ケアラム錠25mg - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ケアラム錠25mg
先発

ケアラム錠25mgの基本情報

ケアラム錠25mgの概要

商品名 ケアラム錠25mg
一般名 イグラチモド錠
薬価・規格 121.1円 (25mg1錠)
薬の形状
内用薬 > 錠剤 > 錠
内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
製造会社 エーザイ
YJコード 3999031F1035
レセプト電算コード 622184501
識別コード ケアラム25
添付文書PDFファイル

ケアラム錠25mgの主な効果と作用

  • 免疫機能の異常を調節し、関節の炎症やはれをやわらげる働きがあります。
  • リウマチによる関節の炎症やはれ、こわばりなどの症状を改善するお薬です。

ケアラム錠25mgの用途

ケアラム錠25mgの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

γ-GTP増加、Al-P増加、NAG増加、尿中β2ミクログロブリン増加、総胆汁酸増加、腹痛、発疹、リンパ球減少、鼻咽頭炎、血中鉄減少、AST増加

起こる可能性のある重大な副作用

肝機能障害、黄疸、汎血球減少症、下血、消化器症状、間質性肺炎、発熱、咳嗽、呼吸困難、感染症、敗血症、膿胸、無顆粒球症

上記以外の副作用

ALT増加、白血球減少、消化性潰瘍、ヘモグロビン減少、ヘマトクリット減少、好酸球増加、白血球増加、赤血球減少、口内炎、便潜血陽性、悪心、腹部不快感、下痢、血中尿素増加、血中β2ミクログロブリン増加、尿中蛋白陽性、尿中赤血球陽性、尿中白血球陽性、尿円柱、尿沈渣陽性、過敏症、そう痒症、代謝異常、BNP増加、血圧上昇、KL-6増加、咽頭炎、血中ビリルビン増加、尿中ウロビリノーゲン増加、貧血、血小板減少、血小板増加、好塩基球増加、好中球増加、好中球減少、単球増加、単球減少、リンパ球形態異常、胃炎、消化不良、嘔吐、食欲減退、口唇炎、便秘、腹部膨満、舌炎、食道炎、心窩部不快感、胃腸炎、胃腸障害、歯周炎、血中クレアチニン増加、腎盂腎炎、頻尿、湿疹、蕁麻疹、紅斑、光線過敏性反応、血中コリンエステラーゼ減少、総蛋白減少、尿中ブドウ糖陽性、血中アルブミン減少、総鉄結合能減少、不飽和鉄結合能増加、眩暈、頭痛、不眠症、傾眠、異常感、脱毛、味覚異常、上気道炎症、浮腫、帯状疱疹、倦怠感、耳鳴、月経障害、カンジダ症、気管支炎、爪囲炎、皮膚乾燥、動悸、口腔咽頭痛、背部痛、筋痙縮、悪寒、膀胱炎、真菌症

ケアラム錠25mgの用法・用量

  • イグラチモドとして、1回25mgを1日1回朝食後に4週間以上経口投与し、それ以降、1回25mgを1日2回(朝食後、夕食後)に増量する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ケアラム錠25mgの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

ケアラム錠25mgの注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
ワルファリン 作用が増強され重篤な出血
非ステロイド系抗炎症剤 胃腸障害の発現率の増加、消化性潰瘍
シメチジン 本剤の血漿中濃度が上昇し副作用が増加
フェノバルビタール 本剤の血漿中濃度が低下

ケアラム錠25mgと主成分が同じ薬

  • 内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
    薬価 157.7円 (25mg1錠)
    薬の形状 内用薬 > 錠剤 > 錠
    製造会社 エーザイ
    先発
  • 内用薬 > 錠剤 > 錠のアイコン
    薬価 121.1円 (25mg1錠)
    薬の形状 内用薬 > 錠剤 > 錠
    製造会社 エーザイ
    先発
主成分が同じ薬をすべて見る

ケアラム錠25mgに関係する解説

免疫調節薬(DMARDs)

  • ケアラム錠25mgは、免疫調節薬(DMARDs)に分類される。
  • 免疫調節薬(DMARDs)とは、異常な免疫反応を調節し炎症を引き起こす物質などの産生を抑えることで関節リウマチの症状を和らげる薬。

免疫調節薬(DMARDs)の代表的な商品名

  • アザルフィジン
  • ケアラム
  • リマチル
免疫調節薬(DMARDs)についての詳しい解説を見る