サンラビン点滴静注用200mg - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
サンラビン点滴静注用200mg
先発

サンラビン点滴静注用200mgの基本情報

サンラビン点滴静注用200mgの概要

商品名 サンラビン点滴静注用200mg
一般名 エノシタビン注射用
薬価・規格 3010.0円 (200mg1瓶)
薬の形状
注射薬 > 散剤 > 注射用
注射薬 > 散剤 > 注射用のアイコン
製造会社 旭化成ファーマ
ブランド サンラビン点滴静注用150mg 他
YJコード 4224402D2032
レセプト電算コード 620914401
添付文書PDFファイル

サンラビン点滴静注用200mgの主な効果と作用

  • 白血病を治療するお薬です。
  • 腫瘍細胞の核酸代謝をおさえることにより、増殖をおさえる働きがあります。
  • あなたの病気や症状に合わせて処方されたお薬です。

サンラビン点滴静注用200mgの用途

サンラビン点滴静注用200mgの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

悪心、嘔吐、食欲不振、発熱、下痢、腹痛、腹部膨満感、口内炎、倦怠感、頭痛、ビリルビン上昇

起こる可能性のある重大な副作用

ショック、胸部圧迫感、発疹、皮膚潮紅、重篤な過敏症状、貧血、血液障害、汎血球減少、白血球減少、血小板減少、巨赤芽球様細胞

上記以外の副作用

AST上昇、ALT上昇、Al-P上昇、BUN上昇、クレアチニン上昇、脱毛、腰痛、眩暈、しびれ感、蛋白尿、頻尿、紅斑、皮膚そう痒、浮腫、心悸亢進

サンラビン点滴静注用200mgの用法・用量

  • 1日量、体重1kg当り3.5~6.0mgを5%ブドウ糖注射液、5%果糖注射液、5%キシリット注射液、生理食塩液、リンゲル液又は糖電解質注射液に混合し、静脈内に2~4時間で1日1回又は2回に分割し点滴注射する
  • 10~14日間連続投与を行うか、又は6~10日間連続投与後休薬期間をおいて同様の投与を繰り返す
  • 用量及び投与期間については患者の末梢血及び骨髄の状態により適宜増減する
  • [注射液の調製・保存方法]本剤は、可溶化剤としてポリオキシエチレン硬化ヒマシ油60を使用しており、次記の調製・保存方法を必ず守る
  • 1.調製方法:1).エノシタビン10mgに対し、日局注射用水を1mLの割合で加える
  • 2).バイアルを溶解ラックに入れ、あらかじめ沸騰させた水浴中で約10分間加熱する
  • その間、3回沸騰水浴中から取り出し、強く振り混ぜる(各回10秒間に10~15回程度)
  • 注意:本剤溶解操作時に溶解鍋の空焚きをしない[空焚きによりバイアルが破裂し、内容液とガラス片が飛散する恐れがある]
  • 3).沸騰水浴中から取り出し、小さな塊あるいは透明なゲル状物のない均一な乳白色の液が得られたことを確認する
  • 注意:乳白色の液が得られない場合は、再度前記2)の操作を行う
  • 4).バイアルを熱い溶解ラックごと、好ましくは氷水中(流水中でも可)で約3分間振り混ぜながら急冷すると無色澄明な液が得られる
  • この溶液1.1mLには約10mgのエノシタビンが含まれる
  • 注意:無色澄明な液を得るためには、急冷することが最も重要なポイントであるため、放置しない(急冷操作前にバイアルを放置する等により冷ましたような場合には、再度沸騰水浴中で加熱後、直ちに急冷操作を行う)
  • 5).本剤の水溶液を輸液で希釈する際には、泡立ちを極力抑え、注入後の撹拌は穏やかに行う(輸液容器の液中に本剤の水溶液を注入する針を浸けて注入するか、又は壁を伝わせてゆっくり注入する)
  • <詳細は別添「サンラビン点滴静注用の調製方法」を参照>2.保存方法:本剤の水溶液(輸液希釈前)をやむを得ず保存する場合は、5℃以下で保存し、48時間以内に使用する
  • 注意:輸液希釈前に、無色澄明であることを確認する
  • 無色澄明でない場合は「1.調製方法2)~4)」に準じて再度調製する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

サンラビン点滴静注用200mgの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。
    • 高齢者(65歳〜)
    • 低出生体重児(0日〜27日)
    • 新生児(0日〜27日)
    • 乳児(0日〜364日)
    • 幼児(0歳〜6歳)
    • 小児(0歳〜14歳)
  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。
    • 小児(0歳〜14歳)
    • 生殖可能な年齢(11歳〜)
  • 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。
    • 高齢者(65歳〜)

サンラビン点滴静注用200mgの注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
抗悪性腫瘍剤 骨髄機能抑制等の副作用が増強

サンラビン点滴静注用200mgと主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る

サンラビン点滴静注用200mgに関係する解説

代謝拮抗薬(ピリミジン拮抗薬)

  • サンラビン点滴静注用200mgは、代謝拮抗薬(ピリミジン拮抗薬)に分類される。
  • 代謝拮抗薬(ピリミジン拮抗薬)とは、DNAの構成成分に類似した化学構造をもち、細胞増殖に必要なDNA合成を阻害して抗腫瘍効果をあらわす薬。

代謝拮抗薬(ピリミジン拮抗薬)の代表的な商品名

  • 5-FU
  • ティーエスワン
  • ゼローダ
  • キロサイド
  • ジェムザール
代謝拮抗薬(ピリミジン拮抗薬)についての詳しい解説を見る