ペプレオ注射用10mg - 添付文書 | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ペプレオ注射用10mg
先発

ペプレオ注射用10mgの添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

皮膚癌、頭頚部悪性腫瘍(上顎癌、舌癌・その他の口腔癌、咽頭癌、喉頭癌)、肺癌(肺扁平上皮癌)、前立腺癌、悪性リンパ腫。

用法・用量

  1. 静脈内注射:ペプロマイシン硫酸塩として5~10mg(力価)を生理食塩液又はブドウ糖液等の適当な静脈用注射液約5~20mLに溶解し、緩徐に静注する。

  2. 筋肉内注射:ペプロマイシン硫酸塩として5~10mg(力価)を生理食塩液等の適当な溶解液約5mLに溶解し筋注する。

  3. 動脈内注射:ペプロマイシン硫酸塩として5~10mg(力価)をヘパリン等の血液凝固阻止剤を加えた生理食塩液等の適当な動脈用注射液3~25mLに溶解し、ワンショット動注、又は持続動注する。

  4. 注射の頻度:1週2~3回投与とし、症状に応じて1日1回連日投与から週1回投与まで適宜増減する。週間投与量20~30mg(力価)を標準とする。

  5. 総投与量:腫瘍の消失を目標とし、150mg(力価)以下とする。

(用法・用量に関連する使用上の注意)

1. 本剤は副作用発現の個人差が著しく、比較的少量の投与でも副作用が現れることがあるので、使用上の注意に十分留意する。なお、投与にあたっては、患者の状態・症状に応じて低用量から開始することとし、週間投与量についても過量にならぬよう十分注意する。
1. 90mg(力価)までに明らかな制癌効果の認められない場合には、原則としてそれ以上の投与は行わないようにする。
1. 総投与量は150mg(力価)を超えないようにする。なお、経路を重複して投与した場合、結果的に投与量が増加することに留意する。
1. ブレオマイシンを投与された患者に対するペプロマイシンの投与量は、原則として投与されたブレオマイシン量とペプロマイシン量の和でもって総投与量とする。

副作用

(概要)

総症例5,782例(承認時514例、市販後調査5,268例)における副作用及び臨床検査値異常の発現率は49.1%であり、主なものは間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状6.9%、発熱16.0%、口内炎13.0%、食欲不振12.9%、脱毛11.3%、倦怠感8.1%、嘔気7.6%であった[再審査結果時]。

  1. 重大な副作用

    1. 間質性肺炎・肺線維症(7%):重篤な間質性肺炎・重篤な肺線維症を起こすことがあるので観察を十分に行い、肺胞気動脈血酸素分圧較差(A-aDO2)、動脈血酸素分圧(PaO2)、一酸化炭素拡散能(DLCO)、又は胸部レントゲン写真などの検査で異常が認められた場合、あるいは咳嗽、労作性呼吸困難、捻髪音(ラ音)等の肺症状が現れた場合は、直ちに投与を中止し、副腎皮質ホルモンの投与と適切な抗生物質等による治療を行う。
    2. ショック(0.1%未満):臨床上アナフィラキシーに類似する反応を起こすことがあり、血圧低下、悪寒、発熱、意識混濁、喘鳴、嘔吐等が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が現れた場合には、投与を中止し救急処置を行う。
  2. その他の副作用

    1. 過敏症:(1%未満)発疹、蕁麻疹、発熱を伴う紅皮症[このような症状が現れた場合には投与を中止する]。
    2. 皮膚:(10%以上)脱毛、(1~10%未満)皮膚硬化・皮膚肥厚、皮膚色素沈着、爪変形・爪変色、scratch dermatitis。
    3. 消化器:(10%以上)口内炎、食欲不振、(1~10%未満)嘔気、嘔吐、(1%未満)下痢、口角炎。
    4. 肝臓:(1%未満)肝障害。
    5. 血液:(1~10%未満)白血球減少、(1%未満)赤血球減少、貧血、血小板減少。
    6. 泌尿器:(1%未満)頻尿、膀胱炎。
    7. 精神・神経系:(1%未満)頭痛・頭重感。
    8. 投与部位
      1. 静注:(1%未満)肥厚・硬結、疼痛[このような場合は投与部位を変更するか、筋肉内注射する]。
      2. 筋注・局注:(1%未満)硬結。
      3. 動注:(1%未満)動脈炎。
    9. その他:(10%以上)発熱[発熱は投与後4~5時間あるいは更に遅れて発現することがあり、発熱と1回投与量との間には用量反応性があるので、発熱が強い場合には投与量を減量し、投与間隔を短縮するか、本剤投与前後に抗ヒスタミン剤、解熱剤を投与するなど適切な処置を行う]、(1~10%未満)倦怠感。

使用上の注意

(警告)

本剤の投与により間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状を呈することがあり、ときに致命的経過をたどることがあるので、本剤の投与が適切と判断される症例についてのみ投与し、投与中及び投与終了後の一定期間(およそ2カ月位)は患者を医師の監督下におく。特に60歳以上の高齢者及び肺に基礎疾患を有する患者への投与に際しては、使用上の注意に十分留意する。労作性呼吸困難、発熱、咳、捻髪音(ラ音)、胸部レントゲン異常陰影、A-aDO2異常・PaO2異常・DLCO異常などの初期症状が現れた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。

(禁忌)

  1. 重篤な肺機能障害、胸部レントゲン写真上びまん性の線維化病変及び胸部レントゲン写真上著明な病変を呈する患者[肺機能障害、線維化病変等が増悪することがある]。

  2. 本剤の成分及び類似化合物(ブレオマイシン)に対する過敏症の既往歴のある患者。

  3. 重篤な腎機能障害のある患者[排泄機能が低下し、間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状を起こすことがある]。

  4. 重篤な心疾患のある患者[循環機能が低下し、間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状を起こすことがある]。

  5. 胸部及びその周辺部への放射線照射を受けている患者。

(慎重投与)

  1. 肺障害の既往歴又は合併症がある患者[間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状を起こすことがある]には十分に観察を行いながら、投与量を減量するかあるいは投与間隔を延長するなど慎重に投与する。

  2. 60歳以上の高齢者[間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状を起こすことがある]には十分に観察を行いながら、投与量を減量するかあるいは投与間隔を延長するなど慎重に投与する。

  3. 腎障害のある患者[副作用が強く現れる恐れがある]には十分に観察を行いながら、投与量を減量するかあるいは投与間隔を延長するなど慎重に投与する。

  4. 心疾患のある患者[副作用が強く現れる恐れがある]には十分に観察を行いながら、投与量を減量するかあるいは投与間隔を延長するなど慎重に投与する。

  5. 胸部に放射線照射を受けた患者[間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状を起こすことがある]には十分に観察を行いながら、投与量を減量するかあるいは投与間隔を延長するなど慎重に投与する。

  6. 肝障害のある患者[副作用が強く現れる恐れがある]には十分に観察を行いながら、投与量を減量するかあるいは投与間隔を延長するなど慎重に投与する。

  7. 水痘患者[致命的全身障害を起こす恐れがある]には十分に観察を行いながら、投与量を減量するかあるいは投与間隔を延長するなど慎重に投与する。

(重要な基本的注意)

  1. 間質性肺炎又は肺線維症:患者の状態の十分な観察を行い、捻髪音(ラ音)が初期指標となることがあるので、その発生に十分注意し、異常が認められた場合には、直ちに投与を中止し、特発性肺線維症の治療及び処置に準じ、副腎皮質ホルモンの投与と二次感染防止のために適当な抗生物質の投与を行う。

    また、投与法としては可能であれば動脈内注射が望ましい。

    1. 間質性肺炎又は肺線維症の発現は、肺に基礎疾患を有する患者や高齢者の場合には、総投与量100mg(力価)以下でも発現頻度が高いので十分な注意を要する。
    2. 本剤の投与にあたっては、発熱、咳、労作性呼吸困難等の臨床症状の観察を十分に行い、胸部レントゲン検査異常及び捻髪音(ラ音)の有無を検討し、可能な施設においては肺胞気動脈血酸素分圧較差(A-aDO2)、動脈血酸素分圧(PaO2)、一酸化炭素拡散能(DLCO)などの検査を行い、投与中及び投与後およそ2カ月位までについても検査を定期的に行う。
    3. A-aDO2、PaO2などの検査は可能な限り1週に1度測定し、A-aDO2が2週連続して拡大、又はPaO2が2週連続して低下したときには投与を中止する。具体的にはA-aDO2が投与前値より10Torr以上悪化、PaO2が投与前値より10Torr以上悪化したときは、他の臨床症状とあわせて十分な観察を行い、副作用の疑いのある場合には、直ちに投与を中止し、ステロイド等の投与を開始し、また、DLCOの投与前値の15%以上の低下をみたときは同様の処置を行う。なお、投与前に肺機能検査値低下のみられる患者にやむを得ず投与を必要とする場合には、慎重に経過を観察するとともに、肺機能検査値低下がみられたときは直ちに本剤の投与を中止する。
  2. ブレオマイシン製剤の投与を受けた患者に本剤を投与した場合、毒性が相加することが考えられるので、慎重に投与する。

  3. 感染症の発現又は感染症増悪に十分注意する。

  4. 小児及び生殖可能な年齢の患者に投与する必要がある場合には、性腺に対する影響を考慮する。

(相互作用)

  1. 併用禁忌:胸部及びその周辺部への放射線照射[(臨床症状)間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状を起こすことがある;(措置方法)「重要な基本的注意」の項参照(ともに間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状を誘発する作用を有する)]。

  2. 併用注意

    1. 抗悪性腫瘍剤[(臨床症状)間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状、血小板減少等の骨髄抑制等を起こすことがある;(措置方法)重篤な肺症状については「重要な基本的注意」の項参照(ともに間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状及び血小板減少等の骨髄抑制を誘発する作用を有する)]。
    2. 放射線照射[(臨床症状)間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状等を起こすことがある;(措置方法)「重要な基本的注意」の項参照(ともに間質性肺炎・肺線維症等の重篤な肺症状を誘発する作用を有する)]。
    3. 頭頚部放射線照射[口内炎が増悪することがある(ともに粘膜の炎症を誘発する作用を有する)]。

(高齢者への投与)

高齢者には慎重に投与する[間質性肺炎又は肺線維症等の重篤な肺症状の発現率は、50歳未満4%、50歳代5%、60歳代6%、70歳以上11%と年齢が高くなるに従い高かった]。

(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)

  1. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、投与しないことが望ましい[動物実験(ラット、ウサギ)で催奇形作用が報告されている]。

  2. 授乳中の婦人に投与することを避け、やむを得ず投与する場合には授乳を中止させる[授乳中の投与に関する安全性は確立していない]。

(小児等への投与)

小児に投与する場合には、副作用の発現に注意し、慎重に投与する[小児に対する安全性は確立していない]。

(適用上の注意)

  1. 静脈内注射に際しては、できるだけ緩徐に注射する。

  2. 筋肉内注射に際しては、組織・神経などへの影響を避けるため次記の点に注意する。

    1. 筋肉内注射時同一部位への反復注射は行わない。また、新生児、低出生体重児、乳児、小児には特に注意する。
    2. 筋肉内注射時神経走行部位を避けるよう注意する。
    3. 注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合には、直ちに針を抜き、部位をかえて注射する。
  3. ブドウ糖液等に溶解後できるだけ速やかに使用する(なお、やむをえず保存を必要とする場合でも室温保存(25℃)で8時間以内に使用する)。

(その他の注意)

  1. 外国でブレオマイシンの全身投与と他の抗悪性腫瘍剤との併用により、心筋梗塞、脳梗塞等が発現したとの報告がある。

  2. 動物実験(ラット)の皮下投与において、線維肉腫・腎癌が認められたとの報告がある。

(取扱い上の注意)

溶解後はできるだけ速やかに使用する。

(保管上の注意)

直射日光を避け、保存。