ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」
先発

ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」の基本情報

ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」の概要

商品名 ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」
一般名 ジアゾキシドカプセル
薬価・規格 262.5円 (25mg1カプセル)
薬の形状
内用薬 > カプセル剤 > カプセル
内用薬 > カプセル剤 > カプセルのアイコン
製造会社 オーファンパシフィック
YJコード 3999024M1034
レセプト電算コード 621839502
識別コード DIAZOXIDE25mg
添付文書PDFファイル

ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」の主な効果と作用

  • 低血糖症を治療するお薬です。
  • インスリンの分泌をおさえ、低血糖を防ぐ働きがあります。

ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」の用途

ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

嘔吐、多毛症、悪心、発疹、発熱、高血圧、倦怠感、頭痛、不安、眩暈、不眠

起こる可能性のある重大な副作用

高血糖、うっ血性心不全、末梢性浮腫、重篤な体液貯留、重篤なナトリウム貯留、ケトアシドーシス、高浸透圧性昏睡、尿糖異常、急性膵炎、膵壊死、腹痛、血清アミラーゼ値上昇、血小板減少、肺高血圧症、呼吸困難、チアノーゼ、易疲労感、失神、胸痛

上記以外の副作用

好中球減少、好酸球増多、ヘモグロビン減少、ヘマトクリット減少、出血傾向、リンパ節症、AST上昇、Al-P上昇、BUN上昇、クレアチニンクリアランス低下、ネフローゼ症候群、尿量減少、血尿、アルブミン尿、頻脈、動悸、低血圧、食欲不振、イレウス、下痢、味覚消失、皮膚そう痒、皮膚カンジダ症、脱毛、脱力、多発性神経炎、錯感覚、錐体外路症状、白内障、結膜下出血、視覚異常、霧視、複視、流涙、尿酸増加、IgG減少、単純疱疹、骨年齢促進、痛風、乳汁漏出、乳房腫瘤増大

ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」の用法・用量

  • 1.1歳以上の幼小児及び成人:ジアゾキシドとして1日3~8mg/kgを2、3回に分割し、8あるいは12時間ごとに経口投与する
    • 但し、投与開始時は1日3~5mg/kgを2、3回に分割投与する
  • 2.1歳未満の乳児:ジアゾキシドとして1日8~15mg/kgを2、3回に分割し、8あるいは12時間ごとに経口投与する
    • 但し、投与開始時は1日5~10mg/kgを2、3回に分割投与する
    • なお、いずれの場合も、血糖値に応じて適宜増減するが、1日最大投与量は20mg/kgまでとする
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。
    • 高齢者(65歳〜)
  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。
    • 乳幼児(0歳〜6歳)
  • 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。
    • 乳幼児(0歳〜6歳)

ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」の注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
フェニトイン 痙攣抑制効果を減弱
チアジド系薬剤 本剤の血糖上昇作用及び血中尿酸上昇作用が増強
トリクロルメチアジド 本剤の血糖上昇作用及び血中尿酸上昇作用が増強
ヒドロクロロチアジド 本剤の血糖上昇作用及び血中尿酸上昇作用が増強
ループ利尿剤 本剤の血糖上昇作用及び血中尿酸上昇作用が増強
フロセミド 本剤の血糖上昇作用及び血中尿酸上昇作用が増強
インスリン製剤 本剤の血糖上昇作用が減弱
トルブタミド 本剤の血糖上昇作用が減弱
α遮断薬 本剤の血糖上昇作用が減弱
ノルエピネフリン 本剤の血糖上昇作用が減弱
血圧降下剤 降圧作用が増強

ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る