減する。

(用法・用量に関連する使用上の注意)

ピラルビシンとして10mg(力価)当り5mL以上の5%ブドウ糖注射液、注射用水又は生理食塩液を加えて溶解する。

副作用

(概要)

  1. 静脈内投与:総症例3,591例(承認時699例、使用成績調査2,892例)における副作用発現率は71.2%であった。主な副作用は白血球減少50.4%、血小板減少14.5%等の骨髄抑制と食欲不振36.4%、悪心31.9%、嘔吐23.6%等の消化管障害であり、その他脱毛21.5%、全身倦怠18.1%等であった[再審査終了時]。

  2. 動脈内投与:総症例460例(承認時74例、使用成績調査386例)における副作用発現率は56.7%であった。主な副作用は白血球減少32.0%等の骨髄抑制と食欲不振24.1%、悪心23.0%、嘔吐15.4%等の消化管障害であり、その他脱毛16.7%、全身倦怠12.6%等であった[再審査終了時]。

  3. 膀胱内注入:総症例1,233例(承認時50例、使用成績調査1,183例)における副作用発現率は26.2%であった。主な副作用は排尿痛18.2%、頻尿17.4%等の膀胱刺激症状であった[再審査終了時]。

  4. 重大な副作用

    1. 心筋障害(0.1~5%未満):心筋障害更に心不全等が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、休薬又は投与を中止する。また、総投与量が950mg/㎡(体表面積)を超えるとうっ血性心不全を起こすことが多くなるので、十分に注意する(特に他のアントラサイクリン系薬剤投与後症例(ダウノルビシン、ドキソルビシン、アクラルビシン、エピルビシン等)への本剤の投与には、十分注意する)。
    2. 汎血球減少(0.3%)等の骨髄抑制:汎血球減少、貧血、白血球減少、好中球減少、血小板減少、出血傾向等が現れることがあるので、末梢血液の観察を十分に行い、異常が認められた場合には、減量、休薬等適切な処置を行う。
    3. ショック(0.1%未満):ショックが現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
    4. 間質性肺炎(0.1%未満):発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線像異常等を伴う間質性肺炎が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。
    5. 萎縮膀胱(0.4%):膀胱内注入療法によって萎縮膀胱が現れることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
  5. その他の副作用

    1. 心臓:(0.1~5%未満)心電図異常、頻脈、不整脈。
    2. 肝臓:(5%以上)肝障害(AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al-P上昇、γ-GTP上昇、LDH上昇、総ビリルビン上昇等)。
    3. 腎臓:(0.1~5%未満)腎障害(蛋白尿、BUN上昇、クレアチニン上昇等)。
    4. 消化器:(5%以上)食欲不振、悪心・嘔吐、口内炎、(0.1~5%未満)下痢、腹痛、(0.1%未満)*消化管出血、*イレウス[*:異常が認められた場合には、投与を中止する]、便秘。
    5. 皮膚:(5%以上)脱毛、(0.1~5%未満)皮膚色素沈着。
    6. 精神神経系:(5%以上)全身倦怠、(0.1~5%未満)頭痛、眩暈、しびれ。
    7. 泌尿器:(0.1~5%未満)排尿痛、血尿。
    8. 泌尿器(膀胱内注入時):(5%以上)頻尿、排尿痛、血尿等の膀胱刺激症状、(0.1%未満)排尿障害。
    9. 過敏症:(0.1~5%未満)発疹等の過敏症状、(0.1%未満)皮膚炎。
    10. その他:(5%以上)発熱、(0.1~5%未満)感染症、胸痛、浮腫、動悸、息切れ、血清総蛋白減少、電解質異常、味覚異常、(0.1%未満)顔面潮紅、耳鳴。

使用上の注意

(禁忌)

  1. 心機能異常又はその既往歴のある患者[心筋障害が現れることがある]。

  2. 本剤に対し重篤な過敏症の既往歴のある患者。

  3. 他のアントラサイクリン系薬剤による前治療が限界量等心毒性を有する薬剤による前治療が限界量(ドキソルビシン塩酸塩では総投与量が体表面積当り500mg/㎡、ダウノルビシン塩酸塩では総投与量が体重当り25mg/kg等)に達している患者[心筋障害が現れることがある]。

(慎重投与)

  1. 肝障害のある患者[副作用が強く現れる恐れがある]。

  2. 腎障害のある患者[副作用が強く現れる恐れがある]。

  3. 骨髄抑制のある患者[骨髄抑制を増悪させる恐れがある]。

  4. 感染症を合併している患者[骨髄抑制により感染を増悪させる恐れがある]。

  5. 高齢者。

  6. 水痘患者[致命的全身障害が現れる恐れがある]。

(重要な基本的注意)

  1. 骨髄抑制、心筋障害等の重篤な副作用が起こることがあるので、頻回に臨床検査(血液検査、肝機能・腎機能検査、心機能検査等)を行うなど、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には、減量、休薬等の適切な処置を行う。また、使用が長期間にわたると副作用が強く現れ、遷延性に推移することがあるので、投与は慎重に行う。心機能検査としては、心電図等を原則としてクール(通常3~4週)ごとに実施することが望ましい。急性白血病の治療の場合には、末梢血液及び骨髄所見を随時検査し、投与期間を短縮又は延長する。

  2. アントラサイクリン系薬剤未治療例で、本剤の総投与量が950mg/㎡(体表面積)を超えると、うっ血性心不全を起こすことが多くなるので十分に注意する。

  3. 前治療等により950mg/㎡以下の総投与量でもうっ血性心不全が起こることがあるので、他のアントラサイクリン系薬剤による前治療歴等心毒性を有する薬剤による前治療歴のある患者、心臓部あるいは縦隔に放射線療法を受けた患者及び本剤の総投与量が700mg/㎡を超える患者では心機能検査を行い慎重に投与する。

  4. 感染症の発現又は感染症増悪、出血傾向の発現又は出血傾向増悪に十分注意する。

  5. 小児に投与する場合には、副作用の発現に特に注意し、慎重に投与する。

  6. 小児及び生殖可能な年齢の患者に投与する必要がある場合には、性腺に対する影響を考慮する。

(相互作用)

併用注意:

  1. 投与前の心臓部あるいは縦隔への放射線照射、アントラサイクリン系薬剤等他の潜在的に心毒性を有する抗悪性腫瘍剤[心筋障害が増強される恐れがある]。

  2. 他の抗悪性腫瘍剤、放射線照射[骨髄抑制等の副作用が増強することがある]。

(高齢者への投与)

本剤は主として肝臓で代謝されるが、高齢者では肝機能等の生理機能が低下していることが多いため、用量に留意して患者の状態を観察しながら慎重に投与する。

(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)

  1. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、投与しないことが望ましい[動物実験(ラット)で胎仔に対する毒性的影響(胎仔体重抑制、胎仔腰椎過剰、胎仔前肢指化骨数減少)が報告され、アントラサイクリン系の他の抗悪性腫瘍剤の動物実験では催奇形性が報告されている]。

  2. 授乳婦に投与する場合には、授乳を中止させる[動物実験(ラット)で乳汁中への移行が報告されている]。

(小児等への投与)

低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない[使用経験が少ない]。

(適用上の注意)

  1. 投与経路

    1. 皮下・筋肉内には投与しない。
    2. 膀胱癌の動脈内投与療法に際し阻血を行った症例で、高濃度の薬剤が坐骨神経に流れ、坐骨神経麻痺を起こしたとの報告があるので、このような投与方法を行う場合には慎重に投与する。
  2. 調製時:本剤は溶解時のpHにより力価の低下及び濁りを生じることがあるので、他の薬剤(日局ブドウ糖注射液・日局注射用水又は日局生理食塩液を除く)との混注を避け、日局ブドウ糖注射液、日局注射用水又は日局生理食塩液等に溶解して投与する。

  3. 溶解後:溶解後はできるだけ速やかに使用する(なお、やむを得ず保存を必要とする場合には、室温保存では6時間以内に使用する)。

  4. 投与時

    1. 血管内投与により、ときに血管痛、静脈炎等を起こすことがあるので、注射部位、注射方法等に十分注意する。
    2. 血管内投与に際し、薬液が血管外に漏れると注射部位に硬結・壊死、炎症を起こすことがあるので、薬液が血管外に漏れないよう慎重に投与する。
    3. 本剤を溶解した液とシリンジに塗布されているシリコンオイルが接触することで、シリンジ内にまれにシリコンオイルの浮遊物がみられることがあるので、その場合はフィルターを使用して投与する。

(その他の注意)

  1. 本剤と他の抗悪性腫瘍剤を併用した患者に、急性白血病(前白血病相を伴う場合もある)、骨髄異形成症候群(MDS)が発生したとの報告がある。

  2. 本剤の尿中排泄により尿が赤色になることがある。

  3. ラットに腹腔内投与した実験で、発癌性がみられたとの報告がある。