処方薬
ホモック注200mg
後発

ホモック注200mgの基本情報

ホモック注200mgの概要

商品名 ホモック注200mg
一般名 コンドロイチン硫酸エステルナトリウム注射液
薬価・規格 58.0円 (2%10mL1管)
薬の形状
注射薬 > 液剤 > 注射液
注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
製造会社 コーアイセイ
YJコード 3991400A6080
レセプト電算コード 620007496
添付文書PDFファイル

ホモック注200mgの主な効果と作用

  • 痛みや炎症をやわらげたり、音が聞こえにくいなどの症状を改善するお薬です。
  • 関節などの各組織の修復を促し、痛みや炎症などをやわらげる働きがあります。

ホモック注200mgの用途

ホモック注200mgの副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

過敏症、発疹、熱感、疼痛

起こる可能性のある重大な副作用

ショック様症状

ホモック注200mgの用法・用量

  • コンドロイチン硫酸エステルナトリウムとして、1回20~300mgを1日1回静脈内又は筋肉内注射する
    • 但し、鎮痛の目的で使用する場合には、経口投与が不可能な場合又は経口剤で効果がみられない場合にのみ使用し、経口投与が可能になった場合には速やかに経口投与に切り替える
    • なお、静脈内注射は急性症状にのみ使用する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ホモック注200mgの使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。
    • 高齢者(65歳〜)
  • 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。
    • 高齢者(65歳〜)

ホモック注200mgと主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る