ビプリブ点滴静注用400単位 - 基本情報(用法用量、効能・効果、副作用、注意点など) | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ビプリブ点滴静注用400単位
先発

ビプリブ点滴静注用400単位の基本情報

ビプリブ点滴静注用400単位の概要

商品名 ビプリブ点滴静注用400単位
一般名 ベラグルセラーゼアルファ(遺伝子組換え)静注用
薬価・規格 305550.0円 (400単位1瓶)
薬の形状
注射薬 > 散剤 > 静注用
注射薬 > 散剤 > 静注用のアイコン
製造会社 武田薬品
YJコード 3959416F1020
レセプト電算コード 622365301
添付文書PDFファイル

ビプリブ点滴静注用400単位の主な効果と作用

  • 先天的に欠損または低下している代謝酵素を補充する働きがあります。
  • ゴーシェ病の症状(貧血、骨症状など)を治療するお薬です。

ビプリブ点滴静注用400単位の用途

ビプリブ点滴静注用400単位の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

悪心、頭痛、浮動性眩暈、関節痛、背部痛、腹痛、上腹部痛、骨痛、活性化部分トロンボプラスチン時間延長、疲労、無力症

起こる可能性のある重大な副作用

重篤なinfusion-related reaction、アナフィラキシー

上記以外の副作用

体温上昇、胸部不快感、潮紅、高血圧、低血圧、頻脈、発疹、蕁麻疹、アレルギー性皮膚炎、皮膚そう痒症、呼吸困難、中和抗体陽性

ビプリブ点滴静注用400単位の用法・用量

  • ベラグルセラーゼ アルファ(遺伝子組換え)として、1回体重1kgあたり60単位を隔週点滴静脈内投与する
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ビプリブ点滴静注用400単位の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

  • 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。
    • 高齢者(65歳〜)
  • 以下にあてはまる方は、
    • 高齢者(65歳〜)

ビプリブ点滴静注用400単位と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る