ヒアルロン酸Na関節注25mgシリンジ「AFP」 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ヒアルロン酸Na関節注25mgシリンジ「AFP」
後発

ヒアルロン酸Na関節注25mgシリンジ「AFP」の基本情報

ヒアルロン酸Na関節注25mgシリンジ「AFP」の概要

商品名 ヒアルロン酸Na関節注25mgシリンジ「AFP」
一般名 精製ヒアルロン酸ナトリウム1%2.5mLキット
薬価・規格 316.0円 (1%2.5mL1筒)
薬の形状
注射薬 > キット類 > キット類
注射薬 > キット類 > キット類のアイコン
製造会社 シオノケミカル
ブランド ヒアルロン酸Na関節注25mg「AFP」 他
YJコード 3999408G1409
レセプト電算コード 620896502
添付文書PDFファイル

ヒアルロン酸Na関節注25mgシリンジ「AFP」の主な効果と作用

  • 関節の炎症や痛みなどの症状を改善するお薬です。
  • 関節液を補充して、関節の動きを滑らかにするなどの働きがあります。

ヒアルロン酸Na関節注25mgシリンジ「AFP」の用途

ヒアルロン酸Na関節注25mgシリンジ「AFP」の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

過敏症、蕁麻疹、発疹、そう痒感、浮腫、顔面浮腫、眼瞼浮腫、顔面発赤、投与関節疼痛、一過性投与関節疼痛、投与関節腫脹

起こる可能性のある重大な副作用

ショック症状

上記以外の副作用

投与関節水腫、投与関節発赤、投与関節熱感、投与関節局所の重苦しさ、投与関節周囲のしびれ感、AST上昇、ALT上昇、Al-P上昇、LDH上昇、好酸球増多、ヘマトクリット低下、白血球増多、嘔気、嘔吐、発熱、倦怠感、蛋白尿、尿沈渣異常、動悸、ほてり、総蛋白低下、BUN上昇

ヒアルロン酸Na関節注25mgシリンジ「AFP」の用法・用量

  • 1.変形性膝関節症、肩関節周囲炎:精製ヒアルロン酸ナトリウムとして1回25mgを1週間ごとに連続5回膝関節腔内又は肩関節(肩関節腔、肩峰下滑液包又は上腕二頭筋長頭腱腱鞘)内に投与するが、症状により投与回数を適宜増減する
  • 2.関節リウマチにおける膝関節痛:精製ヒアルロン酸ナトリウムとして1回25mgを1週間毎に連続5回膝関節腔内に投与する
  • 本剤は関節内に投与するので、厳重な無菌的操作のもとに行う
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ヒアルロン酸Na関節注25mgシリンジ「AFP」の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 過敏症
    • 関節リウマチでは膝関節の器質的変化が高度
    • 肝障害
    • 薬剤に対して過敏症
    • 投与関節部に感染
    • 投与関節部に皮膚疾患
    • 関節液の貯留
    • 投与関節の炎症が著しい変形性膝関節症
    • 関節液貯留が著しい変形性膝関節症
    • 投与関節の炎症が著しい関節リウマチにおける膝関節痛
    • 関節液貯留が著しい関節リウマチにおける膝関節痛

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

ヒアルロン酸Na関節注25mgシリンジ「AFP」と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る