ヘパリン類似物質油性クリーム0.3%「テイコク」 - 添付文書 | MEDLEY(メドレー)
処方薬
ヘパリン類似物質油性クリーム0.3%「テイコク」
後発

ヘパリン類似物質油性クリーム0.3%「テイコク」の添付文書

添付文書PDFファイル

PDFファイルを開く

※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。

効果・効能

皮脂欠乏症、進行性指掌角皮症、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患(注射後硬結並びに注射後疼痛)、血栓性静脈炎(痔核を含む)、外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頚(乳児期)。

用法・用量

1日1~数回適量を患部に塗擦又はガーゼ等にのばして貼付する。

副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

その他の副作用:次のような症状が現れた場合には、使用を中止するなど適切な処置を行う。

  1. 過敏症:(頻度不明)皮膚刺激感、皮膚炎、そう痒、発赤、発疹、潮紅等。

  2. 皮膚(投与部位):(頻度不明)紫斑。

使用上の注意

(禁忌)

  1. 出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病等)のある患者[血液凝固抑制作用を有し、出血を助長する恐れがある]。

  2. 僅少な出血でも重大な結果を来すことが予想される患者[血液凝固抑制作用を有し、出血を助長する恐れがある]。

(妊婦・産婦・授乳婦等への投与)

妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。

(適用上の注意)

投与部位:

  1. 潰瘍・糜爛面への直接塗擦を避ける。

  2. 眼には使用しない。

(取扱い上の注意)

安定性試験:加速試験(40℃、相対湿度75%、6カ月)の結果、本剤は通常の市場流通下において3年間安定であることが推測された。