処方薬
ミッドペリックL250腹膜透析液
先発

ミッドペリックL250腹膜透析液の基本情報

ミッドペリックL250腹膜透析液の概要

商品名 ミッドペリックL250腹膜透析液
一般名 腹膜透析液(5-4)
薬価・規格 1363.0円 (2L1袋)
薬の形状
注射薬 > 液剤 > 注射液
注射薬 > 液剤 > 注射液のアイコン
製造会社 テルモ
ブランド ミッドペリック135腹膜透析液 他
YJコード 3420430A5042
レセプト電算コード 621318401
添付文書PDFファイル

ミッドペリックL250腹膜透析液の主な効果と作用

  • 血液中の老廃物や有害物質を取り除き、水分やミネラルを調節します。

ミッドペリックL250腹膜透析液の用途

ミッドペリックL250腹膜透析液の副作用

※ 副作用とは、医薬品を指示どおりに使用したにもかかわらず、患者に生じた好ましくない症状のことを指します。 人により副作用の発生傾向は異なります。記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。

主な副作用

筋痙攣、悪心、嘔吐、腹痛、腹部膨満感、下痢、便秘、副甲状腺ホルモン上昇、ALP上昇、低カリウム血症、低カルシウム血症

起こる可能性のある重大な副作用

循環器障害、循環血液量減少、低血圧、ショック、高血糖

上記以外の副作用

低マグネシウム血症、高乳酸血症、代謝性アルカローシス、高コレステロール血症、高トリグリセライド血症、低HDLコレステロール血症、食思不振、牽引痛、浮腫、発熱、排液困難、除水機能低下、腹水漏出、著しい蛋白喪失、著しいアミノ酸喪失、著しい水溶性ビタミン喪失

ミッドペリックL250腹膜透析液の用法・用量

  • 透析治療を目的とし、腹腔内に注入して使用する
  • 通常成人では1回1.5~2Lを腹腔内に注入し、4~8時間滞液し、効果期待後に排液除去する
  • 以上の操作を1回とし、ミッドペリックL135腹膜透析液、ミッドペリックL250腹膜透析液及びミッドペリックL400腹膜透析液を適宜組み合せるか又は単独使用して、通常1日当たり4回の連続操作を継続して行う
    • なお、注入量、滞液時間、操作回数は、症状、血液生化学値及び体液の平衡異常、年齢、体重等により適宜増減する
  • 注入及び排液速度は通常300mL/分以下とする
  • (用法及び用量に関連する注意)7.1. 注入量及び交換回数注入量(容量設定)は、次を目安とし、また交換回数は通常1日4回とする
  • 1). 体重50kg未満:1.5L容量を使用し、交換回数は通常1日4回とする
  • 2). 体重50kg以上:2L容量を使用し、交換回数は通常1日4回とする
    • なお、2L貯留を行っている患者で透析不足による尿毒症症状(全身倦怠感、食欲不振、不眠等)が認められる場合、又は1日5回以上の透析交換に不都合を感じている場合に、患者の腹腔内容積や肺活量に応じて(体重60kg以上を目安とする)2Lに代え2.5L容量を適用する
  • 7.2. 組合せ処方ミッドペリックL135腹膜透析液、ミッドペリックL250腹膜透析液及びミッドペリックL400腹膜透析液の1日の組合せ処方は、次の推定除水量を参考とすること
  • 1). 1日の組合せ処方がミッドペリックL250腹膜透析液1、ミッドペリックL400腹膜透析液3:1.5L容量の推定除水量2000mL、2L容量の推定除水量2550mL
  • 2). 1日の組合せ処方がミッドペリックL250腹膜透析液2、ミッドペリックL400腹膜透析液2:1.5L容量の推定除水量1800mL、2L容量の推定除水量2300mL
  • 3). 1日の組合せ処方がミッドペリックL135腹膜透析液1、ミッドペリックL400腹膜透析液3:1.5L容量の推定除水量1800mL、2L容量の推定除水量2300mL
  • 4). 1日の組合せ処方がミッドペリックL250腹膜透析液3、ミッドペリックL400腹膜透析液1:1.5L容量の推定除水量1600mL、2L容量の推定除水量2050mL
  • 5). 1日の組合せ処方がミッドペリックL135腹膜透析液1、ミッドペリックL250腹膜透析液1、ミッドペリックL400腹膜透析液2:1.5L容量の推定除水量1600mL、2L容量の推定除水量2050mL
  • 6). 1日の組合せ処方がミッドペリックL135腹膜透析液1、ミッドペリックL250腹膜透析液2、ミッドペリックL400腹膜透析液1:1.5L容量の推定除水量1400mL、2L容量の推定除水量1800mL
  • 7). 1日の組合せ処方がミッドペリックL135腹膜透析液2、ミッドペリックL400腹膜透析液2:1.5L容量の推定除水量1400mL、2L容量の推定除水量1800mL
  • 8). 1日の組合せ処方がミッドペリックL250腹膜透析液4:1.5L容量の推定除水量1400mL、2L容量の推定除水量1800mL
  • 9). 1日の組合せ処方がミッドペリックL135腹膜透析液1、ミッドペリックL250腹膜透析液3:1.5L容量の推定除水量1200mL、2L容量の推定除水量1550mL
  • 10). 1日の組合せ処方がミッドペリックL135腹膜透析液2、ミッドペリックL250腹膜透析液1、ミッドペリックL400腹膜透析液1:1.5L容量の推定除水量1200mL、2L容量の推定除水量1550mL
  • 11). 1日の組合せ処方がミッドペリックL135腹膜透析液2、ミッドペリックL250腹膜透析液2:1.5L容量の推定除水量1000mL、2L容量の推定除水量1300mL
  • 12). 1日の組合せ処方がミッドペリックL135腹膜透析液3、ミッドペリックL400腹膜透析液1:1.5L容量の推定除水量1000mL、2L容量の推定除水量1300mL
  • 13). 1日の組合せ処方がミッドペリックL135腹膜透析液3、ミッドペリックL250腹膜透析液1:1.5L容量の推定除水量800mL、2L容量の推定除水量1050mL
  • 14). 1日の組合せ処方がミッドペリックL135腹膜透析液4:1.5L容量の推定除水量600mL、2L容量の推定除水量800mL
※ 実際に薬を使用する際は、医師から指示された服用方法や使用方法・回数などを優先して下さい。

ミッドペリックL250腹膜透析液の使用上の注意

病気や症状に応じた注意喚起

  • 以下の病気・症状がみられる方は、添付文書の「使用上の注意」等を確認してください
    • 乳酸代謝障害
    • 腹部挫滅傷
    • 腹部熱傷
    • 横隔膜欠損
    • 高度腹膜癒着
    • 尿毒症に起因する以外の出血性素因
    • 糖代謝障害
    • 腹腔内臓器疾患
    • 腹部ヘルニア
    • 腹部手術直後
    • 腹膜損傷
    • 腹膜癒着
    • 憩室炎
    • 免疫不全
    • 食事摂取不良
    • 腹膜炎
    • 重篤な肺疾患
    • 高度換気障害
    • 高度脂質代謝異常
    • 高度肥満
    • 腰椎障害
    • 人工肛門使用
    • 高度低蛋白血症
    • ジギタリス治療中
    • ステロイド服用
    • 2L貯留を行っている患者で透析不足による尿毒症症状
    • 1日5回以上の透析交換に不都合
    • 血清カリウム値が正常
    • 血清カリウム値が低値
    • 大動脈部位における人工血管使用

患者の属性に応じた注意喚起

年齢や性別に応じた注意喚起

ミッドペリックL250腹膜透析液の注意が必要な飲み合わせ

※ 薬は飲み合わせによって身体に悪い影響を及ぼすことがあります。 飲み合わせに関して気になることがあれば、担当の医師や薬剤師に相談してみましょう。

薬剤名 影響
活性型ビタミンD製剤 血清カルシウム濃度が上昇
炭酸カルシウム 血清カルシウム濃度が上昇
ジギタリス剤 ジギタリス中毒
ジゴキシン ジギタリス中毒
利尿剤 水及び電解質異常
フロセミド 水及び電解質異常

ミッドペリックL250腹膜透析液と主成分が同じ薬

主成分が同じ薬をすべて見る