処方薬
オーファディンカプセル2mg
先発

オーファディンカプセル2mgの基本情報

オーファディンカプセル2mgの概要

商品名 オーファディンカプセル2mg
一般名 ニチシノンカプセル
薬価・規格 4033.9円 (2mg1カプセル)
薬の形状
内用薬 > カプセル剤 > カプセル
内用薬 > カプセル剤 > カプセルのアイコン
製造会社 アステラス製薬
ブランド オーファディンカプセル2mg 他
YJコード 3999036M1029
レセプト電算コード 622401501
識別コード NTBC
添付文書PDFファイル

オーファディンカプセル2mgの主な効果と作用

  • 病気の原因となる物質の蓄積をおさえる働きがあります。
  • 高チロシン血症の症状(臓器の障害など)を治療するお薬です。

オーファディンカプセル2mgの用途

  • 高チロシン血症1型

オーファディンカプセル2mgの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

白血球増加症、剥脱性皮膚炎、紅斑性皮疹、皮膚そう痒症

起こる可能性のある重大な副作用

眼障害、血小板減少症、白血球減少症、顆粒球減少症、結膜炎、角膜混濁、角膜炎、羞明、眼痛、眼瞼炎

オーファディンカプセル2mgの用法・用量

  • ニチシノンとして1日1mg/kgを2回に分割して経口投与する
    • なお、患者の状態に応じて適宜増減するが、1日2mg/kgを上限とする
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

オーファディンカプセル2mgの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

オーファディンカプセル2mgの注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
CYP2C9酵素により代謝される薬剤 作用を増強
ワルファリン 作用を増強
フェニトイン 作用を増強
OAT1/OAT3の基質となる薬剤 作用を増強
フロセミド 作用を増強
メトトレキサート製剤 作用を増強
バリシチニブ 作用を増強

オーファディンカプセル2mgと主成分が同じ薬

  • 内用薬 > カプセル剤 > カプセルのアイコン
    薬価 16060.2円 (10mg1カプセル)
    薬の形状 内用薬 > カプセル剤 > カプセル
    製造会社 アステラス製薬
    先発
  • 内用薬 > カプセル剤 > カプセルのアイコン
    薬価 8809.2円 (5mg1カプセル)
    薬の形状 内用薬 > カプセル剤 > カプセル
    製造会社 アステラス製薬
    先発
  • 内用薬 > カプセル剤 > カプセルのアイコン
    薬価 4033.9円 (2mg1カプセル)
    薬の形状 内用薬 > カプセル剤 > カプセル
    製造会社 アステラス製薬
    先発
主成分が同じ薬をすべて見る