処方薬
ヘルニコア椎間板注用1.25単位
先発

ヘルニコア椎間板注用1.25単位の基本情報

ヘルニコア椎間板注用1.25単位の概要

商品名 ヘルニコア椎間板注用1.25単位
一般名 コンドリアーゼ注射用
薬価・規格 83189.0円 (1.25単位1瓶)
薬の形状
注射薬 > 散剤 > 注射用
注射薬 > 散剤 > 注射用のアイコン
製造会社 生化学
YJコード 3999447D1020
レセプト電算コード 622640701
添付文書PDFファイル

ヘルニコア椎間板注用1.25単位の主な効果と作用

  • 神経が圧迫されるのを軽減する働きがあります。
  • 椎間板ヘルニアを治療するお薬です。

ヘルニコア椎間板注用1.25単位の用途

ヘルニコア椎間板注用1.25単位の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

腰痛、Modic分類の椎体輝度変化、椎間板高の30%以上の低下、下肢痛、発疹、発熱、頭痛、好中球数減少、5°以上の椎間後方開大、下肢違和感、頚部痛

起こる可能性のある重大な副作用

ショック、アナフィラキシー

上記以外の副作用

筋骨格痛、過敏症、蕁麻疹、薬疹、中毒性皮疹、そう痒症、リンパ節炎、感覚鈍麻、感覚障害、トリグリセリド増加、C-反応性蛋白増加、白血球数減少、ALT増加、AST増加、ビリルビン増加、血小板数減少、健側の一過性ラセーグ陽性

ヘルニコア椎間板注用1.25単位の用法・用量

  • コンドリアーゼとして1.25単位を症状の原因である高位の椎間板内に単回投与する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ヘルニコア椎間板注用1.25単位の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 過敏症
    • 急性両下肢麻痺を呈する馬尾障害
    • 骨軟骨異形成症による症状
    • 骨軟骨異形成症による脊柱弯曲
    • 膀胱直腸障害を呈する馬尾障害
    • アレルギー
    • 腰椎不安定性
    • 脊椎すべり症
    • 変形性脊椎症
    • 関節リウマチにより椎体に症状が認められる
    • 腰椎椎間板ヘルニア以外の腰椎疾患
    • 骨粗鬆症により椎体に症状が認められる
    • 脊柱管狭窄症
    • 椎体に症状が認められる

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。
    • 成長期(0歳〜19歳)
    • 20歳未満(0歳〜19歳)
  • 以下にあてはまる方は、
    • 成長期(0歳〜19歳)
    • 高齢者(65歳〜)

ヘルニコア椎間板注用1.25単位と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る